コンテンツへスキップ

「5分って結構長いですよ」

先週末お邪魔した、山梨県北杜市のひのはる庵 松浦 寿郎さんの言葉です。


先週末、その松浦さんが開催されている、
2泊3日の坐禅断食に参加しました。

その休憩時間に松浦さんがぽろっとおっしゃったのが、
冒頭の言葉でした。

 

いつもは「あと5分しかない」としか思っていなかったんですね。
5分ってなんにもできない時間だと思ってたんですね、私。
子供達にも「あと5分しかないよ!早く!」ってしか、
5分という時間使ってこなかったなぁ、と振り返る。

 

ひのはる庵での時間が特別だというのは間違いないのだけど、
「時」には時間軸以外にもいくつもの軸が交差しているんだなぁ、
と言葉にならない感覚を味わっていました。

 

リピーターさんの多い、松浦さんの坐禅断食。
私もまた夏ごろお邪魔する予定です。

 

写真は我が家の窓から見える朝日をフィルムカメラで撮ったもの。フィルムの入れ方を失敗してフィルムがよれてしまったようで縦線が入っています。それすら模様。

片付け方を学んでいたころより、
呼吸法をはじててからの方が部屋はキレイ。

 

片付けて心が整う人もいれば、
心を整えれば部屋が片付く人もいる。

私は後者だったね。
いや、ハイブリッドだな。

2017年8月29日(火)から始めた、朝のオンライン呼吸法

関連記事:【女性限定】朝のオンライン呼吸法

もうすぐ5ヶ月が経とうとしています。
興味があるかわかりませんが、その裏側を見せします。

 

見えない世界は超散らかっている

オンライン開始の6:30までには、リビングはお掃除するようにしています。

しかし!実際はそうじゃない日もよくあります。

↑9月頃の写真ですね。

背後に誰かいたり、見えないところに洗濯物が積んであるのが実情です。

 

眠れなかった初めの1ヶ月

呼吸法の効果として、睡眠の質が上がり、それに伴い便秘などの慢性的な不調も改善していくことがあります。

↓こんな記事も書いています↓
呼吸法によるセルフケアが便秘に効く3つの理由

 

ですが・・・
朝のオンライン呼吸法をはじめた1ヶ月は、私自身が全然眠れず、便秘がちになりました。

もともと超寝坊助で、8時まで子供たちと寝ていた私。
それが、6:30にはルームをオープンするなんて・・・毎日めっちゃくちゃ緊張していたんですね。

毎晩夜中に2時間おきに目が覚めていたし、3日〜4日便秘なんて日が続いていました。

 

やめたくなったら、すぐやめます!

寝不足・便秘になっても、やめなかったのは・・・・

「いつでもやめられる、それなら今日はやっておこう」
くらいの気持ちでやっているからだったりもします。

 

朝のオンライン呼吸法を始めた時、「やめたくなったら、すぐにやめよう」と思って始めました。自分の気持ちをごまかしてまで、やりたくはないですからね。

 

私にとっては、「絶対続ける!」と断言するよりも、「楽しくて続いちゃった♪」くらいがちょうどよいようです。

そうはいっても、「楽しいから続けよう!」には、すぐはなりませんでした。

それでも続けてこられたのは、参加してくださるみなさんのおかげでもあるのですが、
私が呼吸法を始めた当初の、「続けるってきつい!」という記憶のおかげでもあるのです。

 

はじめたころは、とにかく、続けられない言い訳ばかりがでてきました。
でも、言い訳ってブーメランのごとく自分に返ってくるんですよね。

この辺りは、そのうち書きますが・・・

でも、本当に続ける必要なんてないんです。
参加する方にとっても、修行でもなければ、国家資格が取れるわけでも、仕事のようにお金になるわけでもない。

私にとっても、別にオンラインにしなくても、自分の好きな時間にやればいい。
それでもオンラインで続けているのは・・・
本当のことを言うと・・・

「私の習慣にするため!」

という超超超個人的目的のためだったりします。

「参加できなくてごめんなさい」とたまに声をかけてもらうのですが、それすらピンとこないくらいに、超超超個人的目的で続けています。
なので、逆にこれを利用してやってくださいm(_ _)m(笑)

 

ノーゲスト(参加者不在)でもやってます

参加される方がいない日もあります。
そんな日も、6:30にZOOMをオープンしています。

普段と一つだけ違うのは・・・
ミュート(消音)にしていない!

 

普段は、他の方の集中を削がないために、全員消音(ミュート)でやっていますが、ノーゲストのときは、生活音大公開でやっています。

タイマーを無視して20分くらい座っていることもあります。

そんな私を目撃された事はまだありませんが、これからも同じように続けていく予定です。

ついでに言うと、二日酔いで酒臭い日も、笑顔を振りまいております♪

 

そんなですが、興味のある方はどうぞ♪

冬至を過ぎて日が長くなり始めているとはいえ、朝はまだ暗く寒いです。

はじめるにはとっても厳しい時期かもしれませんが、今続けられたら、夏場には心地よく続けられるようになっているかもしれませんね。

よかったら、活用してみてください。

【女性限定】朝のオンライン呼吸法

時間が合わない、みっちり教えて欲しい、という方は、
個人セッションも行っています。

呼吸法 個人セッション

 

2017年6月23日(金)〜25日(日)に
八木橋スミコ写真展「環」を開催しました。

3日間で100人を超える方に
ご来場いただき
(まだ正確にカウントできていないのですが・・・)
とっても嬉しく思っております。

写真展については改めて書くとして
部屋を見渡すと・・・

この有様で・・・

ブログよりも
リセットが必要!

そんな今日は、
我が家で呼吸法のクラスを開催しておりました。

私がこのクラスを大切にしたいのは、
来てくださる方のためでもありながら、
私自身がみなさんと呼吸法をしたいから。

そして、それと同時に
この空間もリセットされます。

 

月に一回、
心と体と空間に
新しい風が吹いています。

今日の風も気持ちが良かった♪

<<ゆるく続ける呼吸法@世田谷>>

詳細はこちら:https://tsunagaruie.com/breathhome

2

我が家にはテレビがありません。


奥に見えるのはパソコンのモニターです

 

4年前に引っ越した時に
手放しました。

「子供がテレビの話題についていけなくなって可哀相」
「Eテレとか情熱大陸とか、いい番組あるのに」
と何人かに心配されました。

子供達の成長に応じて
テレビを買う日が来るかもしれませんが

「テレビは必要!」と熱弁していた夫も
今では「テレビなくてよかった」
と言っております。

 

とはいえ、
家庭によっていろいろだと思うので、
4年間のテレビ無し生活で感じた
メリット・デメリット
を挙げておこうと思います。

 

まずは・・・

我が家のスペック

共働き夫婦
子供2人(現在5歳・3歳)

テレビ嫌いなのではなく、
その逆で
テレビ大好き夫婦

帰省したときなどは
テレビの前から動かないほど。

 

デメリット

ではまず、デメリットから。

 

①お笑いの流行りがわからない

会話に出てきた変な言葉や歌が
「最近のはやりの何かだ・・・」
とわかるのに時間がかかります。

とはいえ、
芸人さんがやるから面白いのであって、
そのままでは面白いわけではないのだ
と冷めた目で見ていることもあります。

 

②世界の緊急事態をリアルタイムにキャッチしにくい

テロや震災などの情報を
リアルタイムにキャッチできません。

ただ、
リアルタイムにキャッチする必要が
ないことが多く
さほど問題にはなりません。

地震などは、
揺れたらすぐに
ネットで調べられるので
不便ではないです。

 

③PCを占拠される

テレビはありませんが、
NHKのオンデマンド
amazonプライム
を契約しています。

amazonプライムは
amazonの戦略にはまって
気がついたら会員になっていました。

リビングのPCで観ているので
別の用事でPCを使おうとすると
ブーイングがきます。

ですが、
時間を区切るきっかけになるので
うまいことできています。

 

④テレビがある飲食店で食事が進まない

これが一番問題!

普段テレビがない生活をしているので
飲食店にテレビが置いてあると
こうなります。

視線の先は、
「はじめてのおつかい」

やつらがテレビに踊らされてるうちに
ポテトを食べ尽くしてやりました。
(ウソ)

 

 

メリット

①「あれ欲しい」と洗脳されにくい

CMも見ることがないので、
子供に「あのオモチャ買って!」
と言われることも

食べ物のCMに
喉がなることもありません。

CMのイメージによる
洗脳ってすごいもんですね。

これは、CMだけでなく
購買意欲を掻き立てる番組も
しかりです。

 

②見たいものは選べる

見たいものをオンデマンドで
選んで観れるので、

一方的な情報の波に
飲まれることはありません。

ついでに、
レンタル店で借りることもないので

観たい時に
本当に観たいものだけ
観られるようになりました。

 

③子供がパソコン操作を自発的に学ぶ

これは、
オンデマンドを見ているからですが、
3歳児もうまいことマウスを使います。

パソコンのほうが危ないんじゃないか?

いやいや、
テレビの受動的な情報よりも
能動的に情報を取得していくための
重要なスキルでしょ、

と思っています。

 

④録画再生機器を買う必要がない

テレビがないので
レコーダーやプレーヤーが
必要ありません。

そもそもないので、
壊れる心配も
最新機器が欲しくなる心配も
ありません。

大容量のレコーダーも
あるのでしょうが、
「見なきゃ!」
と思うようなストックもなければ
次を撮るために消さなきゃ
と思うこともありません。

 

 

結論

デメリットであげたものも
我が家においてはそれほど
問題にはなっていません。

テレビ無し生活で
情報を選ぶ、
キャッチする、
情報の信頼性を判断する、
という力がついてきた
と感じています。

 

まぁ、
テレビがあっても
観ないでいられるのが
理想ではありますが、
私には無理でした〜。

 

ということで、
気になっている方は、
1週間テレビの電源を抜いて
生活してみてください。

結構すっきりしますよ♪

Translate »