コンテンツへスキップ

新しいお仕事を始めるとき、
プロフィール写真で
お顔を露出することが
大切な一歩と言われています。

なので、
プロフィール写真を撮る前に
「私はこれで仕事をするんだ!」
と方向性を明確にしてから
プロフィール写真を撮ろうとする方が
とっても多いようです。

が・・・

その方向性を明確にするのに時間がかかり
とりあえず・・・の写真のまま
悩む時間だけが過ぎていく
という方をよくお見かけします。

 

つまり、
自分のやりたいことや
ブランディングを明確にしないと
プロフィール写真を撮るという
ステップにたどり着けないのです。

言い換えると、
プロフィール写真を撮るのがゴール
になってしまっているのです。

↑私のFacebookでのプロフィール写真の変遷

 

さて、

プロフィール写真は
ビジネスのスタートなのか?
それともゴールなのか?

いずれも違います。
自分のステージの変化点です!

スタートするためのものでも
ビジネスの準備段階の終止符でもなく

これからたくさん出てくる
自分のステージの変化点でしかありません。

 

 

その変化点は例えば、

現実の自分と写真に
ギャップが生じはじめたり

今のプロフィール写真に
違和感を感じはじめたり

体型や服装、環境の変化

など、いろんな形で現れます。

そして、その変化点は
幾度と現れることがあります。

写真に違和感がある場合は、
変化点に差し掛かっているのだと思います。

なので、
その変化の波に上手く乗るために
写真を変える。

すると、
見ている人にすぐに伝わり、
変化の波がちゃんと動き始めるんです。

 

 
「そうはいっても、どんな自分で写ったらいいのか、やっぱりわからない」
という方もいらっしゃいます。

そういう場合は、
複数のパターンで撮影して
その写真を見比べることもできますし、

直感的に話をしながら撮影するので
どれが生きやすそうなのか、
どれが合っていそうか、
撮りながら見出していくのも
一つの方法だと思います。

関連記事:ファインダー越しだと見えちゃうんです、私。
 

<プロフィール写真撮影>

自然光の我が家の自宅スタジオでの撮影、
出張撮影、
屋外での撮影、
ご要望にあわせて撮影いたします。

https://tsunagaruie.com/profilepics

プロフィール写真を撮るときに
大切にしてほしいこと

それは、
「素顔の自分を好きになる」
ということ。

 

 

 

素顔の自分を好きになると、

写真に写る素顔が変わってきます。

写真に写った自分を見る目が変わってきます。

納得できない写真が減っていきます。

 

すると、

見てくれる人が変わってきます。

「あの写真の方ね!」って言われるようになります。

 

そして、

普段の気持ちが変わってきて

どんどん自分が好きになります。

 

だから、
私が撮るときは、
自然な表情を引き出し、
その表情をご本人が好きになれることを
一番大切にしています。

 

私は、
ずっと写真を撮られるのが怖かった。
「素顔の自分」を見れなかった。

でもね、
素顔の自分を好きになるのに必要だったのは、
勇気でも
努力でもなく、
自分への許可だった。

 

素顔の自分を、
もっともっと好きになってほしい。

それが、
私のプロフィール写真撮影にかける想いです。

素顔の自分を好きになってみませんか?

 

<<プロフィール写真撮影>>

素顔の自分を好きになるプロフィール写真撮影
詳細はこちら https://tsunagaruie.com/profilepics

せっかく撮ってもらうのだから
プロにヘアメイクをしてもらって
綺麗な自分を撮ってもらいたい

という声は、よく聞きます。

 

プロフィール写真だから、
未来のお客様に与える印象は、
良いほどいいという考えも
わからないでもないです。

 

でも、
それよりも大切なことがあります。

それは

カメラマンがあなたの魅力を撮れるかどうか

 

きれいなあなたを綺麗に撮るのは
カメラの技術の問題

あなたの魅力を撮れるかは、
カメラマンとのコミュニケーションの問題。

と思っています。

 

 

 

いくらプロにヘアメイクしてもらっても

カメラマンがあなたの魅力を
引き出せないどころか、
閉じ込めてしまう
可能性もあるのです。

 

それならば、
普段自分ではできないような
ヘアメイクをしてもらうよりも、

ヘアメイクはいつもどおりだけど、
あなたの本来の魅力を引き出せた方が
表情も素敵で、
肌ツヤも綺麗に見えます。

 

 

ヘアメイクがついていて、
かつ
安く撮ってもらいたい!
と探している場合は、

今一度
なんのためのプロフィール写真かを
考えてみてはいかがでしょうか?

img_2230.jpg
↑真夏に撮っていただいたので、化粧は落ちまくっている私。
撮影:かさこさん

 

あなたの本来の魅力を
未来のお客様に届ける
プロフィール写真をお撮りします!

プロフィール写真撮影詳細はこちら

https://tsunagaruie.com/profilepics

プロフィール写真撮影のオファーをいただくとき
blogやSNSをざっくり確認しています。

 

面識のない方からのお申し込みの場合は

現状のプロフィール写真が
私にとっても、お人柄を知るための
大きなヒントになるわけで、

お会いする前から、
「こんな人なんだろうな~」
と勝手な妄想を広げています。

 

先日撮らせていただいたこの方には、
その妄想をバッサリと裏切られました。

ライフオーガナイザーの沼本ゆきさん

 

初対面でなのに、
私もよく待ち合わせができたなぁ、
と思うくらいに、印象が違いました。

 

つまり、
「プロフィール写真でめっちゃ損してきてません?!」
ってこと。

 

それまでのプロフィール写真を
お見せできないのが残念ですが、

硬派そうで
言葉少なそうで
笑わせるのが大変そう

なんて印象を持っていましたが、

なんのなんの。

 

笑う

DSC_3380

笑う

DSC_3402

笑う

DSC_3406

 

 

沼本さんは、ライフオーガナイザーという
思考と空間のお片づけのプロです。

 

私がプロフィール写真を撮るときは、
その方の想いの部分を引き出していくのですが、

この日ばかりは、自然に引き出されすぎて
沼本さんのライフオーガナイズの腕に、
心地よく抱かれてしまいました。

DSC_3450

 

「私は頑固だ」と
自分のことをおっしゃっていましたが

お話を聞いていたら、
「私はこれでいいの」というポジションを知っている
ということ。

それがわかっているから、
お片づけの悩みを抱えている方々のお話を
じっくりじっくり聞き、
伴奏できるのでしょうね。

 

あ~、楽しかった♪

 

沼本ゆきさんを知りたい方は、こちら↓
blog:片づける前に考えよう
HP:オースリー

 

私のプロフィール写真撮影メニューはこちら↓
プロフィール写真撮影

 

 

ちなみに、こちらは私の高校時代の学生証の写真

IMG_0432.JPG

角刈りか?って突っ込みたくなる。

プロフィール写真を見ていて思うのが、
プロフィール写真を撮る時だけ頑張っているということ。

 

プロフィール写真を撮るときだけ頑張っても、
直接会ったら、

「プロフィール写真のときは盛ったんだね」
と思われる。

もしくは、
プロフィール写真のときだけ頑張りすぎていると、
目の前にいるのに気づいてもらえない。

 

芸能人みたいに、
照明や画像補正をしてもらえるお仕事をしているなら
それでもいいと思う。

 

でも、そうじゃないならば
普段からプロフィール写真を撮る時くらい
頑張っている必要がある。

それができるなら、
プロフィール写真も頑張って
撮ってもらったらいいと思う。

 

 

 

プロフィール写真を撮っていて思うのは、

頑張らなくても素敵なあなたのことを
みんな知っていますよ♪

ということ。

 

それでも、
もっと素敵に撮られたいと思うのは、
自分の足りない部分を
自分だけが埋めようとしているから。

 

それは、埋まらないからね。

 

もっとプロフィール写真に対する
ハードルを下げてみてほしい。

そのままでも素敵なあなたを切り取りますよ。

〈プロフィール写真撮影〉

未来のお客様に届けるプロフィール写真撮影

13435577_1398194393530904_292913669816540466_n

プロカメラマンの神取知華子さんに撮っていただいた私

他にも数枚ありましたが、
キメ顔よりもこちらを選びました。

 

そして、日常のあなたをもっと素敵にしたいのならば

これ↓で、
日常のあなたを素敵にするきっかけを見つけてください。

 

■ぶれない女性のための呼吸法

日時:2016年6月21日(火)10:00~11:30
場所:渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室2
定員:20名
参加費:3,000円
お申し込み:こちら

Translate »