コンテンツへスキップ

マルチタスクと「ながら」

いくつものことを同時並行で処理するという意味の「マルチタスク」

 

できる人って、いくつもの仕事を同時に処理できちゃって「マルチタスクな人、すごい!私もそうなりたい!」と憧れる人も多い。

 

でも、違うのよ。

 

仕事ができる人はマルチタスクなのではなく、極度なシングルタスクを連続しているから、はたからみたらマルチタスクのように見えるだけ。
すごい人は、このシングルタスクの集中力がものすごいので、仕事は速くて、結果は濃い。

 

このマルチタスクに似て非なるものが、「ながら」。

ご飯を食べながら仕事する、人と話しながらメッセする、関係ない仕事のアプリを起動しておくなど。
もっと身近なところでいうと、歯磨きしながらテレビを見る、トイレで用をたしながら本やスマホを見るなど。

 

「ながら」は時間を有効に使っているようで、効率は悪い。だから、とにかく時間だけかけとけばいいことなら価値があるのだろうが、結局そういうことって、そもそもやらなくてもいいような事が多い。

仕事ができる人になりたければ、この「ながら」をやめてピーキーなシングルタスクになりゃいいのだろうね。

 

 

ってことを、youtube見ながら書いてみました。

 

って1割冗談ですが、

呼吸法は極端なシングルタスクです。

ただただ座って、動かない。
仕事もしなければ、掃除もしないで、ただただ座る。

座っているだけだから、頭だけでも使おうかと貧乏根性で考え始めるけれど、それすらやめる・・・。

 

ただ、なにもない「今ここ」だけに集中する。

 

呼吸法を続けると、集中力が高まり、迷いが減るといいます。

ビジネスエグゼクティブを始め、多くの偉人が、呼吸法のようなこと(坐禅や瞑想)を継続的に行っているのには、そういう効果を得ようとするところもあるのでしょう。

そして、そういう方達だからこそ、もっと違う効果も感じているのでしょう。

 

私は、5年近く続けていても、毎日迷う事ばかりですが、5年前を振り返ると随分と見える世界は変わりました。

興味がある方は、個人セッションからグループセッション、オンラインクラスなどありますので、ぜひご参加下さい。

 

2018年1月14日(日)親子で呼吸法 開催します

呼吸法 個人セッション

ゆるく続ける呼吸法@世田谷

【女性限定】朝のオンライン呼吸法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »