コンテンツへスキップ

親子で呼吸法@渋谷

日時:2018年1月14日(日)10:00〜11:30

場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室4

入場料:3,000円(当日お支払い)
小学生以下のお子様は無料です

申し込みhttps://tsunagaruie.com/breathclass_appl

※お子様はいくら騒いでも大丈夫です
※お子様とご一緒でなくても、ご参加いただけます
※お子様だけのご参加は、ご遠慮ください

 

お子様と一緒にご参加いただける呼吸法のクラスを開催します。

 

私自身が、妊娠中から続けてきた呼吸法は、産後も子育ての様々な場面で活用してきました。

呼吸法のよいところは、いろんなシーンに取り入れることができる、ということもあります。

0〜1歳ころは、泣きやまなくて困った時や、睡眠不足で心も体も疲労したときのセルフケアなどに、

2〜5歳ころは、読み聞かせをしながら呼吸法をしたり、なかなか言葉にできない気持ちを汲み取るために呼吸法を生かし、

それ以降は、子供が呼吸を活かせるよう、一緒に呼吸法を実践することができます。

 

 

とはいえ、まだ長女が小学校1年生なので、これからどんな風に展開していくかは未知です。しかし、親の私自身が、呼吸の手綱を握ることができていることで、子供の成長とともに発生する問題や不安に、過剰に振り回されないでいたいと思っています。

ということで、小学校1年生までの我が子でしか実践出来ていませんが、様々な年齢のお子様と一緒に呼吸法をすることで、呼吸法だけでなく、子供の成長ごとの悩みや喜びを共有出来るクラスにしたいと考えています。

 

クラス内容

  • 呼吸法をやってみる
  • 呼吸法に関する、ちょっとした知識
  • 子育てに活かせる呼吸法のバリエーション

 

親子で呼吸法@渋谷

日時:2018年1月14日(日)10:00〜11:30

場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室4

入場料:3,000円(当日お支払い)
小学生以下のお子様は無料です

申し込みhttps://tsunagaruie.com/breathclass_appl

※お子様はいくら騒いでも大丈夫です
※お子様とご一緒でなくても、ご参加いただけます
※お子様だけのご参加は、ご遠慮ください

我が家にはテレビがありません。

<関連記事>
テレビのない生活 メリットとデメリット

テレビはないのですが、
NHKオンデマンドや、amazonプライムを契約しているので、
パソコンやタブレットで観ることができます。

 

長女は小学校1年生
次女は年少

家族みんな家が大好きで、超インドア家族ですが、テレビがありません。

 

 

そんな我が家に、テレビがないがゆえに悲劇が起こりました。
(オーバー気味に表現しています)

 

ある夫不在の週末のこと、
娘たちが、朝からタブレッドにかじりつき、タブレットを奪い合う。

そこまでは想定内だったのですが、
「いつまで見るか、自分たちで決めようね」
「今日したいことがあったよね?どうする?」
という私の声かけにも、一切返事がなくなりました。

ちょっとずつ声をかけ続け一時間後。

私、ブチ切れることにいたしました。
(私、呼吸法でメントレしていまし、あたかも気長に子育てをしているような記事を書いていますが、怒らないわけではないのです♪)

関連記事:呼吸法で子育てが楽しくなる〜待つ子育て、感じる子育て、信じる子育て〜

以下、私の行動の大人気なさは、指摘しないでくださいね。

 

プンプンオーラ全開でだしまくり、
「ママ、一人で行ってくるわ」
「バタン」←玄関ドアの閉まる音
(と言っても、ゴミ置場にゴミを捨てに行くだけ。)

異変を感じた次女の
「ママ行かないで〜」
というギャン鳴き声が背後から聞こえてきます。

必死で追いかけてきた姉妹に、
「玄関の鍵閉まってないけど、大丈夫なの?」
と、プリプリして言うと、すすり泣きながら帰って行きました。

 

悲劇と言ってもこの程度ですが、
子供達にとっては、「ママに見捨てられた」という恐怖の数分間だったと思います。

それに、週末でもやっておきたい仕事がある私としては、
子供達を外に連れ出す必要もなく、
静かにタブレットを見ていてくれるのは楽なので、
そんな私の思いが、この現実を作ってしまったのかもしれません。

なお、
事前にルールを作れば、とか、別の対応方法があるでしょ、というアドバイスは一切不要なのでご理解を♪

 

 

言いたいのか、ここからです。
この後の長女が素晴らしかったんです。

私「ママは、ママが何度も話しかけているのに、答えてくれないのが嫌だった。」
長女「ごめんなさい」
私「謝らせてごめんね、でも、ママは寂しかったんだけど、どうしたらいいと思う?」
長女「仲直りしたほうがいいと思う」

ここで、私の緊張した頬は緩みました。

私「どうしたら仲直りできる?」
長女「ぎゅーって抱っこしたり、話し合ったりする」
私「わかったよ、じゃぁ、ちゃんとお話しよう。」

 

A4用紙を広げ、それぞれが思ったことを書き出しながら、話をしました。

 

そして、3人の気持ちがまとまったところで、みんなでハグをして仲直りをしました。

 

怒られて怖かったあとなのに、硬直することなく、かつ、感情的にならずに、
自分の思うことをしっかり話すことができた長女に「うちの子すごい!」と思いながら、話をしていました。
(次女は、一人空想の世界に飛んでおりましたが)

 

 

 

子育てでは、子育て環境から排除したい文化的物質がたくさんあります。

それはテレビやゲームだけでなく、お菓子やファーストフードや、言葉遣いや人脈もそうかもしれません。

でも、私が自分の子育てを通して思うのは、
それらをとにかく排除し、ピュアに育て、それらのない世界の楽しさを知る子に育てるのではなく、

それらの快楽や中毒性を知りつつも、
時間をかけてでも、自分で戻ってこられる力を持つことが大事なのではないか?と。

 

 

料理上手な夫のおかげで、我が家の食卓には、レトルト食品は使わず、調味料も極力こだわったものを使っています。

ドライフルーツやナッツはあっても、スナック菓子は常備していません。

それでも、
やっぱり子供達は、お菓子が大好きです。
お祭りのかき氷が大好きです。
○イゼリアが大好きです。

でも、いいんです。それでも。
私もそうだったもの。
(サイゼリアは私の時代にはありませんでしたが・・・)

 

 

テレビも一緒。

テレビって楽しい。ずっと見ていたい。
子供達がいない時に、私一人で観ている時もあるもん。

英才教育のごとく、子供の頃が大事だということはあるのでしょうが、
子供が、自分でそれらに依存しない世界に戻ってこられる力があると信じること、
そして、親が子供に案に望みすぎて力んでしまうのではなく、ほどよく諦めて、親自身の人生を楽しむこと。

 

それが私の子育てと、私の生き方なのです。
(今のところは)

 

 

とまぁ、悲劇でもなんでもなかったかもしれませんが、
テレビがないからといって、テレビがなくても楽しめる子を育成できるわけではありません♪

ということです。

 

私が呼吸法を始めて4年半

毎日続けることが大事なのですが、
実際はやらなかった日も多く、
逆に1日に何度も何種類もの呼吸法をやっていた日もあります。

そんなゆる〜い4年半を振り返り
「あ〜、これって呼吸法の効果だわ」
と思っていることを、何回かに分けて書いていこうと思います。

 

<関連記事>


 

私が呼吸法を始めたのは、次女を妊娠している臨月のときでした。

長女は、本当によく寝る子であまり手がかからず、かつ震災前日に出産したということもあり、目の前の子育て環境に感謝しながら、子育てをすることができました。

しかし、もともとの私の性格は、
短気で、勝気で、頑固。

ママ友からは、「イライラは二人目から!!」という助言があり、
二人目を授かった嬉しさと同時に、二人子育ての恐怖におののいていました。

そんなときに出会ったのが呼吸法

すがるような気持ちで始めた呼吸法でしたが、
それから4年半で、想像を超えるような子育てに出会うことができました。

 

待つ子育て

大人は、いつも用事に追われていて、忙しい。
しかし、子供にも、子供のペースがある。

それを待っていてあげたいのは山々だけれど、
子育て中はただでさえやる多いのに、子供同伴だと物事が遅々として進まない。

だから、余計に忙しい。

 

呼吸法をしていると、
これが待てる、いや、待ちたいと思えるようになるのです。

 

 

「早く!」という代わりに、たまには呼吸法をしながら待ってみる。

すると、自然と焦る気持ちが消えてなくなるのです。

焦って呼吸が浅くなっていると、子供の行動にイライラしてしまいがち。

そんなときに、呼吸法で呼吸を深めると、イライラが消えて穏やかな気持ちで待つことができるようになります。

それに、TODOに追われる思考から、最低限のやるべきことだけが頭の中に残り、
余計なことをやったり考えたりすることがなくなるので
行動にも気持ちにも余裕が生まれます。

 

泣いている子供を、呼吸を合わせながら待ってみる。

子供が泣いてしまったら、親が泣き止ませてあげる必要はないのです。

もちろん、親が解決してあげられることもありますが、待ってあげれば子供自ら泣きやむことができるのです。

 

電車やバスの中で、泣き出してしまった赤ちゃんを、一生懸命あやそうと焦ってトントンユラユラするママの姿をよく見かけます。

でも、こういう時こそ、呼吸法。

抱っこもせずに、赤ちゃんの体に少し触れてあげて、
赤ちゃんの泣く呼吸に呼吸を合わせる、それだけ。

私は、この方法で次女を泣き止ませてきましたし、
実際にこれを実践したママからは
「赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまっていたのに、その気持ちがすっかり消えたのでびっくりしました」
という声をいただきました。

 

呼吸を合わせていると、ママの焦っている呼吸も、少しずつ整ってきます。
そして、呼吸がリンクするだけで、赤ちゃんも「ママはわかってくれている」と感じ安心するのです。

 

こんな風に、
呼吸法をしながら待つ子育てをしていると、待ちたくなる子育て
に変わっていくのです。

 

感じる子育て

呼吸法をしていると、考えるから、感じることにシフトしていきます。

 

おしゃべりがまだできない子は、言葉で想いを伝えることはもちろんできないし、
おしゃべりができるようになっても、自分の想いを言葉にできるのは、子供にとってはまだまだ難しい。

大人でも難しいですけどね・・・

 

なのに、子供が何かしでかした時は
「どうしてこんなことしたの?!!!」
と怒って、理由を問いただしたり、

ぐずぐず泣く時は、
「どうしたいの?!!!」
と言葉で聞き出そうとしてしまいます。

でも・・・子供に、本当のことを答えることができるわけないんです。

言葉で説明できるのであれば、子供もそんなことはしていません。
言葉で説明できないから、衝動的に行動したり、モヤモヤしてしまっていることもありますよね。

 

 

息(呼吸)と言う字は、「自分の心」と書きます。
呼吸を観察していると、心を感じることができるようになります。
呼吸法で自分の心を整え、人の心を感じるのです。

そうするとおのずと、子供の心を、言葉ではなく、感じてあげられる子育てになっていくのです。

 

これができると、大人同士のコミュニケーションもスムーズになるんですよ。
実際、私は育休から職場に復帰した時に、パワハラ上司の心が手に取るようにわかるようになっていましたよ(笑)

 

信じる子育て

子供は子供、親は親

だけど、子供のことを、我が事のように感じてしまうのは、親の心理のとっても自然なことだと思います。

でも、それが、親も子供も苦しめてしまうことがあると、感じています。

 

子供を待ち、子供の思いを感じていると、子供と一緒の時間を俯瞰できるようになってきます。

すると、自然と親と子供の境界線が、一本自然と浮き上がってきます。

それぞれが個人として生きることで、自然と子供を信じられるようになっていくのです。

 

その結果、私は、
「うちの子は大丈夫」
と心の中でしっかり信じられるようになりました。

あ、誤解を受けやすい表現なので補足をしますと、
子供を待てるから、待ってあげれば子供が自分で解決出来ると知る経験は増え、
子供を感じられるから、子供の行動の意図や集中を感じてあげられるし、
逆に、
異変はすぐにキャッチできるセンサーも働きやすくなるので、
「うちの子は大丈夫」
と思えるのです。

もちろん、周りの方々にたくさん助けてもらえているから、という感謝もありますよ!

 

愛が溢れだす

そんな風に、呼吸法を取り入れながら子育てをしていたら、気付いたらどんどんと愛情が溢れ出していることに気がつきました。

 

「子供に愛情をかけてあげるには、自分が愛情で満たされていなくてはいけない。」
とよく言います。

その愛情って、
どこかで売っているものでもなく、
誰かに分けてもらうものでもなく、
自分の中から自然にエンドレスで湧き出てくるものなのです。

それが湧き出させるために必要なのは、
聖母マリア様のような天性の素質でもなく、
「今ここに集中すること」
なんです。

 

子育てをしているとなかなか親の思う通りにことが運ばない。
急いでいるときに限って子供が泣き出したり、
やりたいことがあるときに子供がまとわりついてきたり、

だけどしかたがないからと、
心ここにあらずの状態で子供を抱きしめ、
「少し抱きしめたら、あれやって、これやって・・・」と、
脳内は猛スピードで未来のことを考えはじめる。

 

それが、呼吸法を取り入れ「今ここ」に心を戻しやすくなると、

自然とじゅわ〜っと、自分自身が愛情に包まれ、愛情が溢れてくるのを感じられるようになるのですよ♪

 

 

photo by masato

 

 

私が呼吸法を始めて4年半

毎日続けることが大事なのですが、
実際はやらなかった日も多く、
逆に1日に何度も何種類もの呼吸法をやっていた日もあります。

そんなゆる〜い4年半を振り返り
「あ〜、これって呼吸法の効果だわ」
と思っていることを、何回かに分けて書いていこうと思います。

<関連記事>
4年半続けてきた呼吸法で腑に落ちた 「過去と他人は変えられない」


私は呼吸法を始めたのは、
次女がお腹にいる臨月のときでした。

気が短く、常にイライラしていた私。
追い討ちをかけるように、ママ友からは、
「二人目の育児からのイライラは、そんなもんじゃない!!」
と言われ、怯えていました。

そんなときにキャッチしたのが呼吸法だったのです。

がしかし、
呼吸法の凄さを知ったのは、二人目育児が始まる前、出産のときでした。

それも、よく言われる「ヒッヒッフー」の呼吸法ではありません。

出産予定日を1週間後に控えたころから、妊娠後期なんちゃら症とやらになり、
頻繁に産院に駆け込んでいたある日、先生に。

先生「明日、産んじゃお!」

と言い放たれました。

急遽産院に入院し、一人で産院の個室に泊まることになりました。
(かなりストーリーを省いています。)

産院の固いベッドといえど、久しぶりに一人でゆっくり眠れる時間。

数時間後には、陣痛促進剤投与が始まるので、出産に向けてカウントダウンが始まっていました。

しかし、眠いのに、眠れない。

寝たほうがいいとわかっているのに、眠れない。

どうしよう・・・

眠れない・・・

なぜなら・・・

出産が怖いから・・・

そう、一人目よりも二人目の出産のほうが楽とは知っているのですが、
そうは言えど、一人目の痛みの恐怖は鮮明に蘇るのです。

経産婦(二人目以降の出産)でも、出産って怖いんですよね。

このころは、私が呼吸法を始めて1ヶ月経った頃だったのですが、
大きなお腹を抱えてなかなか呼吸を深められず、
呼吸に集中しようとするとお腹がゴロゴロと動き、
呼吸法をうまくやることができないと悩んでいました。

出産すれば、お腹もへっこんで、呼吸を意識しやすくなる。
出産してから、ちゃんと取り組めばいいや、
と思っていました。

が、出産前夜の産院のベッドで、
「こういう時に、呼吸法ってやるんじゃ?」
とはたと気づいたのです。

大きなお腹を抱え、あぐらをかき、呼吸にゆっくりと意識を向け、呼吸法を始めてみました。

いくら呼吸に意識を向けても、呼吸に集中ができない。

頭に浮かんでくるのは、
ママ友が冷たく言い放った「出産は、どう転んでも痛いんだから、頑張れ」という言葉。
長女を出産した時に、助産師さんに「今日は無理!」と叫んだ記憶。
たまごクラブの付録に乗っていた、出産の苦労話。
・・・

「いやいや、呼吸だ!」と思い直して、呼吸を意識しようとするも、
頭の中をいろんな言葉や情報が、ぐるぐると浮かんでくるのです。

それでも、とにかく呼吸に意識を向けようと、
頭に浮かぶそれらの言葉を、手放すことを続けました。

30分近く続けたころでしょうか、
呼吸に集中できている自分がいました。

そして、私の心に浮かんだのは
「早く赤ちゃんに会いたい」
という母として内から湧き出る愛情だったのです。

それからすぐに、温かい気持ちのまま、眠ることができました。

翌朝から始まった出産では、気持ち良く呼吸を意識することができ、
助産師さんに「もういきんでいいのよ〜」とゆったりと言われ!
「え?!もういいんですか?」と驚いたほど、体の力は抜けた出産になりました。

痛みに苦しんだのは、ほんの20分程度。
みんなに羨ましがられるほどの超安産でした。

タイトルの「テニスボール」とは、
陣痛時に尾てい骨をマッサージするのに、テニスボールが最適ということで、
妊婦さんが出産時に持ち込む最強アイテムとして知られています。

「ペットボトル用ストロー」も、
分娩台で喉が渇いた時に水分補給するための、必携アイテムです。

しかし、そんなもの一瞬も必要としませんでした。

(出産は、体質等の要素も大きく関わりますので、呼吸法だけで安産になるとは言い切れません。ご注意を)

この時の経験から知ったのは、
恐怖や不安は、記憶や情報で増幅されるということ。

今ここに意識を集中することで、
内から湧き出るものに気づくことができ、
未来へ向かう力になるということ。

これは、出産に限らず、いろんな場面でも役に立ちます。

恐怖や不安に苛まれ、凡ミスや二次災害につながることもあります。
避けることのできない壁もあるし、過去の失敗を教訓にしても、全てを避けて通ることはできません。

「リラックス!」と呪文のように言い聞かせても、体の力を抜くのはとっても難しい。

それよりも、恐怖や不安を思考から手放していくことで、
自然と心も体も余分な力が抜けていくのです。

と、偉そうに書きましたが、
昨朝はじめて開催した、オンラインでの呼吸法に寝坊しないか心配で、
なかなか寝付けなかったのは、ここだけの話です(汗)

【締め切りました】朝の呼吸法をオンラインで一緒にやりませんか?

2017年9月4日(月)午前「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会◆

日時:2017年9月4日(月)10:00〜12:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4

参加費:3,000円(オンラインも同様)
定員:10名(オンラインも10名まで)
お申し込みhttps://ws.formzu.net/fgen/S62610336/https://tsunagaruie.com/archives/5197

犬や猫のペットを飼えないマンションに住んでいるのですが、
毎日のように、子どもたちが大好きなペットが遊びに来てくれます。

それは・・・

がっかりさせてすみません。

 

子どもたちに
「わんちゃん飼いたい」
「ねこちゃん欲しい」
とねだられては、
すぐには叶えてあげられないことを
申し訳なく思うのですが、

そんなときに、こちょこちょさんが来ると
子どもたちのご機嫌はすっかりなおります。

それだけでなく、
泣いた子も笑顔になり
拗ねた子も心を開き始め
家族の一員のこびとのように
子どもたちは楽しそうに遊びます。

 

やってる私も楽しいので、
日々、こちょこちょさんの演技指導に
余念がありません。

 

2017年8月20日(日)に開催される
おとなの文化祭@こおりやまで、
娘たちが、ビーズストラップをチャリティー販売します。

ぜひ、遊びに来てください。

おとなの文化祭@こおりやまで、ビーズストラップを販売します

 

◆2017年8月20日(日)おとなの文化祭@こおりやま◆

八木橋スミコ写真展と
簡易撮影ブースで出店します

イベント出店は、これでしばらくお休みします。
ぜひ、会いに来てください。

◆2017年9月4日(月)「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会◆

Translate »