コンテンツへスキップ

呼吸法をするときの姿勢

私は呼吸法のクラスで
初めから姿勢のことを
言わないようにしています
呼吸法に限らず
坐禅やヨガでも
呼吸をする時の姿勢は
初めにピシッと指導をされると思います
・骨盤の上に肩と頭が乗るように
・頭の頂点から紐で引っ張られているように
・仙骨を立てて
・肩の力を抜くために手の平は上に向けて
・手は法界定印を組んで
・顎は引いて
・etc・・・
でも私のクラスでは
初めっからは言いません
それはなぜか・・・
私は呼吸法を臨月の時に始めました
呼吸法は呼吸をしている人なら
誰でも始めることができる
心と体の健康法です
なので
臨月妊婦の私でも始めることができました
しかし
言われた姿勢が出来なかったんです
呼吸に集中したくても分からなかったんです
妊婦だから仕方がない?
でも、呼吸をしている人なのに
呼吸法ができないって~!!!
と泣きました(本当は泣いてません)

産後も
腰や背中が痛かったり
力の入れ方が分からなかったりで

「私の呼吸はどこ?」
ともがく日々がありました
そんな経験もあり
私のクラスでは
初めからは姿勢のことを
言わないようにしています
いろんな分野で
「まずは基本の型を抑える」
と言われます
呼吸法でいうならば
基本は「呼吸に集中する事」
そのためにまず
「自分の呼吸のありか」
を探してほしい
呼吸に集中する経験をしたからこそ
呼吸法の姿勢のことが
すんなり理解できる日がくるのです
とまあ
偉そうに書きましたが
私もまだまだ姿勢に関しても
道半ばであります
皆さんが模索する姿と
皆さんからいただくご質問で
いろんなことに気づかされます
そうして
皆さんとともに
呼吸を深めていきたいと思っています
0099

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »