コンテンツへスキップ

「なんなら、シミ、シワも消して、綺麗に見せたい」
「嫌いなところは隠して、少し痩せているように写して欲しい」
「せっかく撮るなら、ヘアスタイルも、メイクもお願いしたい」
「プロフィール写真は、現実よりも素敵に撮って欲しい」

というのは、プロフィール写真を撮ってもらう時に浮かぶ、当たり前の心理だと思います。

 

スマホの自撮り写真では、画質や背景など、プロフィールに向かないものも多く、
だから、それなりのお金を払ってプロに撮ってもらうことになるのですが、
「せっかくお金を払って撮ってもらうならば、やっぱり特別な自分を撮って欲しい。」と、
プロフィール写真がちょっとずつ盛られた写真になっていくのは、自然な流れなのです。

↑自撮りで盛ってはいませんが、底上げしてます

 

しかし、プロフィール写真で鉄則のように言われるのは、

「プロフィール写真は盛ってはいけない」ということ。

※「盛る」とは・・・普通よりも多くする、大げさにするという使い方の若者言葉で、現実よりも数段可愛く、綺麗に、ヘアやメイクなどを作り込む意味合いがあります。

 

「とは言ってもさ、大盛りじゃなければいいでしょ?小盛くらいなら♪」
と思っている大盛りの方、もたまにお見かけします(笑)

 

 

もとい、プロフィール写真を見てお仕事を依頼する側にたった時に、

信頼できそうで、
優しそうで、
できたらキレイで、
仕事ができそうで・・・

と無意識に人相で判断しているのは、自然な行動です。

やっぱりそういう現実を考えると、
プロフィール写真にどんどん気合が入っていくわけです。

 

 

さて、
私はプロフィール写真を撮る者として、
プロフィール写真のことを日々よく考えています。

それは、
「いかにいい写真を撮るか」
「どうしたらその人を引き出せるのか」
ということだけではなく、
「プロフィール写真って、どんな写真がいいんだろう?」
ということも、日々ぐるぐると考えています。

その中で、脳裏によぎった疑問・・・

「『プロフィール写真は盛ってはいけない』は本当か?」
ということ。

上で散々、「盛らないほうがいいよ」というようなことを書いてきましたが、
最近考えていることは、

「盛り盛りでもいいんじゃない?」
ということ。

 

そんなことを考えながら、こんなイベントを開催します。

しぶくらまつり2017

日時:2017年9月22日(金)10:00~15:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室2
入場料:1,000円(当日お支払い・出入り自由)
しぶくらホームページ:https://shibuyakurashi.jimdo.com/

 

プロフィール写真なんてどーでもいい

 

みなさんの経験談や実感をシェアしながら、
写真を撮り・撮られてきた私の実感も交えながら
一緒にお話をしたいと考えています。

撮影:神取知華子さん

 

「八木橋さんに撮っていただいたプロフィール写真がきっかけで、お仕事をいただきました」

という声を立て続けに届き、
びっくりしています。

いやいや、そもそも
お仕事につなげることが
プロフィール写真の目的なので
当たり前であらねばならないのですが、

「お客様が、写真を見て決めてくれたんです」
「撮っていただきながらお話ししたことがきっかけになりました」
などと、
撮影による影響があったことは
とってもありがたいことです。

 

なのですが・・・
そうやって、撮影がきっかけで
お仕事がくるようになった方には
共通点があるんだな〜と
同時に感じています。

その共通点とは
「素直であること」

 

言ってしまうと・・・

いろんな資格をもって
すでにいろんなお仕事をしている方でも
素直じゃない方は
写真はきっかけにはなりません。

逆に、
資格もなく、
駆け出しの方で、
写真を撮られるのが苦手という方でも
素直な方は
写真がきっかけになって
広まっていきやすいように思います。

 

でも、
素直になることが難しい人もいます。
素直でいることをやめている人もいますし、
素直でいるつもりの方もみられます。

そんな方々のために
私が最大限できることは・・・

その方の素直さを引き出すと共に、
私が全力で素直であることだと思っています。

なにせ、撮られる方が撮られているときに
一番意識しているのは
カメラと私ですからね。

神取知華子さんに我が家のスタジオ部屋で撮っていただいた写真

 

<素顔の自分を好きになるプロフィール写真>

写真が苦手な方を得意としています。
詳細はこちら:https://tsunagaruie.com/profilepics

新しいお仕事を始めるとき、
プロフィール写真で
お顔を露出することが
大切な一歩と言われています。

なので、
プロフィール写真を撮る前に
「私はこれで仕事をするんだ!」
と方向性を明確にしてから
プロフィール写真を撮ろうとする方が
とっても多いようです。

が・・・

その方向性を明確にするのに時間がかかり
とりあえず・・・の写真のまま
悩む時間だけが過ぎていく
という方をよくお見かけします。

 

つまり、
自分のやりたいことや
ブランディングを明確にしないと
プロフィール写真を撮るという
ステップにたどり着けないのです。

言い換えると、
プロフィール写真を撮るのがゴール
になってしまっているのです。

↑私のFacebookでのプロフィール写真の変遷

 

さて、

プロフィール写真は
ビジネスのスタートなのか?
それともゴールなのか?

いずれも違います。
自分のステージの変化点です!

スタートするためのものでも
ビジネスの準備段階の終止符でもなく

これからたくさん出てくる
自分のステージの変化点でしかありません。

 

 

その変化点は例えば、

現実の自分と写真に
ギャップが生じはじめたり

今のプロフィール写真に
違和感を感じはじめたり

体型や服装、環境の変化

など、いろんな形で現れます。

そして、その変化点は
幾度と現れることがあります。

写真に違和感がある場合は、
変化点に差し掛かっているのだと思います。

なので、
その変化の波に上手く乗るために
写真を変える。

すると、
見ている人にすぐに伝わり、
変化の波がちゃんと動き始めるんです。

 

 
「そうはいっても、どんな自分で写ったらいいのか、やっぱりわからない」
という方もいらっしゃいます。

そういう場合は、
複数のパターンで撮影して
その写真を見比べることもできますし、

直感的に話をしながら撮影するので
どれが生きやすそうなのか、
どれが合っていそうか、
撮りながら見出していくのも
一つの方法だと思います。

関連記事:ファインダー越しだと見えちゃうんです、私。
 

<プロフィール写真撮影>

自然光の我が家の自宅スタジオでの撮影、
出張撮影、
屋外での撮影、
ご要望にあわせて撮影いたします。

https://tsunagaruie.com/profilepics

プロフィール写真を撮るときに
大切にしてほしいこと

それは、
「素顔の自分を好きになる」
ということ。

 

 

 

素顔の自分を好きになると、

写真に写る素顔が変わってきます。

写真に写った自分を見る目が変わってきます。

納得できない写真が減っていきます。

 

すると、

見てくれる人が変わってきます。

「あの写真の方ね!」って言われるようになります。

 

そして、

普段の気持ちが変わってきて

どんどん自分が好きになります。

 

だから、
私が撮るときは、
自然な表情を引き出し、
その表情をご本人が好きになれることを
一番大切にしています。

 

私は、
ずっと写真を撮られるのが怖かった。
「素顔の自分」を見れなかった。

でもね、
素顔の自分を好きになるのに必要だったのは、
勇気でも
努力でもなく、
自分への許可だった。

 

素顔の自分を、
もっともっと好きになってほしい。

それが、
私のプロフィール写真撮影にかける想いです。

素顔の自分を好きになってみませんか?

 

<<プロフィール写真撮影>>

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
詳細はこちら https://tsunagaruie.com/profilepics

時間が空いてしまいましたが・・・
デザイナーさんであり、
企画等のディレクションもなさる、
森 友亜さんを撮らせていただきました。

 

かさこ塾の最終プレゼンを終え、
夜の部の28期のプレゼンの席で
初めてお目にかかり

早々に感じたのは、
「一緒にいたくなる方だな〜」

 

私の後ろの席に座られたのですが、
わざわざ振り返って話をしたくなる、
そんな方なんですよね。

 

なんなんだろう?この
実家に帰ったら必ず行く
駄菓子屋のお姉さんみたいな
心地よい距離感は。

なんなんだろう?この
「何にもないけど電話しちゃった」
って電話したくなる
声のトーンは。

 

なんなんだろう?ばかりで、
友亜さんのつかみどころがわからないまま
撮影に挑みました。

 

でも結局、
いろんなお話をしながら撮影し、
最後に思ったのは、

彼女の思考を掴むことの方が無駄

ボールを10球投げたら、
10球キャッチして、
綺麗に戻してくれる
敏腕捕手なんだから

ということ。

DSC_5817_original

 

マイナースポーツを始めスポーツ全般、
東北から九州まで地域性や人柄のこと、
人を動かす言葉やイメージ、
アートからマニアックな柱から水族館まで、

まさかこれもキャッチしちゃう?
というような変り種も
難なく拾ってくれます(笑)

DSC_6092_original

 

 

友亜さんは、
笑顔を引き出そうとしなくても、
ホームポジションが笑顔

この日は、
真夏の河川敷で撮らせていただいたのですが、
この笑顔と太陽がベストマッチでした。

たまらないな♪
この笑顔。

DSC_6016_original

 

 

友亜さんが出られた、
かさこ塾広島1期の16名があつまり
16名でセルフマガジンを制作されたそうで、

その全体指揮をとられたのが、友亜さん。

私もまだ見ぬセルフマガジンですが、
2016年9月3日 大分県中津で開催される
かさこ塾フェスタ
初お目見えするそうです。

かさこ塾のことが気になっている方々、
友亜さんのことが気になった方々、
ぜひ大分中津へ足を運んでみてください!


出典:楽しさを伝えるPRアドバイザー&デザイナー 森 友亜(ともえ)のブログ♪

 

 

<写真撮影>

・撮影写真
https://tsunagaruie.com/archives/category/shooting

・プロフィール写真撮影
https://tsunagaruie.com/profilepics

・家族写真
メニュー化の準備中です。
ご興味ある方はお問い合わせください。
https://tsunagaruie.com/contact

<呼吸法>

・呼吸法対面セッション
https://tsunagaruie.com/breathsession

・子育て呼吸法
https://tsunagaruie.com/kosodatebreath

・ゆるく続ける呼吸法
https://tsunagaruie.com/breathhome

<モデル>

ファッション、撮影モデルなど、
やぎはしすみこを撮ってみたいと思った方も、
お問い合わせいただけると幸いです。
https://tsunagaruie.com/contact

Translate »