コンテンツへスキップ

幡野広志さんの写真展「いただきます ごちそうさま」

銃口から火花が走る写真を撮ったら、私が撃たれてた。

 

狩猟を見て「可愛そう」という感情が湧き上がる人もいる。
私もまだまだそうだけど、切り刻まれスーパーに売られた肉は、口にする。

 

写真展の帰り道、車にひかれた猫が道の真ん中に横たわっていた。
まだ足がピクピクと動いている。
オフィス街の裏路地といえど車も通るし、人通りも少なくない。

なのに、周りの通行人と同じように私も目を背けて素通りして来てしまった。

 

私、写真展でなに感じて来たんだろう。

-----
Ego - Art & Entertainment Gallery
幡野広志 写真展「いただきます、ごちそうさま。」 東京都中央区日本橋本町4-7-5
JR神田駅から徒歩5分ほどの場所です。

火曜 水曜 10:00〜17:00
木曜 金曜 13:00〜20:00
土曜 日曜 12:00〜17:00
月曜 休館

入館料1000円(ワンドリンク付き)

「5分って結構長いですよ」

先週末お邪魔した、山梨県北杜市のひのはる庵 松浦 寿郎さんの言葉です。


先週末、その松浦さんが開催されている、
2泊3日の坐禅断食に参加しました。

その休憩時間に松浦さんがぽろっとおっしゃったのが、
冒頭の言葉でした。

 

いつもは「あと5分しかない」としか思っていなかったんですね。
5分ってなんにもできない時間だと思ってたんですね、私。
子供達にも「あと5分しかないよ!早く!」ってしか、
5分という時間使ってこなかったなぁ、と振り返る。

 

ひのはる庵での時間が特別だというのは間違いないのだけど、
「時」には時間軸以外にもいくつもの軸が交差しているんだなぁ、
と言葉にならない感覚を味わっていました。

 

リピーターさんの多い、松浦さんの坐禅断食。
私もまた夏ごろお邪魔する予定です。

 

写真は我が家の窓から見える朝日をフィルムカメラで撮ったもの。フィルムの入れ方を失敗してフィルムがよれてしまったようで縦線が入っています。それすら模様。

片付け方を学んでいたころより、
呼吸法をはじててからの方が部屋はキレイ。

 

片付けて心が整う人もいれば、
心を整えれば部屋が片付く人もいる。

私は後者だったね。
いや、ハイブリッドだな。

遅刻スレスレの登校時間になって長女が「お腹が痛いの」と。

 

今日の打ち合わせスケジュールと
登校時間がよぎったけれど、
全部切り捨てる気持ちで、
彼女の心に耳を傾けました。

 

「でもね、なんでお腹痛くなったのか、わかってるの…」
とぽつりぽつり話し始めました。

「昨日、みんなが遊びにきてくれたのに、みんなにイライラしたり怒ったりしながら遊んでたらお腹が痛くなったの」
と。

 

おもわず
「それに気づくってすごいことだよ!」
とゾクゾクっと感動しちゃいました。

 

昨晩は年下の子たちが遊びにきてくれたので、
長女はお姉さん風をビュンビュン吹かせていたのです。

だけど、体は正直だね。

 

今週4月19日(木)に、我が家で「体の声を聞くワークショップ」を開催します。
イベント詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1631534400256579??ti=ia

 

体の声を聞きながら、心の声が聞こえてくるんだろうな。
心の声を聞いてたら体との付き合い方も楽になるよね。
今朝の出来事を思いながら、ワークショップへの繋がりを感じました。

 

さて、長女はというと…
ひとしきり言葉にしたら、軽い足取りで学校に行きましたとさ。

6時に起きて
片付け・掃除
お白湯飲んで
朝のオンライン呼吸法
太陽礼拝(ヨガ)
(+ご飯のお鍋を火にかける)

 

以前はこのあとすぐに
メールやらなんやらに費やしてしまっていたのだけど

今はここに、マヤ暦のダイアリーを書く3分を追加。

 

あれもこれもと欲が出てしまうのだけど、
呼吸法のあとの体も心もピュアな時間は、
ヨガとダイアリーがしっくりきています。

Translate »