コンテンツへスキップ

私が呼吸法を始めて4年半

毎日続けることが大事なのですが、
実際はやらなかった日も多く、
逆に1日に何度も何種類もの呼吸法をやっていた日もあります。

そんなゆる〜い4年半を振り返り
「あ〜、これって呼吸法の効果だわ」
と思っていることを、何回かに分けて書いていこうと思います。

<関連記事>
4年半続けてきた呼吸法で腑に落ちた 「過去と他人は変えられない」


私は呼吸法を始めたのは、
次女がお腹にいる臨月のときでした。

気が短く、常にイライラしていた私。
追い討ちをかけるように、ママ友からは、
「二人目の育児からのイライラは、そんなもんじゃない!!」
と言われ、怯えていました。

そんなときにキャッチしたのが呼吸法だったのです。

がしかし、
呼吸法の凄さを知ったのは、二人目育児が始まる前、出産のときでした。

それも、よく言われる「ヒッヒッフー」の呼吸法ではありません。

出産予定日を1週間後に控えたころから、妊娠後期なんちゃら症とやらになり、
頻繁に産院に駆け込んでいたある日、先生に。

先生「明日、産んじゃお!」

と言い放たれました。

急遽産院に入院し、一人で産院の個室に泊まることになりました。
(かなりストーリーを省いています。)

産院の固いベッドといえど、久しぶりに一人でゆっくり眠れる時間。

数時間後には、陣痛促進剤投与が始まるので、出産に向けてカウントダウンが始まっていました。

しかし、眠いのに、眠れない。

寝たほうがいいとわかっているのに、眠れない。

どうしよう・・・

眠れない・・・

なぜなら・・・

出産が怖いから・・・

そう、一人目よりも二人目の出産のほうが楽とは知っているのですが、
そうは言えど、一人目の痛みの恐怖は鮮明に蘇るのです。

経産婦(二人目以降の出産)でも、出産って怖いんですよね。

このころは、私が呼吸法を始めて1ヶ月経った頃だったのですが、
大きなお腹を抱えてなかなか呼吸を深められず、
呼吸に集中しようとするとお腹がゴロゴロと動き、
呼吸法をうまくやることができないと悩んでいました。

出産すれば、お腹もへっこんで、呼吸を意識しやすくなる。
出産してから、ちゃんと取り組めばいいや、
と思っていました。

が、出産前夜の産院のベッドで、
「こういう時に、呼吸法ってやるんじゃ?」
とはたと気づいたのです。

大きなお腹を抱え、あぐらをかき、呼吸にゆっくりと意識を向け、呼吸法を始めてみました。

いくら呼吸に意識を向けても、呼吸に集中ができない。

頭に浮かんでくるのは、
ママ友が冷たく言い放った「出産は、どう転んでも痛いんだから、頑張れ」という言葉。
長女を出産した時に、助産師さんに「今日は無理!」と叫んだ記憶。
たまごクラブの付録に乗っていた、出産の苦労話。
・・・

「いやいや、呼吸だ!」と思い直して、呼吸を意識しようとするも、
頭の中をいろんな言葉や情報が、ぐるぐると浮かんでくるのです。

それでも、とにかく呼吸に意識を向けようと、
頭に浮かぶそれらの言葉を、手放すことを続けました。

30分近く続けたころでしょうか、
呼吸に集中できている自分がいました。

そして、私の心に浮かんだのは
「早く赤ちゃんに会いたい」
という母として内から湧き出る愛情だったのです。

それからすぐに、温かい気持ちのまま、眠ることができました。

翌朝から始まった出産では、気持ち良く呼吸を意識することができ、
助産師さんに「もういきんでいいのよ〜」とゆったりと言われ!
「え?!もういいんですか?」と驚いたほど、体の力は抜けた出産になりました。

痛みに苦しんだのは、ほんの20分程度。
みんなに羨ましがられるほどの超安産でした。

タイトルの「テニスボール」とは、
陣痛時に尾てい骨をマッサージするのに、テニスボールが最適ということで、
妊婦さんが出産時に持ち込む最強アイテムとして知られています。

「ペットボトル用ストロー」も、
分娩台で喉が渇いた時に水分補給するための、必携アイテムです。

しかし、そんなもの一瞬も必要としませんでした。

(出産は、体質等の要素も大きく関わりますので、呼吸法だけで安産になるとは言い切れません。ご注意を)

この時の経験から知ったのは、
恐怖や不安は、記憶や情報で増幅されるということ。

今ここに意識を集中することで、
内から湧き出るものに気づくことができ、
未来へ向かう力になるということ。

これは、出産に限らず、いろんな場面でも役に立ちます。

恐怖や不安に苛まれ、凡ミスや二次災害につながることもあります。
避けることのできない壁もあるし、過去の失敗を教訓にしても、全てを避けて通ることはできません。

「リラックス!」と呪文のように言い聞かせても、体の力を抜くのはとっても難しい。

それよりも、恐怖や不安を思考から手放していくことで、
自然と心も体も余分な力が抜けていくのです。

と、偉そうに書きましたが、
昨朝はじめて開催した、オンラインでの呼吸法に寝坊しないか心配で、
なかなか寝付けなかったのは、ここだけの話です(汗)

【締め切りました】朝の呼吸法をオンラインで一緒にやりませんか?

2017年9月4日(月)午前「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会◆

日時:2017年9月4日(月)10:00〜12:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4

参加費:3,000円(オンラインも同様)
定員:10名(オンラインも10名まで)
お申し込みhttps://ws.formzu.net/fgen/S62610336/https://tsunagaruie.com/archives/5197

よく言われる「呼吸法」の効果は、
肩こり、冷え性、便秘などの慢性的な体の不調の解消
自制心や集中力などメンタル力の向上などが言われています。

 

私が呼吸法を始めて4年半

毎日続けることが大事なのですが、
実際はやらなかった日も多く、
逆に1日に何度も何種類もの呼吸法をやっていた日もあります。

そんなゆる〜い4年半を振り返り
「あ〜、これって呼吸法の効果だわ」
と思っていることを、何回かに分けて書いていこうと思います。

 

ただし、呼吸法の効果は人それぞれですし、
どんなものでも複合的な要因で効果が生まれます。

なので、純粋に呼吸法のおかげ!ではなく、
環境の変化や、周りの人のおかげや、歳をとっただけなど
さまざまな要因でここまでたどり着けたということは、心に留めてお読み下さい。


「過去と他人は変えられない」

過去も他人も変えられないことは、
頭ではよ〜くわかっている。

でも、
他人を変えようとしない術がわからず、
他人が悪いと思うことでしか、自分を制する方法がわかりませんでした。

いつも人の悪口ばかり言い、
夫には「死ね!」と罵り、
物に感情をぶつけて破壊したりしていました。

そんなモラハライライラマシーンの私に
「過去と他人は変えられないんだから」
何て言葉を言われても
「そんなことはわかっとるわ〜い!!!」
と火に油だったわけです。

 

それが、呼吸法を続けることで変化しました。

呼吸法は、呼吸を意識的に行うこと

呼吸を意識的に、かつ、心地よくコントロールすることで、
自然と自分の心の手綱を自分で掴めるようになっていったのです。

すると、おのずと他人に対するコントロールを手放せるのですね。

 

他人をコントロールしないために必要なのは、
自分の心の手綱を持つことだったのです。

 

呼吸、つまり、「息」という字は、
「自分の心」と書きます。

自分の呼吸を意識することは、
自分の心の手綱を握ることなんですね。

 

とはいえ、今でもたまに、手綱を離してしまうことがあります。

そんなときは、一息つき手綱を握り直してから、
暴れ馬を受け入れてくれた周りの方々に感謝ができるようになりました。

 

 

自分の心の手綱を握るのは、
怒るのを我慢することではありません。

 

呼吸法は、思考法ではないので、
考え方を変える必要はありません。

 

ただただ呼吸法を続けることで、
自然とそう思えるようになっていくんです。

 

不思議ですが、本当なんですよ。

 

 

呼吸法に関する実際のエピソードなどを、
呼吸法の実践を交えてお話しする会を開催します。

 

201794日(月)午前「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会◆

日時:2017年9月4日(月)10:00〜12:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4
参加費:3,000円(オンラインも同様)
定員:10名(オンラインも10名まで)
お申し込みhttps://ws.formzu.net/fgen/S62610336/

 

2017年9月4日(月)「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会

※2017年8月28日22:22
たくさんご参加のご連絡いただきましたので、一旦締め切ります!

ふと思い立ち、明日からこんなことやってみます。

 

 

朝、私と一緒に呼吸法をしませんか?

 

忙しい朝に10分時間をとるって、大変なことかもしれません。

ですが、その10分が1日のゆとりをもたらしてくれます。

 

朝から呼吸法で脳内お掃除しておくと、効率よく動けたり、集中力が増したり、感情に振り回されることが減ります。

 

10分間、みなさんと一緒にオンラインで坐禅をくむイメージです。

1人じゃ、なかなか続けられないという方も多いのですが、気軽にやってみませんか?

 

開催日:8月29日(火)〜9月3日(日)

※参加できる日だけのご参加も大歓迎です。

 

時間:6:30〜約10分間

 

参加費:無料

参加方法:ZOOM

内容:10分間の数える呼吸(坐禅)

ーーーーーーーーーー

 

かな〜り普段通りの寝起きの姿で開催しますので、女性限定とします。

 

ZOOMの設定(インストール)は、時間までに完了しておいてください。といっても結構簡単です。

 

参加の申請をくださった方には、私のROOMの番号をお知らせします。

 

 

また、呼吸法の効果効能や、細かいやり方などは説明しませんが、

知識よりもまずやってみることが、何よりも大切。

私自身、やって、続けて、疑問に思って、続けて、そこで初めて理解できました。

 

それでも参加したい!という方は、ぜひご参加下さい!

 

ご依頼

 

 

 

 

もっと呼吸法のことを知りたい、話したいと言う方は、↓こちらもチェックしてみてください♪

 

 

201794日(月)午前「呼吸法が心と体にいいわけ」を話す会◆

 

日時:201794日(月)10:0012:00

場所:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習室 学習室4

参加費:3,000円(オンラインも同様)

定員:10名(オンラインも10名まで)

お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S62610336/

ーーーーーーーーーーーーー

何をやっても三日坊主の私が続けてこられた呼吸法

なぜここまで続けてこられたのか、続けてきて振り返って気づくこと、などなど

blogに書こうと思ってもなかなか文章にできない部分を、ざっくばらんにお話しする会を開催します。

 

呼吸法を続けてきた方にも、お話を聞いてみたいので、ぜひこの機会に、ご自身が感じていることを話しにきてください。

 

また、午後には「ゆるく続ける呼吸法」のクラスを開催します。

今日は朝から、
リモート講師のタナカミカさんの、設定変更オンラインセミナーに参加させていただきました。

設定変更って、
機械とかの設定を変えるとかじゃなくて、
人生の設定のお話。

人生の設定ってなにか?というと
自分で勝手に「当たり前」とか「常識」としていることを指します。(タブン)

他の人はそんな風には思っていないのに、
いろんな刷り込みや教育を通して、
「これはやってはいけないこと」
「あれがないから、これはできないこと」
と、自分で設定してしまっているのですよね。

その辺の話を、なんと!

宇宙
スーパーマリオ
カーナビ
なんてキーワードとともに話してくださいました。

⇧ミカ画伯による宇宙の解説挿絵(半笑!)

 

全ては、ミカさんの実体験に紐付いているので
説得力が違うし、面白いのですよ。

 

で、参加してどうだったかというと・・・

私も呼吸法を続けることで、
「今ここ」を思考ではなく感じてたり、
思考と感情の切り分けたり、
潜在と健在の境目、
を感じていましたが、
足りなかったピースがまさに設定だったと認識できました。

 

お話を聞いただけでは、設定は変えられません。

他の誰かが私も設定を変えてくれるわけではありません。
変えるのは私。

私が、明らかにして・感じて/疑って・決める

ミカさんの伝えたいことの全てはつかみきれていませんが、
今の私が吸収できたところは、ここまで。

 

このブログを書き終えたら
自分への問いかけと、書き出しをしてみようと思います。

 

子供が小さいからできない
お金が足りないからできない
能力が足りないからできない

じゃぁなくて、
まずは設定を明らかにするところから始めてみましょう。

ってはなしですね。

 

ーーーーーーーーーーー

気になった方はこちら↓

「リモート講師養成講座」主宰
タナカミカさん

HP  http://pla-pi.com/
メルマガ登録 https://www.agentmail.jp/form/pg/8174/2/

お仕事として写真を撮らせていただいてきたので、
「被写体を選んではいけない!」
とずっと思っていました。

でもやっぱり
「撮っていて幸せ〜!!!」
と思えるタイプの方がいらっしゃいます。

それは、

撮影をカメラマン任せにしない方

 

これまでは、
「どんな方でも、その方の魅力を引き出して撮るのが私の仕事!」
と思って撮ってきました。

そのためか、
ご依頼くださる方の中には
「カメラマンなんだから、私は何もしないけど、私を最高に引き出して!」
という撮影マグロになる方が、たまにいらっしゃるのです。

極めて極めて少数ですが・・・。

 

これは、これまでの私の発信の仕方がいけなかったのだと
反省するところではあります。

 

 

あらためて言いますが、
撮影って、コミュニケーションなんです。

コミュニケーションといっても、
カメラを前にして
自然な会話ができるとか、
自己開示ができるとか、
緊張しないでいられるとか、
そういうことではありません。

クライアントさんの素質を見極めて、
コミュニケーションのボールを
直球か変化球か、
投げるタイミングはいつなのか、
はたまた、投げないのか・・・は、
人物を撮るカメラマンの技術なので、

カメラマンに任せてもいいところは多々あります。

 

しかし!!!

撮影マグロの方は、
撮影のコミュニケーションを拒まれるので、
撮れないのです。

 

と、ここまで書いておいてなんですが、
撮影マグロとはこういう人!
と表現しきれないので、
逆に、どんな方を撮っていて楽しいかを解説しますね。

それは、

  • 好きなことについて、30秒以上語れる人
  • 自分の好きなところを、一つ以上言える人
  • 人にしてもらって嬉しかったエピソードを、一つ以上言える人
  • 素敵だと思う友達(知人)が、一人以上いる人
  • 逆境を前向きなことに切り替えられた経験のある人
    etc・・・

ひとつでも当てはまれば、
撮っていて楽しい方にあてはまります。

写真とは関係ないようなことばかりですが、
こういう方は、ほんと〜に素敵な表情をなさるので、

ファインダー越しに、
ふぁ〜♪っと幸せになれるのです。

 

とはいえ、
私の一方的なフィルターだけではなく、
ご依頼いただく方からしても、
八木橋でいいのか?と思うところだと思います。

なので、撮影の前に、
メッセージのやり取りや、
オンライン(skype)でお顔を見てお話ししてから
撮影のご依頼を確定いただくことができます。

 

お悩みの方は、一度ご連絡下さいね♪

<<プロフィール写真撮影>>

素顔の自分を好きになるプロフィール写真

<<プロフィール写真のこと話しましょ>>

プロフィール写真なんてどーでもいい

<<ご依頼はこちらから>>

https://tsunagaruie.com/contact

 

 

Translate »