コンテンツへスキップ

「呼吸法に関する質問はご自由に」と言っているのにほとんど答えない理由(ワケ)

「朝のオンライン呼吸法」を毎朝無料で、
かつ、オンラインで気軽に開催しています。

 

ついでに、「ご質問は、いつでもご自由にどうぞ♪」とオープンにしています。

 

これまでたくさんご質問いただきましたし、ご質問くださることで、私も気づくことがたくさんあり、ありがたいな〜って思っています。

 

ですが・・・まともに答えない質問もあります。無視したり意地悪しているのではありません。

よくあるご質問への”私の”回答はこちら
※あくまでも私の回答であって、一般的な呼吸法の指導からは外れる内容も含まれています。注意してください。

呼吸法 よくあるご質問

 

ご質問の内容によっては誠意を持って答えないものもあります。

だって、
「1+1はいくつですか?」って聞かれて、「2です。」とは答えても意味ないでしょ?

それは質問が簡単だからではなく、
1+1が、なぜ2になるかを説明しないと答えにならないし、もっというと、なぜその方は「1+1」がわからないと思ったのか、を私がわからないと、何を答えようと答えにならないからなんです。

また、そこまで掘り下げるためには、その方の思考パターンってどんなか?どんな心境や状況で疑問に思ったのか?とか掘り下げていかないと意味ないな〜って思うんです。

 

だから、呼吸法のセッションの時間を作って、その方のことをいろんな角度で見たりしています。

 

「ご質問は、いつでもご自由にどうぞ♪」って言っておきながら答えないで、有料メニューへの誘導かよ?!って思いそうですが、実はそこはどうでもよくて、ぶっちゃけ、疑問が浮かんで初めてスタートラインだと思っています。

 

これ以外にも、オープンで質問できる時間をとるのを考え中。オンラインでかつ有料で・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »