コンテンツへスキップ

<<DM送って!フォーム作りました>>
https://ws.formzu.net/dist/S13624801/

2018年7月5日(木)〜8日(日)に東京下北沢で開催する、
そっとそっとその手の中に展

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

DMは直接お渡ししたり、日々少しずつですが、郵送しております。
でも、ご住所を存じ上げなかったり、
私達がすっかりご無礼していることもあると思います。

 

そこで・・・DM欲しいな♪という方は、ぜひフォームからご連絡ください!
https://ws.formzu.net/dist/S13624801/

 

このDMをつくるときに、かおりんがぜったいに譲らなかったところがあります。
それは、

「作品の面には、文字を載せない!」

裏面に文字が溢れてしまうので、せめて日程だけでもおもて面に・・・
と相談したのですが、

やんわりと「スミちゃん、やっぱ文字はさぁ」と死守されました(笑)

 

でも、印刷が上がってきて、たくさんの方にお配りする中で、
「これが正解だったわ〜」と実感しています。

表現展でポストカードなどの物販はないのですが、
DMだけでも作品としてお手に取っていただけているのです。

 

さて、DMは1枚からでも、10枚以上でもお送りしています。
お友達にお渡しくださったり、お店に置いてくださるのも、大歓迎です!!!
海外でもおくっちゃいます♪
https://ws.formzu.net/dist/S13624801/

表現展「そっとそっとその手の中に展」へのご支援、本当にありがとうございます。

5月16日にフレンドファンディングpolcaとお振込でのご支援募集をはじめ、
今日で48,800円もご支援いただきました。

本当にありがとうございます。

マニュアルレンズをいただいて、嬉しくて撮ったお花の写真です。皆様に感謝を込めて

 

「自分たちでちゃんと稼いで表現展の資金にする」
ではなくファンディングを選んだんですよね、私たちは。

支援が増えるたびに、
「かおりんと私だけで作っているわけではないんだ!」
という気落ちが湧き上がってきます。

ありがとうございます。

ご支援くださった方を、八木橋の視点でご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーー

兵庫県の整体師、中西  淳さん
https://ii-anbai.net
治さない整体師さんなんですよね、自分に治させてくれる施術をゆ〜っくり撮ってみたいなぁ、と思いました。遠方でおいでいただくのは難しいかな?それなのに、ありがとうございました。

 

大阪の呼吸法講師 荒川 仁美さん
https://ameblo.jp/htm1959
旦那様もお写真を撮る方で、本業で印刷物を扱う方なのですよね。ぜひぜひ当日はお孫ちゃんに会いに来つつ、表現展にもおいでいただけると嬉しいです!

 

折り紙でいろんなものを表現できちゃうShoko Mochizukiさん
https://www.instagram.com/shoko.origami/
楽しそうに折り紙を折っていらっしゃる姿を想像しています。それも、さかぼーさんの素敵な写真のおかげもあるのでしょうね。ぜひ、表現展にも作品をもって遊びに来てください!ありがとうございます!

 

マヤ暦と中医薬膳のプロ渡邉 恵子さん
表現展は第3の城「大変換 変容」の終盤で開催なのですよね。いつもふんわりと優しくときにビシッと見守ってくださり、ありがとうございます!

 

広島のアウトリガーカヌー・ナビゲーター 小林 富士雄さん
http://mokupunioutriggercanoe.hatenablog.com
昨年も写真展の入り口に大きな影があらわれた時はびっくりしました(笑)地球に生きること、人と生きること、そんなことをその背中で教えていただいています。無人島・・・いきたいな。ありがとうございます!

 

山形のお母ちゃん 奈良崎 由美子さん
https://ameblo.jp/nyr-119/
「いつもいろんなことを知らせてくれ、お子さんの成長も楽しく拝見しています🎵」とのメッセージもありがとうございます。私も、奈良崎さんがお嫁ちゃんやお孫さんとのほっこりエピソードをお聞かせくださったのを思い出します。お片づけのプロとしてだけでなく、おばあちゃまとしての姿も・・・やっぱりみんなのお母ちゃんです♪

 

新潟の島本 由香さん
https://mikanokura.storeinfo.jp
北海道でのかさこ塾フェスタで、かおりんからお話聞いていただけたのだと思います。エネルギーの高い方にピックしていただけて、まだお目にかかれてはおりませんが、とってもありがたく思っております。置いでいただくのは大変かな?お目にかかれる日を楽しみにしております。

 

去年2017年6月
大好きな方が営む大好きなレストランで、
はじめて写真展開催しました。

↓八木橋スミコ写真展「環」
https://tsunagaruie.com/archives/4835

 

タイトルの言葉は、この写真展を準備しているときに、
知人から言われた言葉です。

言われた時はなんとも思わなくて、
すぐに忘れてしまったくらいなのですが、
1年近く経ってやっと…

「あ、なかなかなこと言われてたんだ!」

と気づきました。鈍感…汗

いやほんと、これじゃダメなレベルなのでしょうね(汗)

しかし、自分のレベルに自覚がないのではなく、
それを自覚した上でどう動くかが大事だと思っていて、
やりたいと思うことを、ハードルを一段上げて行動する。

というか、私にはそんなやり方しかできないのです。

 

「写真展やるレベルじゃない」

この言葉を思い出したのにはきっかけがありまして、
今回の表現展の準備のために、写真を並べながら、
<<自分で>>思ったんです。

「かおりん(その写真に筆もじを入れてくれる 小林 佳織さん)に文字を入れてもらえればなんでもいいの?」
「これで表現展やるの?」
「作品と呼ぶレベル?」

自分で気付きながら、静かに悔し涙が出ました。

 

以前、素敵な絵を描く方がこんなことを言っていました。

「絵を描くのは大好きだったし、たくさん褒められてきたけど、周りにはもっともっと上手い人がたくさんいることに気づいて描くのが嫌になってしまった」

って。とっても共感しました。

でも、そうやって「自分なんて」って思いながらも、
表現していくことで、自分の世界が出来ていくのだと思うのです。

 

私は、今回の表現展で、そんなものも感じてもらいたいと思うのです。

「大したことない」と思う人もいれば、
「これが見られて今日はいい日になった」と思ってくれる人もいる。

作品から感じるものだけではなく、
チャレンジする者としての姿も見に来て欲しいと思っています。

 

今日は内容もお天気もウェットだなぁ。

表現展へのご支援は、ファンディングアプリpolcarとお振込合わせて
<<27,500円>>になりました。

ご支援くださった皆様をあらためてご紹介させていただきますね。
本当にありがとうございます。

「そっとそっとその手の中に展」(略して「そっと展」)では、いろんな方にお手伝いいただいています。

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

そのお一人をご紹介します。

ひじきデザイン ひじき 石塚さん
https://peraichi.com/landing_pages/view/hijiki

もともとはロッケンローラーのひじきさんですが、
今回はデザイナーさんとして手伝っていただいています。


↑右がひじき石塚さん(2017年6月に開催した、私の写真展にて)

 

小林 佳織さん(通称:かおりん)の作品は、
かおりんがスマホアプリを駆使して、写真と文字を合成しています。

が、今回展示するものは、
ひじきさんに画像のリマスタリングをお願いしているのです。

 

リマスタリングとは音楽用語で、
アナログ音源(LPなど)の電気信号を、
デジタル信号に変換するのことだそうです(たぶん)

これも、ただ変換すればいいものではなく、
より原盤に近く、かつ不要なノイズを取り除いたり、
作者の意図をくみ取ってデジタル化するなど、
技術だけでなくセンスも問われるものなのです。

 

今回の表現展の作品は、そもそもがデジタルデータなので、
リマスタリングというと語弊があるかもしれないのですが、

写真 + 筆文字 → 表現

の過程で、表現をもっとクリアできるよう、
デザイナーひじき石塚さんの力を借りて
リマスタリングしているのです。

 

で、なぜひじきさんにお願いしたかというと・・・

八木橋とかおりんの共通の友人であったことと
その手腕も理由なのですが、

「著作物に対するリスペクト」

が絶対信頼できたのでこの人しかいない!と思っていたのです。

 

ひじき石塚さんのバンド 「ワラビーズ」は子供向けのライブを行っています。
なので、発信に使う写真に写る被写体のセキュリティー意識はすこぶる高く、
たぶん日本一です。

それだけでなく、撮影者への配慮は抜かりなく、
撮影者のコピーライトは欠かさないのはもちろん
「こんなささいなものまでコピーライト入れてくれるの?」というレベルです。

それができるひじきさんを
最上級にリスペクトしています!!!

 

※ちなみに・・・かおりんのセルフマガジンは、ひじきデザインによるものです。
https://ameblo.jp/hijiki-ishituka/entry-12376606333.html

今なら、このセルフマガジンを
表現展のDMと一緒にお送りできるので、
ぜひこちらからお取り寄せ下さい。
https://ws.formzu.net/dist/S13624801/

2018年7月5日(木)〜8日(日)に東京下北沢で開催する
写真と筆文字の表現展「そっとそっとその手の中に展」

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

開催資金のご支援を集めるために、
フレンドファンディングアプリpolca(ポルカ)
でのファンディングを始めました。

一度使ってしまえば3タップくらいで
支援が完了できてしまうのですが、

私が初めて使った時も
「え?え?こっち?そっち?」
と何度も迷子になりました。

 

そんな方のために、簡単に解説をしておきます。

 

まずはじめに・・・

polcaはスマートフォンアプリなので、
PCやフューチャーフォン(ガラケー)では
利用ができません。

 

そんな方のために、
【そっと展】ではお振込でのご支援窓口もご用意しています。

▼ゆうちょへの送金・お振込みでのご支援はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHYcCd8DPqs5o_AAk4hXa7SQrIV08m-e70IYT121O0eAc24w/viewform?usp=sf_link

 

また、
polcaのアカウント登録時に電話番号での認証も可能なのですが、
海外の電話番号は利用できないそうです。

 

step1 SNSでみつけたpolcaのURLをタップ

そっと展のpolcaURLはこちら↓
https://polca.jp/projects/kvl3fUIL6B2

 

step2 「アプリで開く」をタップ

polcaのアプリがインストールされていて、
アカウントも作成済みの場合は、
step4に進んでください。

 

step3 アプリをインストールし、アカウントを登録する

Google playApp storeからスマートフォンアプリをダウンロードしてください。

アカウントを登録するときは、
・電話番号でSMS認証
・Facebookアカウントとの連携アカウントで登録
のいずれかでできます。

ハンドルネームを入力したら登録は完了です。

 

step4 支援をタップします

ここ↓

 

step5 支援金額を決定します

そっと展では、ご支援金額を1,000円から設定しています。

が!!!
1,000円から「+」すると300円刻みのようですが
キリの悪い続きます(汗)

お決め頂いてた金額をぴったり設定するのは難しそうですが
1,000円でも、キリの悪い金額でも、
とってもありがたいものです。

「ちょうどこの金額!」と決めていらっしゃる場合は、
お手数おかけしますが、お振込でのご支援も大歓迎です!

▼ゆうちょへの送金・お振込みでのご支援はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHYcCd8DPqs5o_AAk4hXa7SQrIV08m-e70IYT121O0eAc24w/viewform?usp=sf_link

 

step6 クレジットカード情報を登録

お支払い方法の右にある「編集」をタップすると
クレジットカード情報の登録画面に遷移します。

VISAかmasterのみご利用いただけます。

「カメラで読み取る」を選んだ場合、
カードの写真を撮ったら、カード番号を読み取ってくれるので入力不要。
ただし、裏面のセキュリティーコードは手入力が必要です。

「手動で入力」を選んだ場合、
カード番号、期限、セキュリティーコードを手入力する必要があります。

 

step7 「支払う」をタップしてご支援完了!

 

 

と、そんな流れになっています。

polcaは、300円という少額から支援ができるというところが売りでもあり、
支援金額の設定が300円刻みになっているようです。

もやっとする方もいらっしゃるかもしれませんが、
その場合は、ぜひコメントに「モヤっとした〜」と書き込んでください(笑)

共感する方がいらっしゃるかもしれませんし、
その方と会場でお会いして、お話のきっかけになっちゃうかもな♪

 

 

ということで、
すでに数人の方から、polca・お振込でもご支援をいただいております。

ありがたいことが続きますが、引き続き応援をよろしくお願い致します。

Translate »