コンテンツへスキップ

2017年11月11日(土)・12日(日)に福島県郡山市で、撮影会を開催しました。

主催くださったのは、パン屋さんなのか、イベント招致プランナーなのか、仙女なのか、どんどんわからなくなっていく安田紀子さん

↓紀子さんによる撮影会後録↓
秋の撮影会は濃厚な2日間。

 

暖かい日が続いていたのに、11日の朝は超寒・・・
太陽はでているものの、細かい雨のふる天気雨で、虹が出ていました。

 

 

過去2回開催していただいていて、そのときはグループ撮影会(複数人で一緒に撮影場所を回りながら、お一人ずつ撮影する)というスタイルを撮らせていただいておりましたが、今回は、1対1でじっくり撮影するスタイルで開催いただきました。

そして、ほっておくといつまででも撮っていて、次の方を待たせてしまうという失態を犯す私のために、紀子さんがタイムキーパーをしながら、モデルさんの衣装チェックや魅力を引き出すお手伝いをしてくださるという、スペシャルな撮影となりました。

 

撮影中は、いつもはもっとお話をしながらぐいっと引き出そうとするのですが、今回はとにかく呼吸を静めながら撮りました。

すると、みなさん、静かに自分の世界に入っていくんですよね。
何度も私が吸い込まれそって、シャッター音で我にかえる、繰り返しでした。
それくらい、世界観を持っている方ばかりでした。

 

撮影データは、撮影当日に最小限の現像処理を施し、お一人50枚ほど送付。
2日目の撮影データは、翌日までひきづってしまいましたが、
お送りしたらすぐに、プロフィール写真を更新してくださったり、チラシにお使いくださったりと、皆さんお仕事が早くてびっくりしました。

撮影写真などは、ご承諾いただけたもののみ、instagramなどで公開していきますので、よかったらチェックしてください。

八木橋スミコのinstaramはこちら

 

この撮影会の少し前から、心中がグワングワンと変化していて、
「うわ〜、これはなんなんだろうな〜?」
と思っておりました。


紀子さんのサロンで、イラストの紀子さんに見られながら、虹色のハンモックに揺られる。

 

それはね、11日夜に紀子さんのサロンでご飯をいただきながら明確になりましたよ。
前回の撮影会後も、このサロンに訪れた後に、ちゃんと曲がり角を曲がれました。
今回も、行きたい方に行くために、ちゃんと曲がり角を曲がろうと思います。
いや、曲がるというより・・・
「幹線道路の脇道ばっかり走って、信号で止まってばっかりいないで、ちゃんと登りなさいよ」って話です。

高架を登らず側道を走り続けても、同じ方に行けるんですが、曲がるかもしれないからって側道を行って、交差点にきては「勇気がないからやっぱり曲がらない」って決めてまた前進する。
(環七想像できたあなたは正解♪)

前に進むって決めて、高架を登ればいいだけなんです。
たったそれだけ。

と、紀子さんのサロンで気がつきましたとさ。
さ、どうなることやらね。早速動きます。

 

最後に、撮影場所にお借りした、郡山公会堂(周辺)ですが、本当に素晴らしい建物でした。

外観だけでなく、人の手が丁寧にかけられた場所で、開催されているイベントの魅力だけでなく、場所のエネルギーが相まった、居心地の良い場所でした。

また、企画から許可申請・承認まで、電話とFAXだけでのやりとりでしたが、職員の方々がとっても温かくって、本当に感謝しています。
ぜひ、郡山に行く機会があったら、訪れていただきたい場所の一つです。

 


隣接する中央公民館の中から望む、郡山公会堂

 

先日、
「素敵ですね」って言われるようになる超簡単な方法
という記事を書きました。

そこに書いたことは、
私が写真を撮ったり、撮られたりする中で気づいたことだったりします。

 

で、「素敵ですね」って言われる超簡単な方法って、写真を撮られる時も使えるんです。

つまり、
容姿に関する言い訳をしなければ、素敵に撮ってもらえることが増えるんです。

プロにとってもらう時も、
スマホで友達に写真を撮ってもらう時も。

 

とはいえ、
言い訳を口から発しなければいいかというと、そうではなくて、
「顎のたるみだいじょうぶかな?」
「痩せて見えるかな?」
って考えているだけでも、写真からみたら言ってるも同然。

なので、
素敵に写真を撮ってもらうためには、「容姿に関する言い訳を忘れる」が大切だったりします。

でも、
撮ってもらった写真を見返したときに、
「やっぱり顎がたるんでる・・・」とか
「私は写真写りが悪いんだ」
って、容姿に関する言い訳が出てきちゃったら、意味がないのですよね。

 

容姿の嫌いな部分が出ないように、照明やポージングなどを駆使し、うまいこと撮っていただくこともできると思うのですが、私が撮る時は、それだと嘘をつかせているみたいでできなくて、(って本当は技術がないだけですが)
今は、こんな風に撮影しています。

 

step1 容姿に関する言い訳を忘れてもらう

容姿に関する言い訳を禁止して、我慢してもらうのではなく、
撮られている間は、言い訳を忘れてもらうようにしています。

でも、
「忘れてください」
と言ったところで忘れられないので、
「好きなことはなんですか?」
などお聞きしています。

 

「夢を語ってもらう」というのもいいのでしょうが、
ほとんどの人にとって、頭に描いている夢って、本当は思ってもいない夢だったりするのですよね。

「夢を語ってください」
という質問によくある答えが、
「ハワイに住みたい」
「◯◯のお仕事で人を幸せにしたい」
だったりするので、それがご自身も気づかないくらい嘘っぽいときは、そっと話をそらすこともあります(笑)

 

step2 好きなことを話してもらう

ということで、好きなことを話してもらうのですが、

好きなことって「食べるのが好き!」とか「旅行が好き!」とかいうレベルではなくって、「霜を踏んだ時の感覚が好き」とか「昔行ったあの場所で感じたスリル感が好き」みたいなものだと私は考えています。

もしくは、
子供が、親に「やめなさい!」って何度言われても隠れてやっちゃうようなことだったり、自分の言葉でとめどなくお話が溢れてくることだったりすると思うんです。

そうなると、容姿に関する言い訳を忘れられるだけでなく、
いつも周りの方々に見せている、いつも通りの素敵な表情が出てくるのです。

 

step3 好きなことを感覚的なところまで細分化し、直感的に深掘りする

 

これこそ、私の「好き」なことなのですが、

その方の「好き」を感覚的なところまで細分化していくんですよね。
「好き」って、step2で書いたように、頭で考えることじゃなくて、感じるものなんだと思うのです。

だから、細胞レベルで「好き」がわかると、その感覚って持続するのです。

 

そこまでくると、呼吸がどんどん深くなっていきます。

自分の「好き」がわからないという方でも、呼吸を見ていると、
「このパーツが好きなのかも」
というのが見えてきます。

それが見えた瞬間に直感的に深掘りしていきます。

具体的に説明したいのですが、
私が考えてしまうと被写体も考えてしまうので、
考えず、感覚的に、直感的にやっているのえ、説明できません(笑)

 

すると、どんどん自然で素敵な表情が溢れてくるんです。

それだけでなく、
呼吸が深まるので、緊張がほどけてくるので、体もゆるまってきて、
ポージングもお願いしやすくなります。

 

1年以上前の写真ですが、この時もそんな感じで楽しかったな〜。

DSC_2770

「どう伝えるか」「どうわかったら楽しいか」を探す温かい人 大金礼子さん

 

 

なんでこんな撮り方をしているのか・・・?

写真を撮られる時だけではなく、日常でも「I'm OK」と思えるためなんです。

たぶん、これ以外にも素敵に写す方法はあると思うのですが、
撮ったら終わりなのではなく、そこからの方が大事だったりするのです。

それは、「好き」という感覚がわかることだったり、
「好き」を感じている自分の表情を見ることだったり、
その写真を見た家族が、「そうそうこの表情だよね」って言われて気づくことだったり、そこを大切に撮っています。

 

このやり方、ご家族を撮る時にも使えるので、もしよかったらやってみてください。

ちょっと(かなり?)わかりにくいかもしれませんが♪

 

一回では分からない可能性もあるのですが、「どんな撮影なの?」と気になった方には、撮影会もおすすめです。

2017年11月11日(土)・12日(日)@福島県郡山市

2017年11月11日(土)・12日(日)に福島県郡山市で撮影会を開催します

 

 

素顔の自分を好きになるプロフィール写真

 

実際に素敵なら「素敵ですね」って言われるのは当たり前なのですが、
素敵になる努力よりも、重要なことがあると気付きました。

それは、

容姿の言い訳をやめること

それだけ。

 

 

ここ3〜4ヶ月で「素敵ですね」って言われることが激増しています。
そんなナルシスト的な告白ですみません。

外観は何もいじっていません。

なんなら、
美容院には1年近く行けていません。

化粧も、すっぴん度と頻度はアップしています。

あれ?もしや「素敵ですね!」って社交辞令?
いや、私はみなさんの正直さを信じています(笑)

 

ただ、本当に

容姿の言い訳をやめたら

「素敵ですね」って言われるようになりました。

 

 

 

なんですが、せっかくなのでちょっと言い訳してみましょっか。

この写真なんて、


photo by naomi

前日お風呂に入りそびれて、髪の毛ベッタベタだし

 

この写真なんて、


photo by 次女

本気でパジャマですっぴんだし
(かろうじて歯は磨いた後)

 

この写真なんて、


photo by tsubaki

汗だく撮影中で、歯もむき出しだし

 

でもね、写真を撮られるたびに、自分の容姿を言い訳していたら、
見る方もそこに意識が向いてしまうんですよ。

ほら、上の写真も、私が言い訳したところが気になり始めませんでしたか?

 

「私って素敵〜」って無理して思う必要はないんです。

でも、
「私ってこんなだから・・・」って言い訳するのをやめるだけで
「素敵ですね」ってなるのですから、
本当にありがたくて「ありがとうございます!」って心から思えるようになるんですよ。

 

自分の容姿を、
「シワシワだから」
「太ってるから」
「安い服着てきちゃったから」
と、見られるたびに言い訳をしていると
言っている自分もそこに意識が集中してしまうので、
嫌いなところをもっと強調してしまうことすらあるのです。

 

そしてね・・・もっといいますよ。

容姿に関する言い訳を、人に言われたことがあるとは思うのですが、
言われた時になんて答えましたか?

「そんなことないよ〜!」
「これ似合ってるよ!」

とか、どうにか相手をフォローしたりしませんでしたか?

でも、ごめん・・・私は、せっかく一緒にいる楽しい時間を
そんなフォローのしあいにに費やしたくないよ。

 

それでも言い訳を続けてしまうのであれば、
「みんな、そんなこと気にしてないよ。」
って教えてあげたい。

それよりも、今という今は「有難い」一瞬であり、
今のあなたは、なによりもかけがえのない存在なのですよ。

 

 

<<2017年11月11日(土)・12日(日)福島県郡山市で撮影会を開催します>>

私が撮影し始めると、みなさん言い訳がピタッととまるのです。

今回も楽しみです!!!

今日は7回目の結婚記念日です。

最近は「今度は旦那さんにも会いたいな」と言われることがとにかく多くて、
「私じゃなくていいんかい(笑)!」と突っ込みながらも、心底嬉しく思っています。


私の親友飲み会で、お料理を作ってから漂う夫(奥)

 

そんな風に今は興味を持っていただけている夫ですが、
結婚すると決めた時は、私の友人だけでなく、夫の友達にすら「ダメ男」認知された人でした。

私たちは、付き合い始めて1年経たず妊娠した、いわゆるできちゃった結婚でした。

ですが、その頃の夫は、運送会社のパートタイマー
かたや私は、上場企業で働く正社員

ついでに、前職で精神的ダメージを受けていた夫は、私の知人のカウンセリングを受けていたのですが、その友人に「ダメだ、別れな」と言われ、
彼の友人からも、「あいつは本当に大丈夫か?」と連絡が来たほどでした。

 

ですが、ここでちょぴっと彼をフォローしておくと・・・

彼はとにかく優しくて、知識のジャンルも広く、世代を超えていろんな方と話ができます。

一緒にいる時は、レディーファーストは当たり前で、どんなに寝不足で体調も悪くても、私を優先してくれるけれど、「俺って優しいだろ」オーラは一切ありません。

2回目のデートはなんと富士登山だったのですが、辛い山道でも私を楽しませようと、ず〜っと面白いことばかりしてくれていました。

乗ったバスに大きなハチが入ってきて騒然となった時も、彼がすっと立ち上がり捕まえて逃がしてくれました。

結婚前から、私に美味しいお弁当を嬉しそうに作ってくれていたり、私の食を立て直してくれたのは、まさに彼でした。

 

でも、とにかく自信のない人で、自信のないスイッチが入ってしまうと全く何もできなくなってしまう人なのです。
それなのに、気性が荒い私がそばにきてしまったものだから、私が一緒にいると彼はどんどん自信をなくしてしまっていたのです。(その時はそれに気づかず・・・。)

 

 

子供ができたのは二人の責任ですし、子供がつないでくれた縁と思い、
私たちは結婚することを選びました。
その時は、私が家長になれば問題はないと思ったのです。

その後、入籍後に、夫の就職が内定し、
長女を出産した、その翌日に東日本大震災が起こりました。

これを機に、家族の絆が深まったり、縁が切れた人たちもたくさんいますが、
我が家は、ありがたくも長女が私たちの縁を、しっかり繋ぎとめてくれていました。

 

 

よく言われること
「結婚はゴールではなくスタート」

まさに、私たちもいろんなことが始まりました。

その一つが、私のモラハラでした。

もともと気性が荒く、2歳年上の姉をいじめ、同級生の知的遅れのある子をこっそりいじめ、友達を罵倒し嘔吐するほどのストレスを与えたこともありました。

そんな私のモラハラが再爆発していたのです。

それまでも、私が感情をコントロールできないことで、人間関係だけでなく、仕事もうまくいかないことばかりでしたが、私の人生で一番それをかぶったのは、夫だったのかもしれません。
(母にもぶつけていたことがあるので、それはまた別の機会に書きます)

 

収入が私よりも低いことを見下し、
決断できないことにイライラをぶつけ、
彼の全部の行動を否定していました。

ものに感情をぶつけて、いろんなものを壊しました。

何度、「離婚しよう!」言ったことか。
何度、「それは嫌だ」と彼に言われたことか。
その度に仲直りをしては、不安な毎日を過ごしました。

 

そして、私が呼吸法に出会い、次女が生まれ、
我が家に流れる空気が徐々に変わり始めました。

私が、呼吸法で思考しすぎることを手放し、自分の心の手綱を握ろうとするたびに、
家の中からものが減りました。
人との付き合いも減りました。
ものや関係に我慢するのをやめていったのです。

最後には、大黒柱のはずの私が、会社員を辞めていました。

夫は、おっとも不安だったでしょう。
それでも、「僕が何を言っても無駄でしょ?」と受け入れてくれました。

思い返してみると、彼が私の行動を猛反対したのは一度だけで、
私がネットワークビジネスを始めた時は、私がどんな説明をしようと、一切首を縦に振りませんでしたね。

関連記事:4年半続けてきた呼吸法で腑に落ちた 「過去と他人は変えられない」

 

とまあ、そんなわけで、収入は激減したのですが、
そこから2年半。

夫の収入も少しずつ増え、
私もパラレルワークでそれなりの収入が得られるようになりました。

 

結婚した時に思っていた
「私が家長になれば・・・」という思考は消え去り、
お互いが最高の理解者であり、
お互いが生かし合うには?をお互いに考えています(たぶん)

 

先日、私が仕事の悩みを、頭の中がこんがらがったまま相談をしました。
「こんな表現じゃ、わかんないよね?」と聞くと、
「スミちゃん、大丈夫だよ。スミちゃんが考えてることも、どういうことが起こってるかもわかってるよ」という答えが返ってきました。

以前ならば、
「あんたに何がわかんのよ〜!」と思っていたでしょう。
でもこの時は、「本当にわかってくれている」と感じたのです。

 

以前は、夫がお料理を作っても
「味が濃くなりすぎちゃった、おいしくないよね、失敗したね、ごめんね」
と言い訳しながらお料理をだしてきていたんが、
最近では、
「おいしくできたと思うんだけど、どう〜?!!!」
と嬉しそうにお料理を出してくれるようになりました。

昔から彼のお料理は美味しいのですが、最近はお料理自身が喜んでいるようで、
またまたどんどんおいしくなっています。

夫が作ってくれる、休肝日な優しい夕飯に、ドンタコスを持ち込む妻 #ドンタコス

Sumiko Yagihashiさん(@shiosumi)がシェアした投稿 -

 

この7年を振り返ると、とんでもなく変化しています。
これからも、どんどん変化していくことでしょう。
状況として悪くなることもあるでしょう。
でも、それでもいいよね、って気分です。


すっぴんの私と、6歳の長女♪

 

誕生日も、結婚記念日も、互いにプレゼントは辞退しあい、
本当に欲しいものがあるときに、本当に欲しいものを買いあう我が家。

今日の夕飯は、いつもどおりの粗食で、いつも以上にありがとうを込めようと思います。

 

<おまけ>

夫は私のinstagramにたま〜に出てきます。
ストーリーの方が出現確率は高いです。
八木橋スミコのinstagram

 

<おまけ2>

10月の呼吸法のクラスは、2席あいております。
https://tsunagaruie.com/breathhome
リクエストいただけましたら、出張講座も参ります♪

 

<<福島県郡山市で写真撮影会開催します>>

2017年11月11日(土)・12日(日)に福島県郡山市で撮影会を開催します。
11月12日(日)9:00〜 呼吸法のクラスも開催します。

 

<<女性限定・無料 朝のオンライン呼吸法 開催中>>

【女性限定】朝のオンライン呼吸法

我が家にはテレビがありません。

<関連記事>
テレビのない生活 メリットとデメリット

テレビはないのですが、
NHKオンデマンドや、amazonプライムを契約しているので、
パソコンやタブレットで観ることができます。

 

長女は小学校1年生
次女は年少

家族みんな家が大好きで、超インドア家族ですが、テレビがありません。

 

 

そんな我が家に、テレビがないがゆえに悲劇が起こりました。
(オーバー気味に表現しています)

 

ある夫不在の週末のこと、
娘たちが、朝からタブレッドにかじりつき、タブレットを奪い合う。

そこまでは想定内だったのですが、
「いつまで見るか、自分たちで決めようね」
「今日したいことがあったよね?どうする?」
という私の声かけにも、一切返事がなくなりました。

ちょっとずつ声をかけ続け一時間後。

私、ブチ切れることにいたしました。
(私、呼吸法でメントレしていまし、あたかも気長に子育てをしているような記事を書いていますが、怒らないわけではないのです♪)

関連記事:呼吸法で子育てが楽しくなる〜待つ子育て、感じる子育て、信じる子育て〜

以下、私の行動の大人気なさは、指摘しないでくださいね。

 

プンプンオーラ全開でだしまくり、
「ママ、一人で行ってくるわ」
「バタン」←玄関ドアの閉まる音
(と言っても、ゴミ置場にゴミを捨てに行くだけ。)

異変を感じた次女の
「ママ行かないで〜」
というギャン鳴き声が背後から聞こえてきます。

必死で追いかけてきた姉妹に、
「玄関の鍵閉まってないけど、大丈夫なの?」
と、プリプリして言うと、すすり泣きながら帰って行きました。

 

悲劇と言ってもこの程度ですが、
子供達にとっては、「ママに見捨てられた」という恐怖の数分間だったと思います。

それに、週末でもやっておきたい仕事がある私としては、
子供達を外に連れ出す必要もなく、
静かにタブレットを見ていてくれるのは楽なので、
そんな私の思いが、この現実を作ってしまったのかもしれません。

なお、
事前にルールを作れば、とか、別の対応方法があるでしょ、というアドバイスは一切不要なのでご理解を♪

 

 

言いたいのか、ここからです。
この後の長女が素晴らしかったんです。

私「ママは、ママが何度も話しかけているのに、答えてくれないのが嫌だった。」
長女「ごめんなさい」
私「謝らせてごめんね、でも、ママは寂しかったんだけど、どうしたらいいと思う?」
長女「仲直りしたほうがいいと思う」

ここで、私の緊張した頬は緩みました。

私「どうしたら仲直りできる?」
長女「ぎゅーって抱っこしたり、話し合ったりする」
私「わかったよ、じゃぁ、ちゃんとお話しよう。」

 

A4用紙を広げ、それぞれが思ったことを書き出しながら、話をしました。

 

そして、3人の気持ちがまとまったところで、みんなでハグをして仲直りをしました。

 

怒られて怖かったあとなのに、硬直することなく、かつ、感情的にならずに、
自分の思うことをしっかり話すことができた長女に「うちの子すごい!」と思いながら、話をしていました。
(次女は、一人空想の世界に飛んでおりましたが)

 

 

 

子育てでは、子育て環境から排除したい文化的物質がたくさんあります。

それはテレビやゲームだけでなく、お菓子やファーストフードや、言葉遣いや人脈もそうかもしれません。

でも、私が自分の子育てを通して思うのは、
それらをとにかく排除し、ピュアに育て、それらのない世界の楽しさを知る子に育てるのではなく、

それらの快楽や中毒性を知りつつも、
時間をかけてでも、自分で戻ってこられる力を持つことが大事なのではないか?と。

 

 

料理上手な夫のおかげで、我が家の食卓には、レトルト食品は使わず、調味料も極力こだわったものを使っています。

ドライフルーツやナッツはあっても、スナック菓子は常備していません。

それでも、
やっぱり子供達は、お菓子が大好きです。
お祭りのかき氷が大好きです。
○イゼリアが大好きです。

でも、いいんです。それでも。
私もそうだったもの。
(サイゼリアは私の時代にはありませんでしたが・・・)

 

 

テレビも一緒。

テレビって楽しい。ずっと見ていたい。
子供達がいない時に、私一人で観ている時もあるもん。

英才教育のごとく、子供の頃が大事だということはあるのでしょうが、
子供が、自分でそれらに依存しない世界に戻ってこられる力があると信じること、
そして、親が子供に案に望みすぎて力んでしまうのではなく、ほどよく諦めて、親自身の人生を楽しむこと。

 

それが私の子育てと、私の生き方なのです。
(今のところは)

 

 

とまぁ、悲劇でもなんでもなかったかもしれませんが、
テレビがないからといって、テレビがなくても楽しめる子を育成できるわけではありません♪

ということです。

 

Translate »