コンテンツへスキップ

自分の魅力は自分で引き出す! スタジオジドリに撮りにおいで♪

スタジオジドリを開催します。

2018年12月9日(日)スタジオジドリを開催します!

こっそり・・・2019年1月30日(水)も開催予定で、お申し込みいただけます。

 

スタジオジドリは、我が家の小さなスタジオ部屋で自撮りをしていただくメニューで
三脚に固定したカメラとリモコンシャッターで、自撮りをしていただきます。

写真に写る自分の姿を確認しながら、
写り方を写真の撮られ方を知識だけでなく、
体感的に落とし込んでいきます。
その過程で、自分の体の癖だけでなく、
考え方の癖や習慣に気づいていくことにつながっていきます。

 

撮られるのが苦手だった私、八木橋が
撮ることで蓄積してきた「撮られる知識」と
撮られることで模索してきた「撮られるセンス」を
アドバイスしながら、自撮りができます。

撮影データは無補正で著作権も含めて、撮影日のうちに全てお渡しします。
(補正のサービスもあります)

 

 

「どうしたらモデルさん(被写体)の表情や姿勢を引き出せるかな?」と
私が撮らせていただいた写真はもちろんのこと、
私を撮っていただいた写真を何度も見返しては研究しています。

「どこが違うんだろう?」
「なんか変なんだけど、なぜ?」

と、記憶を辿ったり、姿勢を再現したりしています。

 

思案するたびに思うのは、

自分で自分を引き出せた瞬間に、
写り方はグイっと変わる!

ということ。

 

「雑誌のモデルさんのよう撮ってもらいたかったのに・・・」
「友達が撮ってもらって素敵だったから、そんな風に撮ってもらいたかったのに・・・」
なのに、撮ってもらった写真は、

「あれ?なんか違う(笑)」

カメラマンさんも、試行錯誤しながらポージングの指示をしてくださったでしょうし、
ポージングしやすい鉄板シチュエーションもいっぱい用意してくれていたはずです。

それでも「あれ?」と感じたならば、
撮られ方が違うのかもしれません。

 

もちろん、
人を撮るカメラマンさんは、写真を撮るプロなだけでなく
モデルさんの魅力を引き出すプロです。
だから、カメラマンさんにお任せでもいいんです。

でも、自分で自分を引き出せるようになると、
カメラマンさんはもっともっと、
未知のあなたを引き出してくれるようになります。

 

もっというと・・・
自分の引き出し方がわかると、
普段の姿も変わってきます。

それを、スタジオジドリという形でお手伝いします。

 

さてさて、私の撮られ方遍歴をちらっとご紹介します。

「好きじゃない」と感じた写真はポイポイ捨ててしまってきたので、
2年以上前の写真は好きなものしか残していません。

その中から、いくつかご紹介します。

なお、どの写真もカメラマンさんが全力で私を引き出してくださった、
好きな写真ばかりです。

でも、私が全力で「この写真、好き!」と思えなかったのは、
わずかに感じる違和感があったからで、それは全て私自身の写り方にポイントがあったと思っています。

 

 

 

▼2014年11月

ガッチガチだった記憶しかない(笑)
目を見開き、顎を引くことに意識が向いて、
どの写真も関節は伸びきり、肩も力が入って上がり気味。

 

▼2015年3月

内面をぐいぐい引き出していただいたのに、
カメラマンさんが選んでくださった「今日一番!」って写真すらピンとこなかった。
顔が力むと、顎が出る・・・そんな自分を受け入れられなかった。

 

▼2016年10月

鎖骨の筋からも呼吸が浅く、体の重心も高い
こうなると撮影中に酸欠になります(汗)

 

▼2016年

主役は娘なのに、自分を見せることばかりを意識して
8センチのピンヒールを履く
鎧(よろい)とまではいかないまでも、
カジュアルでも身に付けるものでよく写ろう!と頑張っていました。

 

遡りますが・・・

▼2010年11月

結婚式!左の写真は、撮られた記憶がほとんどない、
ガッチガチの表情。

 

 

ジドリ(自撮り)をすることで、
「なんか違う」もわかるし、
「こうしたらいいんじゃないか?」もわかったとしても、
それを体に落とし込むのは簡単ではありません。

スタジオジドリで撮られ方を体感しませんか?

2018年12月9日(日)スタジオジドリを開催します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »