コンテンツへスキップ

父の不整脈と呼吸法のその後・・・

不整脈の診断を受け、薬を飲んでいた父に、呼吸法のセッションをしたのは昨年末のこと。

その時の記事はこちら↓

父が「不整脈を呼吸法で緩和できるか?」と個人セッションを受けにきた

 

それから、父が上京したり、私が帰省するたびに、一緒に呼吸法をしています。
父も毎日寝る前に10分間呼吸法をするようにしているそうです。

 

今春、帰省したときに「調子はどう?」と聞いたら…
「不整脈の薬飲まなくても、平気になったよ。」
と。

それだけでもすごいのですが、
夜中にトイレに起きる回数も減ったそう。

「寝る前に呼吸法をすると、そのあと気持ちよく寝れて、朝まで起きないんだよなー」
と嬉しそうに話してくれました。

今年72になる父。
夜中に何度も起きるのは、寒い時期は辛いですし、一緒に住む家族も物音で起こしてしまって気にもなる。

 

でね、ここで「呼吸法って素晴らし」を言いたいのではなく、即効性が感じられなくても、かつ、愚娘の言葉を信じて、毎日続けた父ってすごいな〜、と改めて尊敬の気持ちが湧いています。

ありがとね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »