コンテンツへスキップ

呼吸法を始めて4年

呼吸法を伝えるようになり
3年が経ちました。

 

何をやっても三日坊主だった私が
呼吸法を続けられている理由があります。

 

それは・・・

 

道具もいらず
タダだから

 

もちろん、
指導を受けたり、
学びの場に出向いたり、
書籍を読んだりで、
多少の費用はかけてきましたが、

ですが、
その出費を止めたところで
息をしているうちは
いくらでも続けられるんですよね。

 

 

ただ、
ここまで続けてきてわかったのは、

自分の意思で続けなくては
自分のためにはならない

ということ。

 

呼吸法は、
自分で自分の心と体の手綱を握ること。

 

自分で決めることではじめて
自分の手綱の存在を感じるのでしょう。

死ぬまで続けても
「わかる」ことはないと思うけれど
それでも続ける。

なぜなら、
タダだから♪


呼吸法の講座を始めた頃に、tsuguさんにとってもらった写真

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べると

太っちゃう!

と思っている方が多いんじゃないか、と思います。

私は逆だと思っていて、

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べられたら

その人のあるべき体型になれる、と思っています。

 

モデルさんのようにひょろっと細いのが誰にとってもBESTなのではなく、
人それぞれの最適な体型があるはずで
そこに近づくには、

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べること

だと思っています。

 

よく言われる、健康的な食の定義・・・
・バランスのとれた食事
・野菜中心の和食
・腹八分目

こういった理論が向いている人は、
ちゃんと管理してダイエットができると思います。

でも、
それでダメだった方は、
理論ではなく、自分の感覚を思い出さないと
ダイエットはできないと思うんです。

 

 

太っていた頃の私は、
毎日お豆腐を食べていたし、
食べ過ぎたらデトックスティーも飲んで
運動もしていました。

痩せるためには
まずは食べたいものを我慢し、
どうしても食べたい時は
ヘルシーなものに置き換えて食べたりしていました。

でも、痩せなかった。


太っているというよりも、デカかった頃の私(左)

 

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べること

そんなことしたら絶対にダメ〜!
って思っていた時に、

明石家さんまさんがTVで
「僕は、好きなものを、好きな時に、好きなだけ食べるよ」
と言っているのを見て驚愕しました。

まさか!って。

 

でも、今は「そのとーりだよね、さんまちゃん」
って思っています。

 

 

好きなものを
好きな時に
好きなだけ食べる

これって実は、
やりたい放題食べることではなく、

自分が今、本当に食べたいものを知っているか。
自分が食べたいと思ったタイミングに気づいているか。
食べて満足した!という感覚を感じているか。

がわかっていることなんです。

 

私がそれがわかるようになったのは、
呼吸法を始めてからでした。

呼吸を意識することを続ける中で、
心の声
体の声
が聞こえるようになっていったんです。

 

とはいえ、
私も家族と一緒に食事をするので
自分勝手な食事はできません。

それでも、
量は自分で調節できるし、
食べるものを選ぶことはできます。

あ・・・実際は、
平日の朝昼、週末は3食とも
夫が作ってくれているので、
私はそれを自分の食べたいように
家族と一緒に食べています。

間食は、体が望まない限り
食べなくなりましたが、
体が欲する時は、がっつりおやつを食べます。

 

 

そして、
呼吸法を始めて一番変わったのは
美味しいと思った時に
心から「おいし〜!!!」ということ。

美味しくて幸せな時は、
心から「しあわせ〜、夫ちゃんありがと〜!!!」ということ。

 

これを繰り返していると、
心と体が欲している食がわかるようになり、
どんどん楽な体になっていきます♪


写真展でしらすぎもとこちゃんが撮ってくれた私

他にも、写真展のときの写真は
成すことよりも楽しんだ、写真展を振り返る

よく勘違いされるのですが、
「太ったことないでしょ?」
と。

いえいえ、
呼吸法を始める前は、
万年ダイエットしていました。

 

熱中症で激やせした時期や、
妊娠時のつわりや
産後の授乳で
食べても食べても太らなかったことはありましたが

次女がお腹にいる臨月のときに
呼吸法を始めてからは、
確かに太った記憶はありません。

「太る」ということを
意識したことすらありません。

 

最初は、呼吸法を
短気で、イライラし続けている
自分の性格を変えたい
とすがるような思いで始めました。

が、
気がついたら、
太らない体質になっていました。

 

今は、
食べたいものを
食べたい時に
食べたいだけ食べています。

運動といえば
月に1回だけ
ヨガをしているだけ。

 

太っていたなんて、嘘でしょ!
と思う方のために
証拠写真を発掘したので
公開します。

ほら♪

八木橋スミコ30歳
身長176cm
体重65kg

太っているというよりも、
でかい!!!

 

たぶんこのころの方が
食事量は少なく、
ジムに通ったり、アクアスロンをやったりで
運動量ははるかに多かったはずです。

 

1日10分の呼吸法をするだけでなく、

歩きながら呼吸法をやることで
姿勢や代謝は確実に上がっているでしょうし、

子育てのエッセンスとしても
呼吸法を取り入れているので
太りやすい最大の原因のストレスは
ほとんどためていません。

 

気になる方は、
ぜひ呼吸法を体験してみてくださいね。

 

<<八木橋自宅での月一クラス>>

ゆるく続ける呼吸法+ヨガのクラス

先日、撮影でお伺いしたお宅

「すっきり」という言葉で片付けるには
もったいないくらいの空間でした。

 

設計なさった方の妹さんが
ご家族4人で住まわれているお宅。

小学生のお子様が二人いるというのは
テーブルの角にはクッション材でわかる程度で
大人なすっきりした空間です。

「人をもてなすのは人なのだ」
と当たり前のことのようだけれども
初めてズドンっと腹に落ちました。

 

整えられた空間は
静かに見守ってくれていて
家自体にも「もてなされている」
と感じました。

そして、時間を見て、
撮影中にランチまでご用意くださる手早さ!

 

ここまでくると、
彼女達の姿からは
「もてなしている」
という印象すらも見当たらず、

これが彼女達には当たり前のように見えました。

 

日頃から、
自分で自分をもてなし
家を整え感謝しているからこそ
こんな時間が生まれるのだと
心穏やかになりました。

 

帰宅後、長女に
「『もてなす』ってどういうこと?」
と聞くと
「心をあったかくすること」
と。

外は35度を超える暑い日でしたが
心はほっこりあたたかくなりました。

 

撮影だけでなく、
素敵な時間と空間を
ありがとうございました。

私のカメラの保管方法は・・・

リビングにポイっ

右下に長女のカメラ(HOLGA)も見えます。

 

すでに、保管ではないですね。

だいたいこんな感じ

カメラは精密機械なので、
湿気やホコリを避け
管理された場所に保管するものですが・・・

私は、
撮りたい!と思った時に撮りたいので
基本的には出しっぱなしです。

なんなら、
お料理しながら撮って、
キッチンに放置!
なんてこともあります。

 

 

仕事でも単焦点しか使わないので
日常の撮影に使いやすい
35mmのレンズをつけっぱなし。

 

そんなズボラなフォトグラファーですが、
どうぞ宜しくお願いします。

日頃の写真は、インスタグラムやFacebookにアップしています。
フォロー大歓迎です!

インスタグラムはこちら→@shiosumi

Facebookはこちら→sumiko.shiota

Translate »