コンテンツへスキップ

好きなものを、好きなときに、好きなだけ食べる

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べると

太っちゃう!

と思っている方が多いんじゃないか、と思います。

私は逆だと思っていて、

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べられたら

その人のあるべき体型になれる、と思っています。

 

モデルさんのようにひょろっと細いのが誰にとってもBESTなのではなく、
人それぞれの最適な体型があるはずで
そこに近づくには、

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べること

だと思っています。

 

よく言われる、健康的な食の定義・・・
・バランスのとれた食事
・野菜中心の和食
・腹八分目

こういった理論が向いている人は、
ちゃんと管理してダイエットができると思います。

でも、
それでダメだった方は、
理論ではなく、自分の感覚を思い出さないと
ダイエットはできないと思うんです。

 

 

太っていた頃の私は、
毎日お豆腐を食べていたし、
食べ過ぎたらデトックスティーも飲んで
運動もしていました。

痩せるためには
まずは食べたいものを我慢し、
どうしても食べたい時は
ヘルシーなものに置き換えて食べたりしていました。

でも、痩せなかった。


太っているというよりも、デカかった頃の私(左)

 

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べること

そんなことしたら絶対にダメ〜!
って思っていた時に、

明石家さんまさんがTVで
「僕は、好きなものを、好きな時に、好きなだけ食べるよ」
と言っているのを見て驚愕しました。

まさか!って。

 

でも、今は「そのとーりだよね、さんまちゃん」
って思っています。

 

 

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べる

これって実は、
やりたい放題食べることではなく、

自分が今、本当に食べたいものを知っているか。
自分が食べたいと思ったタイミングに気づいているか。
食べて満足した!という感覚を感じているか。

がわかっていることなんです。

 

私がそれがわかるようになったのは、
呼吸法を始めてからでした。

呼吸を意識することを続ける中で、
心の声
体の声
が聞こえるようになっていったんです。

 

とはいえ、
私も家族と一緒に食事をするので
自分勝手な食事はできません。

それでも、
量は自分で調節できるし、
食べるものを選ぶことはできます。

あ・・・実際は、
平日の朝昼、週末は3食とも
夫が作ってくれているので、
私はそれを自分の食べたいように
家族と一緒に食べています。

間食は、体が望まない限り
食べなくなりましたが、
体が欲する時は、がっつりおやつを食べます。

 

 

そして、
呼吸法を始めて一番変わったのは
美味しいと思った時に
心から「おいし〜!!!」ということ。

美味しくて幸せな時は、
心から「しあわせ〜、夫ちゃんありがと〜!!!」ということ。

 

これを繰り返していると、
心と体が欲している食がわかるようになり、
どんどん楽な体になっていきます♪


写真展でしらすぎもとこちゃんが撮ってくれた私

他にも、写真展のときの写真は
成すことよりも楽しんだ、写真展を振り返る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »