コンテンツへスキップ

渋谷を拠点に活動を共にしている、shibukura(しぶくら)

そのメンバーのお一人であり、私のヨガの先生であり、インテリアの先生の木村眞理さんのイベント講座が開催されます。

↑この眞理さんは、去年都内で撮らせていただいた写真です♪

毎日を楽しむささやかな 100 Tips
〜画像でつづる衣食住のちょっとしたこと〜
日時:2017年12月5日(火)10:00~11:30
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室2
参加費:3,000円(ランチ懇親会1,500円)
定員:16名
担当:木村眞理
詳細 : https://ameblo.jp/o-i-a/entry-12324351032.html
お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S17989811/

 

 

眞理さんには、以前、我が家の納戸のオーガナイズをお願いしました。

↓その時の記事↓

木村眞理さんと我が家の納戸をオーガナイズ!

オーガナイズがもたらすもの

 

わお、もう2年もたっているのですね。

その時のオーガナイズを未だに覚えています。

 

その時のオーガナイズは、その後も自分でメンテナンスしながら、こんな感じ↓

 

眞理さんのオーガナイズの魅力は、
「え?そこ?・・・わ〜♪」と自分の常識をひっくり返すような空間を楽しむアイデアなのだと私は感じています。

 

上の写真も、棚の最上段の四角い箱も、捨てようとしたものの中から、書類のストックの流れを作ってくれました。

他にも、キッチンの片隅には、象が大好きな私のための、こんな胸キュンコーナーを♪

一番奥に見える黒地に象の絵が入ったものは、重い石のもので勇気を振り絞って廃棄しようとしたところを、眞理さんが救出してくれたものです。

 

こんな風に、背伸びするのではなく、あるもので心地よく空間を楽しむTipsを、
1時間半に100個もギュギュッと集めたこのイベント講座。

 

ちょっとだけ視点を変えるだけで、いまもっているものが輝きだす、
そんなヒントがいっぱい詰まっていると思います。

 

何よりも、私、楽しみ♪

 

shibukura(しぶくら)イベントには、撮影担当として、贅沢に参加している私。
今回も、参加します!

 

毎日を楽しむささやかな 100 Tips
〜画像でつづる衣食住のちょっとしたこと〜
日時:2017年12月5日(火)10:00~11:30
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室2
参加費:3,000円(ランチ懇親会1,500円)
定員:16名
担当:木村眞理
詳細 : https://ameblo.jp/o-i-a/entry-12324351032.html
お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S17989811/

朝のオンライン呼吸法(無料・女性限定)を始めて、3ヶ月が経ちました。
関連記事:【女性限定】朝のオンライン呼吸法

 

はじめたころは、朝から元気一杯の蝉が鳴いていたのに、今は太陽が昇り始める時間にやっています。

私も、リードの仕方を日々変化させたり(ただの思いつきともいう)、参加なさる方々の顔ぶれも日々変化し、毎日楽しく続けています。

 

先月からは、毎週土曜の「英語の日」を続けていました。
関連記事:朝のオンライン呼吸法 毎週土曜日は英語リードで開催します

これ、一旦終了します。

とっても楽しく続けていたのですが、何回目からかどんどん適当になり・・・やっていて楽しくなくなってしまいました。

「ちゃんとやんなきゃ」
「準備しなきゃ」
「楽しまなきゃ」
そんなこと考えてたら、そりゃ楽しくない。

でも、英語でのリードする方向性は、私の直感的にあっている!と思っているので、またそのうち再開します。

 

さて、3ヶ月がたった朝のオンライン呼吸法

寝坊した1日をのぞけば、毎朝どなたかと15分ほどの時間をご一緒しています。
「今日は一人かな〜」と思ったら時間ギリギリにお一人ポコンっと入ってきてくださることも多々。

そんな風に、継続的に、たまに、ごくたま〜にご参加くださるみなさんのおかげで、八木橋は毎朝とっても幸せです。本当にありがとうございます。

朝のオンライン呼吸法は、FBグループやメーリングリストなど、決まったご連絡方法を作らず、私のタイムラインやblogできままに発信し、見た人だけがわかる・・・という連絡スタイルで続けています。というのも、枠を作ると「守らなくては!」という気持ちが強くなってしまうので・・・という言い訳の横着で、これからもこのスタイルで続けていきます。

 

新たに参加したい方がいらっしゃったら、ぜひご連絡くださいね!

参加方法

お申し込み方法:以下のリンクからお申し込みください。

「素顔のあなたを撮る」とか「ありのままのあなたを・・・」とか発信してきましたが、ありのままなんて撮ってないじゃん・・・ってやっと気づきました。

 

 

絵描きのママ友から、
「コンテストに応募するために、絵の写真を撮って欲しい」
というご依頼を頂き、撮らせていただきました。

 

著作権もあるので、その写真はここにはお見せできませんが、
鳥をモチーフにした2枚の絵画です。

絵に見識がないので表現が軽いですが・・・素敵な絵なんですよ。(本当に軽い)

 

初めての経験だったので、撮り方を検索したり、我が家のスタジオ部屋で、自然光と照明を駆使しながら、試行錯誤して撮影しました。

 

写真を撮る

絵を見る

セッティングを変える

写真を撮る

絵を見る

セッティングを変える

写真を撮る

絵を見る

・・・・

あれ?

別物じゃん・・・

 

こういう撮影は、撮影したままではなく、色の補正が必要です。
それにしても、目の前にある絵と、撮った写真が別物なんです。

 

 

「写真はありのままを写す」なんていうこともありますが、
「私の写真は、私が写したいように写したものなんだ」と腹に落ちた瞬間でした。

 

写真が苦手な方を撮らせていただくことが多く、よく「私の嫌いなところがそのまま写ってる〜」というご感想も、たまにいただきます。

ですが、そんなことないってことです。

私が「魅力的だな!」と思うところを撮っています。
そして、100人以上の方を撮ってきて、私の主観はあながち間違ってなかったな♪と思ってます。

 

と、脱線しましたが、公募された絵は、書類審査を通過したとのことで、ホッとしています。
でも、大事なのはここからで、審査員の方々が写真で見たものと実物が一緒だと感じてもらうまでが、私の撮影の評価だと思っています。

 

最後に・・・

絵描きのママ友がくださった絵

次女の一瞬の仕草と表情を、少ない色と線で表現してくれました。

これこそ、彼女のありのままを表しています。

我が家の宝物です。

親子で呼吸法@渋谷

日時:2018年1月14日(日)10:00〜11:30

場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室4

入場料:3,000円(当日お支払い)
小学生以下のお子様は無料です

申し込みhttps://tsunagaruie.com/breathclass_appl

※お子様はいくら騒いでも大丈夫です
※お子様とご一緒でなくても、ご参加いただけます
※お子様だけのご参加は、ご遠慮ください

 

お子様と一緒にご参加いただける呼吸法のクラスを開催します。

 

私自身が、妊娠中から続けてきた呼吸法は、産後も子育ての様々な場面で活用してきました。

呼吸法のよいところは、いろんなシーンに取り入れることができる、ということもあります。

0〜1歳ころは、泣きやまなくて困った時や、睡眠不足で心も体も疲労したときのセルフケアなどに、

2〜5歳ころは、読み聞かせをしながら呼吸法をしたり、なかなか言葉にできない気持ちを汲み取るために呼吸法を生かし、

それ以降は、子供も一緒に呼吸法をしたり、子供自身が呼吸を感じ、使えるようになっていきます。

 

 

とはいえ、まだ長女が小学校1年生なので、これからどんな風に展開していくかは未知です。しかし、親の私自身が、自分の呼吸の手綱を握ることで、子供の成長とともに発生する問題や不安に、過剰に振り回されないでいられています。

また、当初は、「娘たちも一緒に呼吸法してくれたらいいな♪」と思っていましたが、強要するものでもないので、私が子供に助けを求められた時や、パニックになってしまっている時に、呼吸を意識できるよう誘導する程度です。

でも、日常的に私が呼吸法をするのを見ているせいか、街中でヨガや坐禅のポスターを見ると、「ママ!きょくうほう!(呼吸法って言えてない笑)」と教えてくれたり、
唐突にこんなところで私を真似て座っていたりします。

そんなゆる〜く続ける私の呼吸法と、子供との日常に取り入れている呼吸法のエッセンスをお伝えいたします。

 

クラス内容

  • 呼吸法をやってみる
  • 呼吸法に関する、ちょっとした知識
  • 子育てに活かせる呼吸法のバリエーション

 

親子で呼吸法@渋谷

日時:2018年1月14日(日)10:00〜11:30

場所:渋谷区文化総合センター大和田 2F学習室4

入場料:3,000円(当日お支払い)
小学生以下のお子様は無料です

申し込みhttps://tsunagaruie.com/breathclass_appl

※お子様はいくら騒いでも大丈夫です
※お子様とご一緒でなくても、ご参加いただけます
※お子様だけのご参加は、ご遠慮ください

2017年11月11日(土)・12日(日)に福島県郡山市で、撮影会を開催しました。

主催くださったのは、パン屋さんなのか、イベント招致プランナーなのか、仙女なのか、どんどんわからなくなっていく安田紀子さん

↓紀子さんによる撮影会後録↓
秋の撮影会は濃厚な2日間。

 

暖かい日が続いていたのに、11日の朝は超寒・・・
太陽はでているものの、細かい雨のふる天気雨で、虹が出ていました。

 

 

過去2回開催していただいていて、そのときはグループ撮影会(複数人で一緒に撮影場所を回りながら、お一人ずつ撮影する)というスタイルを撮らせていただいておりましたが、今回は、1対1でじっくり撮影するスタイルで開催いただきました。

そして、ほっておくといつまででも撮っていて、次の方を待たせてしまうという失態を犯す私のために、紀子さんがタイムキーパーをしながら、モデルさんの衣装チェックや魅力を引き出すお手伝いをしてくださるという、スペシャルな撮影となりました。

 

撮影中は、いつもはもっとお話をしながらぐいっと引き出そうとするのですが、今回はとにかく呼吸を静めながら撮りました。

すると、みなさん、静かに自分の世界に入っていくんですよね。
何度も私が吸い込まれそって、シャッター音で我にかえる、繰り返しでした。
それくらい、世界観を持っている方ばかりでした。

 

撮影データは、撮影当日に最小限の現像処理を施し、お一人50枚ほど送付。
2日目の撮影データは、翌日までひきづってしまいましたが、
お送りしたらすぐに、プロフィール写真を更新してくださったり、チラシにお使いくださったりと、皆さんお仕事が早くてびっくりしました。

撮影写真などは、ご承諾いただけたもののみ、instagramなどで公開していきますので、よかったらチェックしてください。

八木橋スミコのinstaramはこちら

 

この撮影会の少し前から、心中がグワングワンと変化していて、
「うわ〜、これはなんなんだろうな〜?」
と思っておりました。


紀子さんのサロンで、イラストの紀子さんに見られながら、虹色のハンモックに揺られる。

 

それはね、11日夜に紀子さんのサロンでご飯をいただきながら明確になりましたよ。
前回の撮影会後も、このサロンに訪れた後に、ちゃんと曲がり角を曲がれました。
今回も、行きたい方に行くために、ちゃんと曲がり角を曲がろうと思います。
いや、曲がるというより・・・
「幹線道路の脇道ばっかり走って、信号で止まってばっかりいないで、ちゃんと登りなさいよ」って話です。

高架を登らず側道を走り続けても、同じ方に行けるんですが、曲がるかもしれないからって側道を行って、交差点にきては「勇気がないからやっぱり曲がらない」って決めてまた前進する。
(環七想像できたあなたは正解♪)

前に進むって決めて、高架を登ればいいだけなんです。
たったそれだけ。

と、紀子さんのサロンで気がつきましたとさ。
さ、どうなることやらね。早速動きます。

 

最後に、撮影場所にお借りした、郡山公会堂(周辺)ですが、本当に素晴らしい建物でした。

外観だけでなく、人の手が丁寧にかけられた場所で、開催されているイベントの魅力だけでなく、場所のエネルギーが相まった、居心地の良い場所でした。

また、企画から許可申請・承認まで、電話とFAXだけでのやりとりでしたが、職員の方々がとっても温かくって、本当に感謝しています。
ぜひ、郡山に行く機会があったら、訪れていただきたい場所の一つです。

 


隣接する中央公民館の中から望む、郡山公会堂

 

Translate »