コンテンツへスキップ

「蚊」は「蚊」なだけで・・・

今朝、呼吸法をしていたら、目の前を蚊が飛んでいました。

 

呼吸法をするときは目を開けているので、いろんなものが見えます。

 

見えたものが「蚊」となると、刺されないように退治したくなるかもしれないのですが、私はそっと呼吸に意識を戻しました。

 

たとえ蚊が体に止まっても、また刺されてかゆくなっても、体を動かすことなく、呼吸に意識を戻すだけで、何もなかったかのように全てが解消します。

 

こうして呼吸法をしていると、目の前に起こっていることは、「蚊」みたいなものなのかもしれない、と思うのです。

「蚊」は「蚊」なだけで、面倒なものにしてしまっているのは、そうとらえている自分なのかもしれませんね。

ただし・・・ススメバチがきても同じ対応ができる自信は、今はまだありません(汗)
写真は雪のなかで息絶えた蚊です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »