コンテンツへスキップ

自分の気持ちに正直っていいよね!「親子で呼吸法」開催しました

「親子で呼吸法」を開催しました。

 

色んな年齢層のお子様にも、呼吸法を短時間で感じてもらえるよう
新しいクラス内容でお送りしました。

 

「親子で呼吸法」ではどんなことするの?

呼吸法やワークを盛り込んだ「呼吸法のサーキットトレーニング」です。

  • 1分〜10分間の呼吸法
  • 歩く呼吸
  • 合わせる呼吸
  • 紙風船をクッシュボールにして言葉のワーク
  • 一つのことに集中するワーク
  • etc...

これらを、そのときの雰囲気にあわせてテキトーに繰り返してます。


↑紙風船を使ったワークに参加する娘、嬉しそう♪

 

「呼吸法ってなに?」
「呼吸法ってどうやるの?」
といった説明も、必要に応じてお伝えします。

 

クラスでのルール ※ここ大事

このクラスでは、とっても大切なルールがあります。

  • やりたくないときはやらない、子供も、大人も
  • やらない人は、やってる人の邪魔をしない
  • 大人は子供に強要しない

クラスでちゃんとやらなきゃいけないことは、何一つありません。
やりたければやればいいし、やりたくなければやらなくてもいい。

 

呼吸法をすると、体と心がリラックスします。
なのに、「やらなくてはいけな!」という強制力が働くと、なかなかリラックスできません。

なので、このクラスでやらなくてはいけないことは、何一つないのです。

 

「やらなくてもいいよ」と言ったら子供はどうなるか

さて、「やらなくてもいいよ〜」と言ったら子供たちはどうなったか。

やりたいことは一緒に輪に入ってやるし、
やりたくないときは、「やりたくな〜い」と言い放って本を読んだり絵を描いていました。

 

クラスでは、1分〜10分間の呼吸法を、述べ5回行いました。
子供たちは・・・もちろん早々に離脱。

ですが、面白いことに、呼吸法の回数を重ねるごとに、子供たちがどんどん静かになっていったのです。

母親たちはみんな静かに一点を見つめて静止している。
それと同じ空間で、子供たちが静か〜に呼吸をしていました。

いろんな状況を想像してはいましたが、こんなに心地よく呼吸法ができるとは、想像をはるかに超えてた、心地の良い時間でした。

 

こんな効果が期待できます

呼吸法を始めるきっかけとして、「親子で呼吸法」の効果をいくつか挙げます。

  • 家族の意思疎通が取りやすくなる
    →呼吸を感じあうことで、非言語のコミュニケーションが取れます。
    言葉よりも、影響の大きいコミュニケーションです。
  • 頑張ってるのに上手くいかない、が減っていく
    →力が入りすぎていて、空回りすることが減ります。
    「私ばっかり!」「こんなにやってるのに!」は力の入りすぎかもしれません。
    その力が、自然とぬけていきます。
  • 頭がすっきりし、リラックスする
    →上に書いたように、深く眠れるようになったり、余計な不安や悩みを手放しやすくなります。
  • 親と子が、いい具合に分離できる
    →親が子供を構いすぎる、子供が親の顔色を伺いすぎる、といった相互の過干渉をいい具合に分離できるようになります。

呼吸法で学習能力が上がる、という記事も良く見かけます。
が、私自身が実証できないので、断言はできません。
とはいえ、頭もリラックス状態のほうが能力を発揮しやすいのは、理解できる方も多いでしょう。

 

これも効果?爆睡できた!

効果と言っていいのかわかりませんが、面白いことがありました。

 

クラスの後、我が家は家族でお出かけする予定でしたが、「次女のパパに会いたい!」という切望により(本能的?)すぐに帰宅しました。
それから3時間、私は爆睡。
聞くと、参加された方もがっつりお昼寝したそうです。

 

睡眠不足になる大きな原因は、「考えすぎ」だったりします。
睡眠時間が長くても、寝不足と感じることもありますし、
睡眠時間が短くても、シャキッと動けることもあります。

一番は、脳が休める状態を作れるかどうか。

 

ぼーっとしているつもりでも、仕事や悩んでいることを考えてしまっていたり、
スマホやテレビやなどからの情報で、無意識に脳が暴走状態になっていることもあります。

呼吸法のサーキットトレーニングで、脳を再起動スイッチが入ったのかもしれませんね。

 

 

参加したママがこぼした言葉

参加したお母さんがポロッとおっしゃいました。
「自分の気持ちに正直っていいよね」

自分の気持ちを押し殺して、社会に順応していくことは、結構簡単です。
そこから外れてしまったら「劣等生」になってしまうかというと、そうではないのに、レールを外れてしまうことを嫌います。

社会のルールや親や先生、友達の顔色に縛られすぎて、自分の気持ちがわからなくなってしまわないよう、「自分の気持ちに正直でいる」って自分を大切にすることだったりします。

ただ、何度も言いますが、それは子供だけじゃなく、大人も一緒。
というか、大人こそ大事。

このクラスでは、大人だってやりたくないと思ったらやらなくてもいいんです。
(今回のご参加は、1組だけだったので、お気づかい下さったかもしれませんが・・・)

「こうやりなさい」と言われたら、やりたくなくてもできてしまう子供もいます。大人はもっといます。
でも、団体の中ででも、自分の気持ちも大切にする経験って大事だなと思っています。

 

 

出張講座承ります

地域のサークルや、団体での開催を進めたいと思っています。
興味のある方は、ぜひご連絡ください!

 

<<朝のオンライン呼吸法にも、お子様も同席いただけます!>>
朝のご挨拶をした後は、ミュート(消音)にしますので、お子様が近くで騒いでいても問題ありません。
そこで、大人が呼吸に集中できるかの修行になりますが・・・。

【女性限定】朝のオンライン呼吸法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »