コンテンツへスキップ

【そっと展】会場 gallery kasutelaのオーナー ミハルちゃんをご紹介します

2018年7月5日(木)〜8日(日)に東京下北沢で開催する
写真と筆文字の表現展「そっとそっとその手の中に展」

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

会場には、東京下北沢にあるこちのギャラリーをお借りします。

gallery kasutela

 

ここは、
表現展の相方 筆もじスト 小林佳織さん
元同僚 カステラ ミハルさんが営むギャラリー。

下北沢駅から10分ほど歩いた
商店街の端のほうにあります。

 

オーナーのカステラ ミハルさん

ミハルちゃん(と呼ばせていただいています)は
ギャラリーオーナーであり
アクセサリーアーティストで
2児の母でもあります。

アーティストなだけあって独特な空気もあるのですが、
とにかく腰が低くて、なのに一緒にいて気楽でいられる
素敵な人です。

 

この写真を撮らせて頂いた日も、
ジワジワお話しをさせていただきました。

短い時間でしたが、
言葉を選びながらも妥協せず、悩みを話してくれたり、
私の価値観にも耳を傾けてくれて、
ミハルちゃんが好きになりました。

 

でね、この後、
ミハルちゃんを改めてリスペクトする出来事がありました。

gallery kasutelaがある一番街商店街を歩いていたら
ミハルちゃんのお友達、
シンガーソングライターの山田尚史さんに会えたんです。

超失礼ながら、山田くんのことを
「面白い歌を歌う人なんだろな〜」って思ってました。

でもね、本当に綺麗な歌を、綺麗な声で歌うんです。
動画もたくさんアップされているし
LIVEもたくさん開催されているので、
ぜひ聞いてみてください。

胸キュンよ♪

山田尚史HP
http://yamadatakafumi.com/index.html

 

さてさて・・・

このFacebookにもあげましたが
この時に撮った写真を見て、
「ぐへっ」となりました。

私が写真に興味を持つきっかけになった写真と
そっくりだったんです。

ちょっと見てみて。

これは、私がとった写真↓

 

こちらはカステラ ミハルちゃんがとった写真↓

 

どうでしょ?

この二枚、
数十秒の間に撮影者が変わって撮った写真ですが、
明るさとか構図とかはどうでもよくて、
被写体の表情が全然違うんです。

私がとった写真は、みんな表情が硬いのに対して、
ミハルちゃんがとってくれた写真は
みんなぷは〜って楽しそう。

 

そう、これなんです。

誰が撮るかで写真は変わる。

テクニックは学べるし盗める。

でも、

この写真から伝わる人柄は盗めないんです。

 

私が10年前に見た写真も、
場所と被写体は全く違えど、
被写体の目の中の光の違いは一緒でした。

テクニックは絶対に大事、
でも、
私はこうあろう
って思わせてくれた写真でした。

 

ミハルちゃんの紹介をしようと思ったのに、
私の写真回想に飛んで行ってしまいました。

が、言葉を尽くさずとも、
この写真を見て、ミハルちゃんのお人柄を
想像してみてください。

 

そして、かおりん、ありがとね。

 

gallery kasutela

世田谷区北沢3-34-3
水曜日~月曜日までの6日間 42,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »