コンテンツへスキップ

見返したくなる
ご家族写真となるように

小さなお子様のいらっしゃるご家族は
お子様主導で撮影しています。

 

先日撮らせていただいたご家族写真。


どなたか、お分かりになる方もいらっしゃると思いますが・・・
落合ファミリーは保育園で出会った大好きなファミリーです!

 

0歳の赤ちゃんと
わんぱく2歳ボーイ

わんぱく2歳ボーイに
「家族と並んでニッコリ!」
なんて大変なことなわけで、

晴れ姿の撮影ではありましたが、
彼が走りたいところに行き、
遊びたいように遊ぶ姿を、
撮らせていただきました。

 

撮影のためにお子様に指示をすると
本人よりもパパママが疲れてしまうし、

なによりも
お子様にとって
写真が嫌な記憶になってしまいます。

 

だから、
お子様が写真って楽しいと思えて
ご家族みんなが無理しない

特別な日の普段の表情を

たくさん撮らせていただきます。

 

家族写真撮影には、
私の子育ての思いがつまっています。

といっても、
私の子育てを押し付けたいのではなく、
言いたければ言えばいいし、
泣きたければ泣けばいい。

子供も自由でいいし、
親御さんも自由でいい。

そのご家族にしかないストーリーがあり
そのご家族にしか共感できない感覚がある。

 

私の理想としては・・・

写真を見返しては
「この時こうだったね〜!」と、
ご家族のお話しに花が咲く
ネタになってほしいと願っています。

 

 

<家族写真撮影>
詳細はこちら
https://tsunagaruie.com/familypics

Translate »