コンテンツへスキップ

あけましておめでとうございます。

イノシシ年に突入しましたね。
干支を意識するのは、この年末年始くらいなもので、特に年賀状を書く時に
「来年、何年だっけ?」とイラストを探す時が最高潮なのではないでしょうか?

とはいえ、ここ数年、年賀状を出さない派が増えていて、日本郵政もアイドルを起用して年賀状離れを引き止めようと必死。
なのに、嵐大好きな私の友人は早々に「年賀状やめる〜」と手放していました。


そんなご時世ですが、年賀状はだしましたか?
それもとも、ださなかった?
もしくは、SNSなどでのご挨拶に変えましたか?

私はというと・・・

だしたくて、出しました!

社交辞令かもしれないけど「毎年楽しみにしてるよ」と行ってくれる人たちに届けたいんだもん。
「最近はこんな雰囲気で写真を撮ってるよ」って伝えたいんだもん。
一番は・・・「うちの娘たち、こんなにいい具合に育ってます♫」って伝えたいんだもん。

つまりは、我欲(笑)


とはいえ、ありがたいことに、私が撮る年賀状は評判が良いんです。
それゆえに、プレッシャーも感じるのですが、時勢を言い訳に逃げることなく、今年の年賀状も撮りました。

スタジオ部屋でデザインしやすいように撮るか・・・
この際、家族4人でジドリ(自撮り)するか・・・
  ジドリとは・・・
屋外でのびのび撮るか・・・

色々考えましたが、どれも撮りたいと思えない。
私は、どう撮りたい?そう考えた時に浮かんだのは、ここでした。

キッチンのカウンター

14時ころの自然光、刻一刻と光の入り方が変わるので、子供達の表情と光を捉えるのが難しい。

でも、そこは「さすが、娘たち!」
ピースをしたり、取り繕った表情をすると、写真を撮ってもらえないと知っていて、自分たちが自由に楽しそうにしているときほど、写真を撮るママも楽しそうに写真を撮ってくれる、とわかっているんです。

撮影時間15分、撮影枚数50枚。
編集、入稿データ作成に30分。
モデル育成には7年・5年♫

今年も楽しく撮れました。ありがとう!


さて、
年賀状をだしていない人から、年賀状が届いたら、どうしていますか?
私は、送りたいと思ったら送ります♫

またまた我欲(笑)

それくらい、送りたくて送っている年賀状なので、届いた場合は「私も送らなきゃ!」と思うことなく、気楽に受け取ってくださいね♫


<<家族写真>>
ご家族の写真も撮らせていただいてます。
特別な日だけではなく、普段の家族の姿を残しませんか?

https://tsunagaruie.com/familypics

10月17日(水)スタジオジドリ開催します!


↑初めての自撮り作

▼開催日時
2018年10月17日(水)
10:00〜11:00
11:30〜12:30
13:00〜14:00 ご予約済み

▼定員
各回1名
※お子様連れでも大丈夫です。

▼参加費
5,800円
※事前にお振込をお願いします。

▼場所
東急世田谷線沿線 八木橋自宅
※お申し込みいただいてから、ご案内いたします。

▼お申し込み
下記の申し込みフォームから、お申し込みください。
https://tsunagaruie.com/breathingpics

 

スタジオジドリは、八木橋スミコがご提供する自撮り撮影メニューです。

自撮りなので、ご自分でシャッターを切っていただきます。

スマホで自撮りをするときは、自分の姿を見ながらシャッターボタンを押すことが多いでしょう。でも、スタジオジドリでは、どんな風にカメラに写っているのかを想像しながら、ご自分でシャッターを切っていただきます。

なんのために、そんな自撮りをするのか?というと・・・

 

写真を撮られる時「いい具合に写っているつもり!」が、その写真を見てみたら「全然いい具合に写っていな!」なんて経験がある方もいるかと思います。


↑結婚前に夫が撮ってくれた、写真が大嫌いな頃の私

 

スタジオ自撮りでは、自撮りを繰り替えすことで、
「見えているはずの自分」=「実際に見えている自分」に近づくよう、チューニングをしていくことになるのです。

私は、写真を撮られるのが苦手で、自分が写った写真を見ながら「しょうがない、私は写真写りが悪いんだ」と諦めていました。

そんな私が、写真を撮るようになり、人のポートレートやプロフィール写真を撮らせていただくようになり、どうしたらその人の自然で素敵な表情を引き出せるんだろう?と模索してきました。

 

だから、いかに表情を引き出すかは、カメラマンの腕の見せ所だわかっています。

もっというと、人物写真にはカメラマンさんのお人柄が現れると、自戒と尊敬のを込めて感じていました。

 

でもね・・・
撮るほどに、そして私自身も撮られるほどに、本当にそれはカメラマン任せでいいんだろうか?と思うようになったのです。そして、スタジオジドリに篭り(こもり)、自分のシャッターチャンスを探し、自撮りを続けました。

 

スタジオジドリは、「自分を見せる術」をご自分で掴んでいただくための自撮り部屋です。


↑呼吸法する八木橋 これも自撮りです

写真の撮られ方を、体感しながら気づくことができるだけでなく、自分の体や心の動きの癖に気づくことで、写真を撮られる時だけでなく、日常のあなたの姿も、チューニングしていくきっかけになるはずです。

 


▼開催日時
2018年10月17日(水)
10:00〜11:00
11:30〜12:30
13:00〜14:00 ご予約済み

▼定員
各回1名
※お子様連れでも大丈夫です。

▼参加費
5,800円
※事前にお振込をお願いします。

▼場所
東急世田谷線沿線 八木橋自宅
※お申し込みいただいてから、ご案内いたします。

▼お申し込み
下記の申し込みフォームから、お申し込みください。
https://tsunagaruie.com/breathingpics

 

▼流れ

<<事前に・・・>>
お申し込みいただいたところから、始まっています。
メールやLINEであなたのことを教えてくください。
<<当日>>
・流れのご説明
・撮影のポイントを伝授
・メイクや衣装直し(ご自身でお願いします)
・撮影・データ確認を繰り返しながら、自撮り撮影
※白背景・バストアップの撮影がメインとなります
・八木橋撮影

▼撮影データのお渡し方法
以下のいずれかからお選び頂けます。
・オンラインアルバムにて、データ渡し
・USBメモリ、SDカードをお持ちいただければ、そのままのデータをお渡しします。

▼他にも・・・
・自撮りだけでなく、八木橋が数枚撮影させていただきます。
・必要に応じて、現像処理をしてデータでお渡しします。

 


初めての試みですが、自分に還れる経験を、お持ち帰りいただきたいと思い、全力でフォローしてまいります。

ぜひ、スタジオジドリのシンプルな世界を体感してみてください。

7月5日(木)から8日(日)の4日間、
写真と筆文字の表現展「そっとそっとその手の中に展」を開催し
無事に終了することはできました。

西は広島から(福岡と東京2拠点の方もいらしてた!)、
北は富山から、
0歳から86歳まで136名の方々においでいただけました。

この一年ほどは、「撮る」というよりも、
「生活=撮る」だったのではないかなと思います。

逃げていたようにも感じてきましたが、
表現展をやって見て思うのは、必要な時間だったということ。

「生活=撮る」だったので、今回展示した作品の多くには娘たちが登場します。

それが気になり、「親バカ写真ばかりですみません」と言った私に、
相方 小林 佳織さんが、「すみちゃん違うよね、それも含めてあなたの作品でしょ?」と言ってくれました。

今は、私の半径1メートルが作品になっていくような生き方がしたい。
そう、あらためて再認識できました。

写真は、今朝、呼吸法を終えたころに起きてきた娘。まさに半径1メートル。

骨格スタイル 40代からの Tシャツコーディネート: 「理論」と「似合わせ」でいつもの服がセンスアップ! 骨格スタイル40代からのコーディネート Kindle版

amazon → https://amzn.to/2J7Q4E5

この書籍の写真を、2017年のいまごろ撮影をさせていただいていました。

骨格診断・スタイリングのプロ4人が作った、大人のためのTシャツ本です。

 

ぶっちゃけそれまで、Tシャツに素材デザインだけでなく、
サイズ感や丈感、パイピングの幅や、リブの幅だとかを
考えたことのなかった私にとっては、

「なぜこのシルエットや素材が似合わないのか」
「なぜこの骨格だと、Tシャツのフィット感とボトムスや小物のコーディネートはそうなるのか」

なんて情報には驚くばかりで、かつ

似合うコーディネート ⇄ なんかへんなコーディネート

が、目の前で解明されていく様を、
撮影させていただきながら、特等席で見せて頂いたわけです。

 

私自身が読者目線でも撮影させていただいたわけですが、
その私が、今年はどうなったか・・・というと

それまでは、
大きな図体がどうにか小さく見えるようにと
面積の小さいTシャツを選んでいたのですが、

それは逆効果だったと知り、
普段よりも大きめサイズで丈長デザインをチョイス。

この本の著者 しらすぎ もとこさんにカラーも見ていただき、
「スミちゃん、ナスビ色似合うわ」ということで、
肥やしになっていたスカートと、超デカカゴバッグを合わせてみました。

まだまだ改良の余地ありですが、
まずは、この書籍のおかげで、Tシャツはお気に入りが一着手に入りました。

電子書籍代300円で内容は濃厚なので、
ぜひスマホに入れて、Tシャツショッピングに出かけてみてください。

 

そのついでに、八木橋の撮影写真もチェックしてくださいね♪

「5分って結構長いですよ」

先週末お邪魔した、山梨県北杜市のひのはる庵 松浦 寿郎さんの言葉です。


先週末、その松浦さんが開催されている、
2泊3日の坐禅断食に参加しました。

その休憩時間に松浦さんがぽろっとおっしゃったのが、
冒頭の言葉でした。

 

いつもは「あと5分しかない」としか思っていなかったんですね。
5分ってなんにもできない時間だと思ってたんですね、私。
子供達にも「あと5分しかないよ!早く!」ってしか、
5分という時間使ってこなかったなぁ、と振り返る。

 

ひのはる庵での時間が特別だというのは間違いないのだけど、
「時」には時間軸以外にもいくつもの軸が交差しているんだなぁ、
と言葉にならない感覚を味わっていました。

 

リピーターさんの多い、松浦さんの坐禅断食。
私もまた夏ごろお邪魔する予定です。

 

写真は我が家の窓から見える朝日をフィルムカメラで撮ったもの。フィルムの入れ方を失敗してフィルムがよれてしまったようで縦線が入っています。それすら模様。

Translate »