コンテンツへスキップ

フィルムカメラのこと

義妹に

「古いフィルムカメラがあるのだけど、どうしたらいいかなぁ?」

と相談を受けました。

カメラの状態は決して良くはないし、小さい男の子のママである義妹には、何かと負担になるはず。

「私だったら手放すかな〜」と答えましたが後悔しました。

なぜなら・・・フィルムの世界って気持ちいいんだもん
↑答えになってない・・・

 

言ってみればそのカメラは、着物で言ったら「シミがある昭和の着物」で、大正ロマン柄でもなければ、カジュアルな浴衣でもない。

それなのに手もお金もかかるし、持ち歩けば肩もこる。

そんなことしなくても、今ならデジタルで撮ってフィルムっぽく加工も出来る。

 

でも、デジタルとフィルムでは被写体の選び方もなぜだか変わるし、シャッターを切るまでの時間も違う。

シャッター音を聞いて知らない人が微笑む笑顔まで違うかのように思える。

現像した写真を見ながら「これはこう撮ればよかった」って反省して改善点を探すよりも、ナマモノがいい具合に発酵しているのを楽しむ感覚すら起こってくる。

 

 

デジタルとアナログの違いなだけであって、優劣を言いたいわけではない。

ただただ、私はフィルムが好きだと再認識したってことです。

ってことで最近、フィルムカメラを持ち歩くことが増えています。

 

 

15年前に浅草のカメラ屋さんでPENTAX ME superを買い、性格の雑さゆえに年に1回は壊してオーバーホールし、祖父のMinolta SR101を形見分けしてもらったけど、年に1回くらいしか出さずにいたのに、デジタル一眼レフを手にしてからはフィルムカメラはの出番はなくなっていました。

ですが、昨年NikonF3を知人から譲り受け、そのレンズだけデジタル一眼レフにつけてみたら、これがまたまた面白い。

その延長で(って逆な気がしますが)、とっくに使用期限の過ぎたフィルムでF3で撮ってみたら、これまたまたまた楽しい。

 

教えられるレベルではないけど、あったかくなったら、フィルムカメラで撮り歩くワークショップとかやってみようかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »