コンテンツへスキップ

「そっとそっとその手の中に展」(略して「そっと展」)では、いろんな方にお手伝いいただいています。

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

そのお一人をご紹介します。

ひじきデザイン ひじき 石塚さん
https://peraichi.com/landing_pages/view/hijiki

もともとはロッケンローラーのひじきさんですが、
今回はデザイナーさんとして手伝っていただいています。


↑右がひじき石塚さん(2017年6月に開催した、私の写真展にて)

 

小林 佳織さん(通称:かおりん)の作品は、
かおりんがスマホアプリを駆使して、写真と文字を合成しています。

が、今回展示するものは、
ひじきさんに画像のリマスタリングをお願いしているのです。

 

リマスタリングとは音楽用語で、
アナログ音源(LPなど)の電気信号を、
デジタル信号に変換するのことだそうです(たぶん)

これも、ただ変換すればいいものではなく、
より原盤に近く、かつ不要なノイズを取り除いたり、
作者の意図をくみ取ってデジタル化するなど、
技術だけでなくセンスも問われるものなのです。

 

今回の表現展の作品は、そもそもがデジタルデータなので、
リマスタリングというと語弊があるかもしれないのですが、

写真 + 筆文字 → 表現

の過程で、表現をもっとクリアできるよう、
デザイナーひじき石塚さんの力を借りて
リマスタリングしているのです。

 

で、なぜひじきさんにお願いしたかというと・・・

八木橋とかおりんの共通の友人であったことと
その手腕も理由なのですが、

「著作物に対するリスペクト」

が絶対信頼できたのでこの人しかいない!と思っていたのです。

 

ひじき石塚さんのバンド 「ワラビーズ」は子供向けのライブを行っています。
なので、発信に使う写真に写る被写体のセキュリティー意識はすこぶる高く、
たぶん日本一です。

それだけでなく、撮影者への配慮は抜かりなく、
撮影者のコピーライトは欠かさないのはもちろん
「こんなささいなものまでコピーライト入れてくれるの?」というレベルです。

それができるひじきさんを
最上級にリスペクトしています!!!

 

※ちなみに・・・かおりんのセルフマガジンは、ひじきデザインによるものです。
https://ameblo.jp/hijiki-ishituka/entry-12376606333.html

今なら、このセルフマガジンを
表現展のDMと一緒にお送りできるので、
ぜひこちらからお取り寄せ下さい。
https://ws.formzu.net/dist/S13624801/

2018年7月5日(木)〜8日(日)に東京下北沢で開催する
写真と筆文字の表現展「そっとそっとその手の中に展」

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

開催資金のご支援を集めるために、
フレンドファンディングアプリpolca(ポルカ)
でのファンディングを始めました。

一度使ってしまえば3タップくらいで
支援が完了できてしまうのですが、

私が初めて使った時も
「え?え?こっち?そっち?」
と何度も迷子になりました。

 

そんな方のために、簡単に解説をしておきます。

 

まずはじめに・・・

polcaはスマートフォンアプリなので、
PCやフューチャーフォン(ガラケー)では
利用ができません。

 

そんな方のために、
【そっと展】ではお振込でのご支援窓口もご用意しています。

▼ゆうちょへの送金・お振込みでのご支援はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHYcCd8DPqs5o_AAk4hXa7SQrIV08m-e70IYT121O0eAc24w/viewform?usp=sf_link

 

また、
polcaのアカウント登録時に電話番号での認証も可能なのですが、
海外の電話番号は利用できないそうです。

 

step1 SNSでみつけたpolcaのURLをタップ

そっと展のpolcaURLはこちら↓
https://polca.jp/projects/kvl3fUIL6B2

 

step2 「アプリで開く」をタップ

polcaのアプリがインストールされていて、
アカウントも作成済みの場合は、
step4に進んでください。

 

step3 アプリをインストールし、アカウントを登録する

Google playApp storeからスマートフォンアプリをダウンロードしてください。

アカウントを登録するときは、
・電話番号でSMS認証
・Facebookアカウントとの連携アカウントで登録
のいずれかでできます。

ハンドルネームを入力したら登録は完了です。

 

step4 支援をタップします

ここ↓

 

step5 支援金額を決定します

そっと展では、ご支援金額を1,000円から設定しています。

が!!!
1,000円から「+」すると300円刻みのようですが
キリの悪い続きます(汗)

お決め頂いてた金額をぴったり設定するのは難しそうですが
1,000円でも、キリの悪い金額でも、
とってもありがたいものです。

「ちょうどこの金額!」と決めていらっしゃる場合は、
お手数おかけしますが、お振込でのご支援も大歓迎です!

▼ゆうちょへの送金・お振込みでのご支援はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHYcCd8DPqs5o_AAk4hXa7SQrIV08m-e70IYT121O0eAc24w/viewform?usp=sf_link

 

step6 クレジットカード情報を登録

お支払い方法の右にある「編集」をタップすると
クレジットカード情報の登録画面に遷移します。

VISAかmasterのみご利用いただけます。

「カメラで読み取る」を選んだ場合、
カードの写真を撮ったら、カード番号を読み取ってくれるので入力不要。
ただし、裏面のセキュリティーコードは手入力が必要です。

「手動で入力」を選んだ場合、
カード番号、期限、セキュリティーコードを手入力する必要があります。

 

step7 「支払う」をタップしてご支援完了!

 

 

と、そんな流れになっています。

polcaは、300円という少額から支援ができるというところが売りでもあり、
支援金額の設定が300円刻みになっているようです。

もやっとする方もいらっしゃるかもしれませんが、
その場合は、ぜひコメントに「モヤっとした〜」と書き込んでください(笑)

共感する方がいらっしゃるかもしれませんし、
その方と会場でお会いして、お話のきっかけになっちゃうかもな♪

 

 

ということで、
すでに数人の方から、polca・お振込でもご支援をいただいております。

ありがたいことが続きますが、引き続き応援をよろしくお願い致します。

7月に開催する表現展「そっとそっとその手の中に展」に向けて、
筆もじスト 小林 佳織さん(通称:かおりん)と準備を進めています。

 

そのひとつ、開催資金のご支援の募集を始めました。

表現展は入場無料で、物販もありません。
その代わり、ファンディングという新しい形でこの表現展を開催したいと進めています。

そう決めたのは、私が昨年開催した初の写真展「環」での経験からでした。

その写真展でも、入場無料、物販なしで開催しました。
3日間で150人もの方がご来場くださり、
「写真を売って欲しい」と何人かにお声がけもいただきました。

でも、娘が被写体であることもあり、我が子を手放すようでライトな価格をつけることができず、販売はお断りしました。

 

それだけでなく、ほーんとにたくさんのお花やお菓子、差し入れを頂きました。

3日間の開催だったのですが、近所の方は何度と足を運んでくださり、私が一日中動き回っていて何もたべていないことに気づき、簡単にたべられるものを差し入れしてくださったり、レストランのマダムは「水だけでもちゃんと飲んで!」とワインも一緒にいつも用意してくれました。

 

こう書くと、大変で無理をしたように思うかもしれませんが、私自身は楽しくて嬉しくて、食べることや休むことに意識が一切向いていなかったのですよね。

 

とはいえ、皆さんの思いは今思い出しても、どれもが温かくて、私はなんて恵まれているんだろう…と感謝してもしきれません。

 

そして、本当にたくさんのいただいたので、そのほとんどをいらしてくださった方々に、おすそ分けしました。

 

今回の表現展でも、お花や差し入れなど泣いて喜んで頂戴します。
でも、今回はよかったら、ファンディングで直接的なご支援をいただき、当日手ぶらで遊びに来てください。

今回の表現展は、実費で10万円ほどかかる予定です。ご支援金に余剰が出たら、会場近くに酒屋さんがあるので、シュワシュワしましょ♫

ということで、ご支援よろしくお願いします!!!

 

▼polcaを使ったご支援はこちら
※アプリをダウンロードしていただく必要があります
https://polca.jp/projects/kvl3fUIL6B2

▼ゆうちょへの送金・お振込みでのご支援はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHYcCd8DPqs5o_AAk4hXa7SQrIV08m-e70IYT121O0eAc24w/viewform?usp=sf_link

Translate »