コンテンツへスキップ

「カメラを向けられた途端に、硬直してしまう」
「顔を撮られることに抵抗がある」
「集合写真でも自分だけ写りが悪い」

など、
写真を撮られることが苦手な方が、
少なからず、というか結構いるのです。

 

スマホのおかげで、
写真を撮ることがどんどん気軽になり、
自撮り写真をSNSにアップする方も
増えていますよね。

そもそも写真が苦手だと、
自撮りどころか、
集合写真も苦手だったりします。

そうすると、
プロフィール写真となると、
もっともっと抵抗を感じ、

でも、仕事で必要だからと
プロフィール写真を撮ってもらい
ガッチガチの写真になって
また写真が苦手になる・・・

 

そういう方はぜひ
私に撮らせてください!

 

私自身も、
撮られるのが苦手でした。
撮られるのが怖いから、
人を撮ることもとっても苦手でした。

モデルと名乗っていながら、
今でも苦手に感じることがあります。

でも、
だからこそ、
撮られるのが嫌な気持ちがわかります。

 

撮られるのが苦手だと、
カメラの前で息が止まります。

 

もともと自分を出すのが苦手だったり、
自分の容姿に自信がなかったり、
自分から見えているものよりも、
相手から見えているもののほうが
ずっと気になって、

自然と息が止まって
苦しくなってしまう。

 

そんな方が、
楽に呼吸ができるような
撮影をしています。

 

撮影の後には、
あなた自身があなたの魅力を再発見し、
私ってすてきだな♪って思えるよう
撮影をさせていただきます♪

 

外でも過ごしやすい季節になったので、
9月から11月くらいの季節は
屋外での撮影もオススメです。

人の目がきになる場合は、
室内での撮影も可能ですので、
ご相談下さい。

 

プロフィール写真撮影詳細はこちら
https://tsunagaruie.com/profilepics

 

profilepic

 

1

台風前の超晴天の昨日
大野多恵子さん宅に
撮影にお邪魔しました。

 

出版や、
片づけ大賞受賞で
どんどん輝いていく
多恵子さん。

真っ白な冷蔵庫カラーのお召し物での
撮影となりました。

もともと片づけが苦手だったとは
想像できないような、
居心地のよいお宅。

いやはや、たまりません。

IMG_2512.JPG

ランチもご用意くださったのですが、
聞くと、
「我が家の冷蔵庫のサルベージよ〜」
と。

多恵子さんは、
家庭の冷蔵庫を整えることで、
世界のフードロスを減らす
という活動をされています。

サルベージとは、
「廃品の再利用」などという
意味で使われる単語ですが、

ここでは、
使いきれずに残ってしまった食材や
使いこなせなかった頂き物などを
残さず上手に調理することを意味します。

この日のランチも、
ロスを出さない調理法を
意識して作ってくださったそうです。

↓これ以外に3品も出してくださいました〜。
14284907_1471846176165725_25055103_o

 

今回は、
ホームページ用の写真と
プロフィール写真を
撮影させていただいたのですが、

ランチに招かれていた
松居麻里さんも巻き込んで
楽しい撮影になりました。

その辺は、
また改めて・・・

 

 

撮影写真は、
大野多恵子さんのホームページで
お目見えすると思いますので、
楽しみにしていてください!

冷蔵庫が片付かなくて、
困っているあなたも、
必見です!

大野多恵子さん
ホームページ:こちら
blog:もったいないから始める上質生活

 

 

さてさて、
8月は夏休み気分で
の〜んびり過ごしましたが、
9月に入って一気に忙しくなってきました。

9月〜11月は、
屋外でのプロフィール撮影も
気持ちのよい季節ですので、
とってもオススメです!

これまで撮影させていただいた
プロフィール写真は

お客様に確認した上で、
ブログで紹介させていただいています。

こちら→撮影アルバム

profilepic

 

プロフィール写真を撮りながら、
いろ〜んなお話をするのですが、
話して、撮ってするうちに、
その方の魅力に
私がどんどん引き込まれていくんです。

 

撮りながらお話しするだけで、
ご自身の魅力を再確認される方も多いのですが、

撮影とお話を振り返り、
改めて私が印象に残ったことを
書かせていただいています。

 

ついでに、
「こんな写真を撮っています」
という宣伝的意味もあったのですが、

今は、
撮らせてくださった方へのファンレター
になっています。

 

ここで重要なのは、
お礼でも、ラブレターでもなく、
ファンレターということ。

ファンレターだから、
届いたか届いていないかも気にしない。

そもそも、
ファンになれなそうな方からは
撮影のご依頼はないのですが、

より一層ファンになっても
書かないということもある。

ファンレターだから、
男性にも気兼ねなく書ける。

 

ってことで、
一方的なファンレターを
ここに公開していきますので、
どうぞよろしく♪

 

なお、
ブログでの公開は必須ではありませんし、
非公開ででもご希望の方には、
メールで送らせていただいています♪

 

<写真撮影>

・撮影写真
https://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
https://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
https://tsunagaruie.com/familypics

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
https://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
https://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
https://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
https://tsunagaruie.com/contact

 

プロフィール写真を撮ってもらい、
その中からどの写真を選ぶか。

 

表情や角度やよりも、
私が大切にしているのは、コレ!

息を吐いているか

 

一瞬を切り取った写真ですが、
その瞬間に息を吐いているか、
息を止めているか、
息を吸っているかは、
よ~くわかります。

 

 

プロカメラマンの神取知華子さんが撮ってくださった私

DSC_2579-2 DSC_2587-2

 

撮られながら呼吸を意識していたので、
どちらも息は吐いていましたが、

どちらのほうが、
より息を吐いているかわかりますよね。

 

この二枚を出されたときに、
顔がわかりやすい一枚目(左)を
選ぶ方が多いと思いますし、
正解はないのですが、

日常でよくある私の表情は、
髪の毛はどうあれ、
二枚目(右)だな~と思うわけです。

 

撮ってくださった神取さんも、
二枚目(右)がいいね♪
とおっしゃっていました。

 

 

笑っていれば、息を吐いていることが多いですが、
笑っていても、気を使って笑っていると、
息は止まっています。

だから、

私が撮りながら大切にしているのは、
あなたが自然に息を吐きたくなるようにすること。

 

 

 

写真を撮られるのが苦手な方は、
息が止まりがち。

だから、写真を撮られるのに
必要以上に疲れてしまって、

写真を選ぶときに、
写真を見返すのが苦痛になってしまう。

 

それって、
その写真を見る人にも、
な~んとなく伝わるものですね。

 

ということで、
私が撮った、息の止まらないプロフィール写真はこちら↓
https://tsunagaruie.com/

プロフィール写真撮影についてはこちら↓
https://tsunagaruie.com/profilepics

 

 

<写真撮影>

・撮影写真
https://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
https://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
メニュー化の準備中です。
ご興味ある方はお問い合わせください。
https://tsunagaruie.com/contact

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
https://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
https://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
https://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
https://tsunagaruie.com/contact

「どんな表情で撮られたいですか?」

嬉しそうな表情
楽しそうな表情
クールな表情
・・・

 

この質問を、
プロフィール写真を撮る前に聞くと

「自分がどんな人だと思われたいか」

に変換されてしまうので、
聞きません。

 

私が撮りながらするのは、
その人が好きなことなどを
探っていくだけ。

そんな表情を写真に撮ってます。

 

名刺に乗せるために撮った私の写真

IMG_0739.JPG

自撮りです。

DSC_3834

自宅の講座部屋 兼 スタジオにしている
小さな一室で撮りました

もちろん一人で。

DSC_3866
↑こんな風に失敗しながら・・・

 

「これだ!」と思えるのを撮れるまで
撮っていて楽しいと思うものを
家中で撮っていたら、

最終的に楽しい表情になりました。

 

 

「どんな表情で撮られたいですか?」

この答えを探すために、
鏡の前で自分とにらめっこしても
答えは見つかりません。

そもそも鏡は左右逆だし、
鏡の前でできる表情を
カメラの前でできるとは限らない。

 

「自分がどんな人だと思われたいか」

を考えたところで、

思われたい姿と
今の自分の姿が
乖離していたら

プロフィール写真にはなりません。

参考記事:名刺を「優秀な営業マン」にするための大切なポイント

 

「どんな表情で撮られたいですか?」
「どんな人だと思われたいですか?」

その答えがないと、
撮られちゃいけないと思っていませんか?

 

<写真撮影>

・写真撮影
https://tsunagaruie.com/pics

・撮影写真
https://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
https://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
https://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
https://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
https://tsunagaruie.com/contact

Translate »