コンテンツへスキップ

【そっと展】半径1mの写真

7月5日(木)から8日(日)の4日間、
写真と筆文字の表現展「そっとそっとその手の中に展」を開催し
無事に終了することはできました。

西は広島から(福岡と東京2拠点の方もいらしてた!)、
北は富山から、
0歳から86歳まで136名の方々においでいただけました。

この一年ほどは、「撮る」というよりも、
「生活=撮る」だったのではないかなと思います。

逃げていたようにも感じてきましたが、
表現展をやって見て思うのは、必要な時間だったということ。

「生活=撮る」だったので、今回展示した作品の多くには娘たちが登場します。

それが気になり、「親バカ写真ばかりですみません」と言った私に、
相方 小林 佳織さんが、「すみちゃん違うよね、それも含めてあなたの作品でしょ?」と言ってくれました。

今は、私の半径1メートルが作品になっていくような生き方がしたい。
そう、あらためて再認識できました。

写真は、今朝、呼吸法を終えたころに起きてきた娘。まさに半径1メートル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »