コンテンツへスキップ

ブログ

「たよる人」ヤギハシです

オットはそれを言い換え

「こきつかう人」

といいます

 

 

先週1週間
母が上京していました

そんな母は
「つくる人」

子供のころから
体が大きかった私のために
ピアノの発表会の衣装などを
いつも作ってくれていました

娘にも
ドレスを作ってくれています

そして私も
お願いしちゃいました

先週は母と
制作の打ち合わせもしました

つくるって本当にワクワクします

って私は口を出すだけですが・・・

何ができるんでしょね
うふふ♪

もう使わないけど
捨てられないものを使って
必要なものをつくります

ワクワク楽しみ♪

IMG_6722

「寝る子は育つ」で大きく育ったヤギハシです

そうはいっても
赤ちゃんのころは
夜泣きでよく起きたそうです

次女も
夜泣き間隔30分!
なんて時期がありました

添い乳をしようとしても
飲み物をあげても
夜風に当てても
泣き止まず
私も寝不足の日々

「私は眠いんだ〜!!!」と
叫びそうになりました

まさに
夜泣き狂想曲!!!

そんなとき
ふと

「あ!あの呼吸法をやってみよう!!!」

あの呼吸法とは

ブレスプレゼントクラスの
6回目でお伝えする
「合わせる呼吸」です

文字通り
ほかの誰かと呼吸を合わせる
というものです

深夜の寝床で
ありったけの大声で泣く次女と
呼吸を合わせる

ウトウトしながら
じーっと合わせる

10分くらい経ったでしょうか
泣き声を聞いているだけのオットにとっては
長い時間だったと思いますが・・・

ふ〜っと
不思議な感覚の世界に
おりて行くのを感じました

そして
気がついたら
私も静かに泣いてました

なんだか泣きたい気分に
なっちゃったんです

そしてね
あーこの子(次女)泣きたいんだ
泣き止ませなくていいんだ
何かを絞り出してるんだ〜

って感じたんです

そしたら
泣き声が悲しく感じられなくなり
泣き叫ぶ次女を抱っこし
私も浮かんできたその感情の波に
ゆったりと身を任せました

気がついたら
次女と一緒に朝まで寝ていました

何かが嫌だから泣きたいのではなく
ただ泣きたい時もある

その気持ちを説明するのは
とっても難しいけど
それを感じられるだけでも
ママが楽になるときはあるのです

そんなことを感じた
夜泣き協奏曲の夜でした

皆さんも
美しく奏でられると
いいですね

お弁当を作ったのに持ってくるのを忘れたヤギハシです

オットはそんな私を
「我が家のサザエさん」
と呼びます

9813062_m

電車通勤をしながら
数年前の通勤途中のことを
思い出しました

扉に寄りかかるお姉さんとスーツ姿の男性を
扉側に追い込むように私も乗り込みました
もちろんそれぞれ知り合いではなく
満員電車に乗り合わせた人同士

お姉さんはうつむいて異様にモゾモゾしています
男性はオラオラ顔でため息をついています

私は
「え?もしやチカン?」と思い
正義感がメキメキ湧いてきました

チカンである確証がないので
「私は見てるぞ」と目をギラギラさせ
どうにかお姉さんを救おうと
男性に向けて威圧オーラを出しまくり

しかし
男性は立ち位置を変えることもなく
表情も変わりません


駅に着きました

乗り降りする人がいると思い
後ろを振り向くと

車中はガラガラ・・・

そう
お姉さんの困り顔も
男性のオラオラ顔も
私に威圧されていたせいだったのです

人がいっぱい乗っていると勘違いして
不思議な空気を作っていたのは
この私だったのです

ついでに
お姉さんも男性も
私の威圧オーラのせいで
なにも声をかけられなかったんでしょうね

赤面した私は
目的地じゃないその駅で降りたのは

言うまでもありません(苦笑)

こんなことって
普段もあるんだろうな~

先入観のみで突っ走る
正義感のからまわり

言ってもらえない存在
etc・・・

こんなトホホな経験から学ぶ
雨女ヤギハシでした

ママ3年目のヤギハシです
まだまだ新米の部類ですが
子育ての日々で気づいたことを
ご紹介しますね!
電車の中、病院の待合室、レストラン…
場所を選ばず赤ちゃんってグズりますよね
遊び足りなかったり
ママに甘えたかったり
お腹が空いていたり
眠たかったり…
その思いを叶えてあげられればいいのですが
そうもいかないときも多々あります
抱っこして揺すってみたり
トントンしてみたり
好きな手遊びをやってみたり
しかしなかなかおさまらない
結局
電車を降りるか
その場を離れるか
耐え忍ぶかして
どうにかしてやり過ごします
私もそうしてました
1歳の次女は
保育園の帰りの電車で
必ずグズるのです
しかし最近は
呼吸法の効果もあり
かなりの確率でおさまるのですよ
さて
どうやったのか・・・
ママが落ち着く
これにつきる
え~!そんなのわかってるよ~!
と言われそうですが・・・
今までやっていたあやし方では
赤ちゃんはもっと
グズりたくなっちゃってたのかも
焦ったママの
ユラユラやトントンは
ちょっとテンポ早め
それに
焦ってるママの気持ちが
ビシバシ伝わっちゃうんだもん
なのでまずは
ママが心から落ち着きましょう
具体的にはどう落ち着くのか
トントンもせず
話しかけもせず
抱っこでゆっさゆっさもせず
優しい笑顔をつくり
深〜い呼吸をします
肩で息をするのではなく
お腹の中からしっかり深い呼吸をする
これだけ
これだけで
心拍数が落ちてきて
心の中から笑顔になってきます
呼吸法を続けていると
自分の心拍数を
コントロールしやすくなってきます
落ち着けるようになって
もう一つ気が付いたこと
今までは
泣き止ませようとしているママの姿を
周りの人に見せておかないと
「なんだこの母親は!」とか思われるんじゃ?
と周りを異様に気にしながらあやしていたな~と思い出しました
「ママって大変」アピールをするよりも
イキイキ素敵なママでいたいものですね♪

涙腺緩めのヤギハシです

昨日近所の小学校の運動会があり
少しだけ見学してきました

小学校6年生の徒競走でウルウル
一生懸命走る姿に感動してしまいました

 

さて

7月26日(土)から始める
ブレスプレゼントクラスの
お申し込み受付を開始いたします

以前ご案内した時から
料金体系を変更しております
ご理解くださいますよう
宜しくお願いいたします

講座のこと・お申し込みは
こちらをご覧ください

 

Translate »