コンテンツへスキップ

ここ最近、ダイエットのことを考えています。

「歳をとるほど痩せにくくなる」
というけれど、パワーで体を動かすには衰えを感じるだろうけど、そもそも心と体の使い方が歳を重ねるほど変わるのだから、使い方を変えれば良いんじゃなかろうかね。

私に関して言えば、運動やダイエットに必死だった20代のときよりも、食事制限も特別な運動も一切してない40歳の今の方が、体は軽い。

今ですら、お昼ご飯をがっつり食べた直後に昼寝をすることもあるし、甘いものも、スナック菓子も、子供たちと奪い合いながら食べる。

ただし、心と体の使い方は、全く違っていて、
本当に食べたいもの食べ、体の軸を整えながら、生活をする。

その軸にあるのは、「呼吸」なんです。

そうしたら、体重は増えることはあれど、季節変動も含めて原因はすぐわかるしすぐに戻るし、平熱に関しては、20代のときより0.3度は高くて、「ママあったか〜い」と娘たちがくっついてきて幸せ。

そうそう、なによりも大事なのは幸せを”手放しで”感じられていれば太らないはず。

それも、「呼吸」が見せてくれた「イマココ」の世界です。

▶︎告知◀︎
「呼吸法オンライン合宿」を開催します
すべてオンラインでご参加いただける、ジワジワと心と体に響く30日間。心と体の使い方を、探しにきてください。

https://tsunagaruie.com/archives/6392

呼吸法オンライン合宿を開催します。
全行程をオンラインで行う、30日間の合宿です。

期間:2019年2月20日(水)〜3月21日(木)

必携アプリ:ZOOM(オンラインミーティングツール)
LINE(コミュニケーションツール)

参加費:19,440円(税込)
※2回目以降 9,720円(税込)

お申し込み申し込みフォーム

呼吸法オンライン合宿は、
呼吸法を続ける機会と、呼吸法に関する知識を提供し、
疑問質問を共有し一緒に解決していくことで
お一人お一人が実感できる効果につなげていく合宿です。

2回目の開催となる、今回のオンライン合宿は、
2月20日乙女座満月からはじまり
3月21日天秤座満月までの
お月様の満ち欠けに合わせて開催します。

月の満ち欠けと同じように、
心と体、頭の中を日々の呼吸法でクリアにし
新たな想いや感覚を体に染み込ませていく
そんなイメージでご参加ください。

心と体の声に耳をかたむけ
自分の力以外の力に身を委ねる。

歳を重ねるにつれて、
頑張って生きることから
身を委ねて生きることの
素晴らしさを感じています。

そのために大切なことは、
「呼吸」が教えてくれています。

生きているときだけできるのが、呼吸です。
呼吸が止まった時、人の体も停止します。

呼吸をしにくい
呼吸が浅い
息苦しい

呼吸(息)が教えてくれることを知ることで、
生きる楽しさや、素晴らしさを
感じられるようになるのだと思っています。

呼吸法をやってみたい
呼吸法を続けたいけれど、続けられる自信がない
力を抜いて生きたい
怒りや不安を手放したい
1日1日を大切に生きたい

そう感じている方は、この機会にぜひご参加ください。

<<スケジュール>>

・朝のオンライン呼吸法
毎朝6:30〜 10分間の呼吸法
※女性限定ですが、いつからでもご参加いただけます。

2月17日(日)7:00〜 プレ合宿・合宿の説明(60分)
  22日(金)20:00〜 質疑・呼吸法講座①(120分)
3月 1日(金)20:00〜 質疑・呼吸法講座②(120分)
8日(金)20:00〜 質疑・呼吸法講座③(120分)
 15日(金)20:00〜 質疑・呼吸法講座④(120分)
21日(木) 7:00〜 シェアリング(60分)

※講座内容は、
「呼吸法とは」
「体の癖を知る」
「思考の癖を知る」
「呼吸と宇宙」
などの内容となりますが、状況やご参加者様のご要望により、都度変更して開催します。

なお、講座には
ダイエット、潜在意識、呼吸とコミュニケーションなどの要素も含まれます。

※状況やご参加者様のご要望により、内容を変更する場合があります

<<参加要件>>

  • 男性・女性問わず、ご参加可能です。
  • 精神疾患の投薬治療中の場合、原則としてご参加をお断りいたします。
    ※医療従事者でないため、何かあった時の責任を負いかねるためです。
  • 毎朝6:30からのオンライン呼吸法、その他合宿コンテンツは、
    すべてに参加できなくても問題ありません。
  • 合宿のコンテンツは、ZOOMを使用します。
  • 合宿中のやり取りはすべて、LINE(スマホアプリ)を使用します。

<<参加の注意点>>

  • オンライン合宿で知りえた、他の参加者の情報は、決して外部に漏らさないでください。(個人的なお話をする可能性もあるためです。)
  • 騒音の大きい場所でご参加なさる場合は、ミュート(消音)設定でご参加をお願いすることがあります。
  • 好ましくない目的を持ってご参加されていることが判明した場合、ご参加をお断り、もしくは中断していただくことがあります。
  • (これまでそういった方はいらっしゃいまっせんでしたが、念のため♫)

期間:2019年2月20日(水)〜3月21日(木)

必携アプリ:ZOOM(オンラインミーティングツール)
LINE(コミュニケーションツール)

参加費:19,440円(税込)
※2回目以降 9,720円(税込)

お申し込み申し込みフォーム

人には、育ってきた環境によって、いろんな思考の癖があります。
思考の癖は誰にでもあるものであり、「良い」「悪い」で決めることはできません。

でも、その癖の特徴や強さによっては、人とぶつかりやすかったり、継続的に取り組むことができなかったり、やりたいことができなかったりと生きづらさにつながる現象が起こることがあります。

呼吸法のセッションでは、思考の癖と姿勢の癖のつながり、を少しずつ自分で見つけて調整していくことがあります。
今日は、そんなセッションを提供している私にも、しょうもない思考の癖がある、というお話です。

昨日の夕方のこと、普段は車で2分の距離を、娘たちと3人で歩いていました。10分は歩いたのに、たどり着かない。

「あれ・・・・?あ・・・一本道を間違えたかも?!(汗)」

訪問先の姉に電話をし、「こんな景色なんだけど、私、道間違えてるよね?」と聞くと、「そうね、一本違うから、気をつけておいで」と言われ電話を切りました。

そこから、来た道を引き返しながら、こんなことが頭の中を駆け巡り始めました。

「なんで『車で迎えに行くよ』って言ってくれないの?」
「なんで子供達は遊んでばっかで、早く歩いてくれないの?」
「なんでこの道はわかりにくいの?」

道を間違えたのも、子供達と歩いていくって決めたのも、私。
なのに、責任を押し付けられる『何か』を探していました。
その思考癖に気づき、

「なんでこんなに、自分の間違いを受け入れられないんだろう?」
「遅いって怒られるよな・・・」
「子供たちも疲れたって愚図るかな」

と、グルグルぐるぐる考え顔を上げたら、薄い上着を羽織った姉が、笑顔でこちらに駆け寄ってきていました。

子供の頃から、こんな風に、ちょっとしたことでも自分の失敗を認められず、イライラしてしまいます。
私の母も末っ子育ちで、私が子供の頃から似たようなグチグチを聞かされていたから、私もこんななんだ思いたい。(これまた、育った環境のせいにしようとする笑)


そんな思考癖を直したいと、思考術やテクニックもやってきました。

だけど40過ぎてもそのままで、でも、そんな私の目の前に広がっていたのは、
「車で来るんだと思ってたよ~」と1mmも怒っていない姉と
「お茶の実、いっぱい拾ったよ~!」とはしゃぐ娘たちと
「数学教えて~」と頼ってくれる可愛い姪っ子たち
でした。

呼吸法のセッションで、呼吸法をしながら浮かぶ雑念や姿勢の癖から、思考癖をチクチク突っつくことがあります。だけど、私にも、こんなしょうもない思考癖がゴロゴロあります。

で、不思議なことに、毎日呼吸法をしながら体を観察し続けていると、思考の癖に気づくとかすかに体の感覚が変わる。同じように、体をかすかに変えると、思考の癖にも気づきやすくなったり、考え方や心の持ち方も変わったりする。
生体見本のような絶対正解を目指すのではなく、人それぞれの息のしやすいポジションを探し、
「息のしやすさ=生きやすさ」
につなげていく。

で、そこまでして最後に行き着くのは、
(いろんな心理の人が言ってるけど)
「どっちの自分でも、愛されてんじゃん!」
と気づくことだったりする。

ということで、クライアントさんには偉そうに思考癖を指摘しながらも、私もセルフセッションして絶賛気づき中です!

<<呼吸法セッションのご案内>>
息の流れを観察して、生きやすさを見つめてみませんか?

今年の冬(2018−2019)はエルニーニョの影響か、とっても暖かいですね。
とはいえ、乾燥は例年通りで、ウィルスの蔓延しやすい時期になってきました。
風邪をひいている人や、すでに長引かせている人もよく見かけます。



そこで、私が風邪をひかないように、日頃から心がけている呼吸を使ったセルフメンテナンスをご紹介します。

手洗い・うがいも大切ですが、絶え間なくしている呼吸を使うことで
体のメンテナンスをすることができます。

全く風邪をひかなくなるわけではありませんが、普段から体調がよく、体調を崩しても、治りやすくなります。
お薬を飲みたくない方は、ぜひ活用してみてください。


習慣にするといいこと:鼻で呼吸をする

ふだん、息を口から吸っていますか?鼻から吸っていますか?
呼吸は意識しなくてもできる行為なので、「口から?鼻から?」と聞かれても答えられない方が多いかもしれませんね。

これを機に、息を口で吸うことが多いのか、鼻から吸うことが多いのか、観察してみてください。
意識したことがない方は、口で息を吸っている方が多いかと思います。



喉は、体の関所
その関所を守ってくれるのが、口と鼻です。

口から、一気にたくさん息を吸うと、むせることがありませんか?
逆に、鼻から一気に息を吸っても、むせることはありません。それどころか、一気にたくさん吸うことはできませんよね。

それに、口を開けると、喉が見えますよね。
でも、鼻から喉は見えません。

つまり、口で呼吸をしていると、関所まですぐにたどり着けてしまいますが、
鼻で呼吸をすると、鼻毛や上咽頭(のどちんこの裏)の距離で、菌やウィルスを排除することができます。

その喉を守るために、普段から鼻呼吸を心がけてみてください。

マスクは、ウィルスが体内に侵入するのを予防してくれる・・・と考えている方が多いかと思いますが、私は「マスクより鼻呼吸!」と思っています。

だって、マスクって隙間だらけで、それに加えてマスクをしていると息がしにくくなるので、私は口呼吸に切り替えてしまいがちなんです。

マスクが完全に無意味とは思いませんが、隙間だらけのマスクをして、口呼吸をしているよりも、普段から鼻呼吸を習慣づけるほうが有効です。



でも、「さぁ今日から鼻呼吸!」と言われても、すぐに変えられるものではありません。

なので、まずは、気が付いた時に鼻でゆっくり呼吸をしてみてください。
呼吸が変わると、体は変わっていきます。



私自身、普段の呼吸だけでなく、話している時も鼻から息を吸うようにしています。そうすることで、体のケアにもつながるだけでなく、声は出しやすく通りやすいし、長く話していても疲れなくなりました。

余談ですが・・・
司会者や歌手だけでなく講師など、声を使うお仕事の方は、ボイストレーニングをしている方が多いです。ボイストレーニングは、声の使い方というよりも、呼吸の使い方と喉の生かし方。それができて初めて、大切な商売道具の「声」を生かすことができるんですね♫



風邪のひき始めに注意すること:鼻はすすらず、こまめにかむ

寒くなると、水っぽい鼻水が出始めます。
鼻がつまるほどでもなくて鼻をかむ量でもないと、すすって鼻から垂れないようにしませんか?

そして、日本人は、人前で鼻をかむのはマナー違反と思っていたり、恥ずかしいことだと思っている方が多です。でも、鼻をすすりはじめると、最終的に鼻がつまるところまで行きます。

最初の水っぽい鼻水がではじめた段階では、風邪でもなんでもないんです。言って見れば、寒いから鼻水が出た、ただそれだけ。
なのに、それをすすり続けることで、風邪に進化させてしまうのです。



鼻をすすりつづけると、菌やウィルスを含む外気を、喉まで一気に送り込むことになりますし、頻繁にすすっていると、鼻の中を炎症させてしまいます

炎症というのは、なにか悪いものが入ってくるから炎症することをイメージするかもしれませんが、鼻の中を勢いよく使いすぎるから炎症を起こすのです。
すると、鼻が詰まる・・・そして、鼻で息ができなくなり、口で呼吸をすることになり、結果的に風邪をひいてしまうんです。

そうならないために、
鼻はすすらず、こまめに静かにかむ!

そう、鼻をかむときも、勢いよくブンブンかんでは、炎症のもとになってしまうので、ゆっくりじわじわかむのがオススメです。



さてさて、
鼻をすする音を聞いていると、(って、町中でヒューマンをッチングしまくっているのですが笑)、鼻水のズビズビという音ではなく、鼻の内壁がキュンとかブブブブとなるような、鼻のすすり方をしている人もいます。
こういう方は、すでに「慢性鼻炎」と診断されて、投薬治療している方がほとんどでしょうが、お薬をいくら飲んでも、その鼻をすする癖を治さないと、意味がないのです。
そして、癖を治すのは、薬の力ではなく、意思や意識を変えていくのが、時間はかかるけれども、最終的には一番の近道だと考えています。

それでも風邪をひいてしまったら

「病は気から」とはよくいったもの。
予防として、気持ちを元気に、風邪を寄せ付けないでいたいものですが、病気になってしまってから元気を出そうとしても、なかなかできない人もいるでしょう。

で、私が風邪に限らず、体調が悪い時に心がけているのは、
「体の声に耳を傾けること」

もう一つは、
「体調が悪いことを忘れること」



私は体調が悪い時ほど、呼吸法をしています。
体調が悪い時って、苦しいから口呼吸になったり、姿勢が悪くなったり、気分も落ち込みがち。そのままいたら、体がもつ自然治癒力はなかなか発揮されず、長引くばかりです。

呼吸法をすることで、姿勢を整えて呼吸を深めていくと、血液循環が高まり、自然治癒力も高まっていきます。また、体の声に耳を傾けられるし、体調が悪いことも一旦横において呼吸に集中することができます。

呼吸法をしながら、体の声をチェックしていくと、局所的に力が入って軽い筋肉痛を起こしていることに気づいたり、ゼイゼイする喉をにゆっくりと息を通しながらいたわり、触れない体の中もお手当ができるようになります。
体が、「ゆっくり寝たい」と言っていたら、すぐに寝るようにしています。


「病は気から」この言葉は可逆的で、「気は病」ともなります。

無理して元気に振る舞う必要はありませんが、「こんなにも辛い」という気持ちにフォーカスし続けると、体もそれにひきづられてしまいます。「辛い、辛い・・・」と思っていても、体は治りません。それどころか、長引かせます。それよりも、治したいのであれば、まずは、少しでも「辛い」ということを忘れる時間をもつ、そのために3分だけ、1分だけでも呼吸法をするのは、とっても有効なことなんです。

呼吸法を日常に取り入れてみませんか?

<<2019年1月の1ヶ月間 オンライン合宿開催!>>

オンラインで参加できる、呼吸法の合宿を開催します。

呼吸法を続ける場だけでなく、続けるためのバリエーションや知識も一緒に落とし込める、1ヶ月間のプログラムです。

次の開催は一切未定ですので、この機会にご参加ください!

2019年1月に「呼吸法オンライン合宿」 開催します

私が呼吸法を始めたのは、私が次女を妊娠している時でした。

一人目の子育ては、長女はよく寝る子で、夫は協力的、おっぱいが出ないという悩みはあれど、総合的に楽しく子育てができていました。

しかし、次女を妊娠したとき、何人ものママ友に「子育てのイライラは二人目からよ〜」といわれ、出産後の生活を危惧するようになりました。

そんなとき、呼吸法に出会いました。

そのとき聞いた呼吸法の効果は、
・イライラを抑える
・衝動を抑えられる
・集中力が鍛えられる
・便秘や冷え症の解消

それらはすべて、私が必要としているものばかりでした。臨月の妊婦ということも忘れ、次の瞬間に講座に申し込んでいました。

呼吸法を知り、呼吸法を始めて2週間、次女を出産しました。

呼吸法を使った出産は、超安産でした。
出産直前の不安は、呼吸法で手放すことができ、出産中の陣痛の痛みの逃がすのも呼吸法でスムーズに、体が力むことはなく、最終的に助産師さんに「いきんで〜!」と言われた時、「え?もういいの?」と拍子抜けしたほどでした。

「本当に効果があった!!」
そう実感し、続けていくことを決意しました。

しかし、大変だったのはそれからでした。

呼吸法を習慣にするのは、それなりに大変です。効果があるとわかっていても、「呼吸を意識し3分だけ座る」たったそれだけの日課が続けられないことがほとんど。

その上、その時の私は、超絶赤ちゃん返り中の長女と、1時間半ごとに起きる次女の狭間で、3分間すら惜しい生活。「今日も呼吸法ができなかった・・・」という日が続きました。

そんなことで凹むなら潔く辞めてしまった方がよかったのかもしれませんが、出産の時の心があったかくなる感覚、体が楽な感覚は、もう忘れることはできませんでした。でも、呼吸法をする時間が取れない、1分1秒が惜しい・・・

そのときの私には、呼吸法を一緒に続けるグループに入っていて、そのグループ内で泣き言を言いました。

そんな私に、師がくれたのは、こんな言葉でした。

「まず、「やってなかった」ということに気づいたことが、良いポイントです。そこからスタートですから。やってなかったことで落ち込むのではなく、それに気づいた自分を褒めてあげてください。

その上で、「やる」「やらない」を自分で決める。
やらないと決めたらやらない。
やると決めたら淡々とやる・・・

やってなかったら、もう一度決める(笑)

その繰り返し積み重ねが自分をコントロールすること、つまり「自制心」につながっていくと思います。

あせらず、むりせず、やっていきましょう。」

師の言葉は、生ぬるくも冷たくもない、あったかい言葉でした。

この言葉を受け、私がどんな決断をしたかは、今私は呼吸法を続けていることから明らかでしょう。

この時を振り返り、本当にあのとき諦めなくてよかったと思っています。
次女は2歳になるまで、毎晩1時間半ごとに起きていましたし、彼女の突飛で自由な性格を笑って見守れていますから。(いや、結構怒っていますが・・・)

どこへでも果敢に挑み続ける娘

呼吸法は、「呼吸を意識し座る」という基礎から、いろいろなバリエーションで生活に取り入れてくことができます

私の生活に取り入れやすいスタイルが、今では定着しています。

抱きしめるときには、娘の息を観察

そして、2017年8月末から「呼吸法を続ける場を」という考えからはじめた、「朝のオンライン呼吸法」では、日本各地からだけでなく、海外からも参加くださり、お子様が小さい方も、お仕事が忙しい方も、いろんな方がご参加してくださってきました。

着実に続けるだけで、見える世界は変わっていきます。

師が私にしてくれたように、自分で決意した人を、私も生ぬるくも冷たくもなく、あたたかく見守っていきます!

<<2019年1月の1ヶ月間 オンライン合宿開催!>>

オンラインで参加できる、呼吸法の合宿を開催します。

呼吸法を続ける場だけでなく、続けるためのバリエーションや知識も一緒に落とし込める、1ヶ月間のプログラムです。

次の開催は一切未定ですので、この機会にご参加ください!

2019年1月に「呼吸法オンライン合宿」 開催します

Translate »