コンテンツへスキップ

人には、育ってきた環境によって、いろんな思考の癖があります。
思考の癖は誰にでもあるものであり、「良い」「悪い」で決めることはできません。

でも、その癖の特徴や強さによっては、人とぶつかりやすかったり、継続的に取り組むことができなかったり、やりたいことができなかったりと生きづらさにつながる現象が起こることがあります。

呼吸法のセッションでは、思考の癖と姿勢の癖のつながり、を少しずつ自分で見つけて調整していくことがあります。
今日は、そんなセッションを提供している私にも、しょうもない思考の癖がある、というお話です。

昨日の夕方のこと、普段は車で2分の距離を、娘たちと3人で歩いていました。10分は歩いたのに、たどり着かない。

「あれ・・・・?あ・・・一本道を間違えたかも?!(汗)」

訪問先の姉に電話をし、「こんな景色なんだけど、私、道間違えてるよね?」と聞くと、「そうね、一本違うから、気をつけておいで」と言われ電話を切りました。

そこから、来た道を引き返しながら、こんなことが頭の中を駆け巡り始めました。

「なんで『車で迎えに行くよ』って言ってくれないの?」
「なんで子供達は遊んでばっかで、早く歩いてくれないの?」
「なんでこの道はわかりにくいの?」

道を間違えたのも、子供達と歩いていくって決めたのも、私。
なのに、責任を押し付けられる『何か』を探していました。
その思考癖に気づき、

「なんでこんなに、自分の間違いを受け入れられないんだろう?」
「遅いって怒られるよな・・・」
「子供たちも疲れたって愚図るかな」

と、グルグルぐるぐる考え顔を上げたら、薄い上着を羽織った姉が、笑顔でこちらに駆け寄ってきていました。

子供の頃から、こんな風に、ちょっとしたことでも自分の失敗を認められず、イライラしてしまいます。
私の母も末っ子育ちで、私が子供の頃から似たようなグチグチを聞かされていたから、私もこんななんだ思いたい。(これまた、育った環境のせいにしようとする笑)


そんな思考癖を直したいと、思考術やテクニックもやってきました。

だけど40過ぎてもそのままで、でも、そんな私の目の前に広がっていたのは、
「車で来るんだと思ってたよ~」と1mmも怒っていない姉と
「お茶の実、いっぱい拾ったよ~!」とはしゃぐ娘たちと
「数学教えて~」と頼ってくれる可愛い姪っ子たち
でした。

呼吸法のセッションで、呼吸法をしながら浮かぶ雑念や姿勢の癖から、思考癖をチクチク突っつくことがあります。だけど、私にも、こんなしょうもない思考癖がゴロゴロあります。

で、不思議なことに、毎日呼吸法をしながら体を観察し続けていると、思考の癖に気づくとかすかに体の感覚が変わる。同じように、体をかすかに変えると、思考の癖にも気づきやすくなったり、考え方や心の持ち方も変わったりする。
生体見本のような絶対正解を目指すのではなく、人それぞれの息のしやすいポジションを探し、
「息のしやすさ=生きやすさ」
につなげていく。

で、そこまでして最後に行き着くのは、
(いろんな心理の人が言ってるけど)
「どっちの自分でも、愛されてんじゃん!」
と気づくことだったりする。

ということで、クライアントさんには偉そうに思考癖を指摘しながらも、私もセルフセッションして絶賛気づき中です!

<<呼吸法セッションのご案内>>
息の流れを観察して、生きやすさを見つめてみませんか?

毎朝6時には起きて、6:30からオンラインで呼吸法をやっています。

tsunagaruie.com/archives/5459

 

2017年8月末から毎朝続けているのですが
寝坊した日も数日あります・・・ごめん!
開催時間を6:30からとするには、かなり勇気がいりました。
もともと夜型で寝坊助、毎朝二度寝していましたからね。

 

そんな私が、今では毎朝6時には起きています。

なので、たまに「毎朝早起きできるようになるコツは?」と聞かれることがあります。

私の答えはただ一つ。

 

毎朝起きること

寝るのが遅かろうと、深酒をした翌日も、ただただ毎朝起きる。

 

 

昔に自分に懺悔するつもりで、言っちゃいますね。

 

コツとかアイテムを見つけて、早起きしようとしているうちは、
早起きが習慣になることはないのでしょう。

何においても、コツやアイテムだけに頼るのは、
とっても受動的な生き方だなと思うんです。

何かのせいで、早起きができない、
と思うのも一緒。

 

自分が起きないから、早起きができていない。
ただそれだけ♪

 

流れに逆らわずに生きる=受動的な生き方
ではありません。

能動的に生きて、初めて流れを感じられるようになるのですから。

 

 

早起き(といっても6時ですが)するようになり、
「早起きは三文の得」
の得を実感しているかというと、以外とそうではないです。

でも、早く起きて、6時半から呼吸法をしたいから、
自然とやらなくなった事が、たくさんあります。
自然とやるようになった事も、たくさんあります。

それは、
何かをやったから、早起きできるようになったのでも、
何かをやめたから、早起きできるようになったのでもありません。

 

ただただ、
毎朝起きたから、
自然とそうなっていっただけ。

そうしたら、
二度寝するよりも、呼吸法をして朝を迎えたほうが
1日が気持ちよくスタートできるようになりました。

 

 

 

朝のオンライン呼吸法に継続的に参加されている方が
こんなことをおっしゃっていました。

「ちょうど朝の支度の時間にかぶるので、参加するのは難しいと思っていましたが、時間の使い方を変えて、朝のオンラインに参加するようにしたら、家族も理解してくれるし、結構短時間で支度もできるようになったんですよ。」

と。
早起きだけでなく、時間の使い方もダイナミックに変わるきっかけになっているようですね。

 

大前研一さんの人間が変わる3つの方法

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。 by 大前研一

 

 

これから日が短くなって、気温も下がって行くので、
朝起きるのが辛くなるはず。

ですが今年は、ピリピリと感じる朝の空気と
体の変化の定点観測が楽しみにしています。

 

↑最近早起きな娘です

今晩の「呼吸法の姿勢と意識を確認する会」、終了しました。
ご参加くださったお二人、ありがとうございました。

 

「頭の中が騒がしいのをなんとかしたい」という声が、最近とっても多いのです。

「無になる」という言葉もよく聞きますからね。

でも、
「無でも有でもいっか」ってそのうち思えてくるんだと思うんです。

そのためには、やっぱり姿勢と意識を整えて行くことは必須なんだと、今思っています。

 

会を終え振り向いたら、次女からこんな手紙が…。


「まま、うんちもれちゃった」
もらしてても、もらしてなくてもいいよ…ってなれるかな、私(笑)

朝のオンライン呼吸法を始めて、一年が経ちました。

 

呼吸法は、やり方を知るものではなく、続けるものです。
なので、続ける場として「朝のオンライン呼吸法」を毎朝無料でオープンしています。

 

これまで50名くらいの方が(正確にカウントしていないのですが)エントリーしてくださったのですが、続けていらっしゃるのは一握りだったりします。

 

「続けてくださいね♪」と私が言ったからといって続けられるものではないし、ここは強制は一切ない上に、続けたいと思うような心躍るような仕組みもありません。
「続けたいと思うような仕組みを作るべきか」と何度も考えたこともありました。でも…やめました!

 

だって私も・・・
歯医者さんに「毎日デンタルフロスをしてくださいね」って言われてもやってないし、
ピアノの先生に「毎日練習してくださいね」って言われてもやらなかったし、
「毎日お花のお水を変えよう!」って思ってやってないし、
「毎日日記を書こう」って用意したのに書けてない。

 

それくらい、ほんの少しずつでも毎日続けるってなかなか難しいのです。楽しいと思えたり、好きじゃないと、よっぽど頑張らないと習慣にはなっていきません。

 

呼吸法も同じだし、朝のオンライン呼吸法にご参加くださる方々も一緒なんだと思っています。

 

で、朝のオンライン呼吸法は「間が空いちゃったけど、また行ってみようかな」って思った時に、ぷらっと参加できる、そんなゆるい場であり続けたいと思っています。

実際に、数ヶ月ぶりに顔を出してくださる方もいるし、思い出したように不定期に参加される方もいて、「強制力もないゆるい場にしておいてよかった」と思うのです。

 

どなたがどんなタイミングで参加しようと嬉しいですし、逆に、いらっしゃらなくなる方に対して私の心が痛むことはないです。だって、私もいっぱいやめてきたし、さぼってきたもん。毎日デンタルフロスしてなくても、行きたい歯医者さんには行くもん。先生にはバレバレですが・・・。

 

で、何が言いたいかというと、間が空いちゃって参加しにくくなっている方も、気にせずまた参加してくださいね♪
ということです。

今朝もおはようございます。

「呼吸法やってるからイライラしない?!」
これ、私が呼吸法を続けながらも何年もとらわれていた思考でした。

 

呼吸法の効果として、イライラなどの急激な感情の乱れと付き合いやすくなる「情動のコントロール」が言われています。
呼吸が浅いとイライラしやすくなるし、呼吸を深めるだけでもイライラが和らぐと、よく知られています。それを目的に呼吸法をやっている方も多いでしょう。

 

呼吸法に限らず何かをする時には、目的を持ったり、効果を期待することは良いこととされています。むしろプラセボ効果からの相乗効果も見込めることがあるでしょう。
でも、それらにとらわれてしまったら、本当に感じていることに蓋をし、無意識に無理や我慢を続けることにもなります。

 

私が呼吸法を始めたのも、イライラをどうにかしたかったからでした。実際にかなりの効果を感じました。

 

でも、続けるうちに気づいたのは
「呼吸法をやってるからイライラしちゃいけない」と、本当に感じていることに蓋をしている心でした。

 

そして、その先に見えたのは、
「イライラする私も、私は好き♬」だったんです。

 

とらわれてしまっていませんか?
もっと、あなたの呼吸に委ねてみませんか?

Translate »