コンテンツへスキップ

※満席になりました。
2018年12月は、週末に開催します。
告知までしばらくお待ちください。

 

昨日、2018年10月17日(水)に
はじめてスタジオジドリを開催しました。

関連記事:2018年10月17日(水)スタジオジドリ開催します!

お二人の方がおいでくださり、
濃厚な自撮り時間となりました。

 

とっても魅力的なお二人のおかげで、
「あ〜、私はこれがやりたかった!」
と実感できました。
ありがとうございます!

 

ですが、
事前に色々準備をして開催しましたが、
お一人1時間の枠では収まりきらず、
時間は大幅にオーバー。
大変申し訳なかったです。

次回は、お一人1時間半の枠で
1日2名限定で開催いたします!

 

▼開催日時
2018年11月7日(水)
10:00〜11:30 ご予約済み
12:30〜14:00 ご予約済み

▼定員
各回1名
※お子様連れでも大丈夫です。

▼参加費
5,800円
※事前にお振込をお願いします。

▼場所
東急世田谷線沿線 八木橋自宅
※お申し込みいただいてから、ご案内いたします。

▼お申し込み
下記の申し込みフォームから、お申し込みください。
https://tsunagaruie.com/breathingpics

※事前やりとりをしっかり重ねたいため、
お申し込みは11月2日(金)で締め切ります。

 

スタジオジドリでの自撮り撮影は、
決して楽しいだけの撮影ではありません。

自分の嫌な部分も含めて
360°自分を見ることにもなります。

 

自分のいい部分だけ見ていても
絶対に写真の写り方なんて、変わりません。

「ここの体の感覚が、こっちなんだよ〜」とか
「考えてること、写真に丸見えだよ〜」
といったことを落とし込むために、
TRY & ERROR で何枚も撮っていただきます。

 

私は普段、クライアントさんにダメ出しはしませんが、
今回はダメ出しします!

なので、
「キレイに写る写真が欲しいから♪」
と楽しい撮影を期待していらっしゃっても、
楽しくないものになる可能性もあります。

それをご理解ください。

 

 

なぜそこまでして、
キレイに撮れるかもわからない撮影をするかというと・・・

「写真写りは、ちょっとした感覚で変えられる!」

と気づいて欲しいから。

 

その感覚がわかると、
日常に変化が現れる・・・かもしれません。
※「かもしれない」と言う理由は、まだ私でしか確認ができていないからです。

 

体の使い方や、意識の使い方は
たくさんの癖で出来ています。

自撮りしていると、たくさんの癖を目の当たりにします。
その癖って、嫌なものが多いものです。

でも、
その癖に気づき、取り除きながら自撮りすることで、
日常の体の使い方が変わったり、
考え方の癖を修正しやすくなったり、
自撮りした写真を見ては
原点に戻ることもできるのです。

 

こう言っている私も、
まだまだ目を向けきれない癖や
嫌な部分がたくさんあります。

一瞬で解決させるのではなく、
少しずつ、少しずつ
「このワタシ、いいじゃん!」
につなげていくことが、
スタジオジドリなのです。

 

なお、どこかのタイミングで料金を改定をします。

高くなるのか、安くなるのかは今は書きませんが、
これから、どんどん面白い撮影になっていくでしょう。

度々おいでいただける、
スタジオジドリに育てていけるよう、
私も成長していきます!

 

Translate »