コンテンツへスキップ

ブログ

2018年10月17日(水)に自撮り撮影スタジオを開催します。

2018年10月17日(水)スタジオジドリ開催します!

 

早速、お申し込みやお問い合わせをいただき、
少し調子に乗っております。

いや・・・落ち着いて精進します。

 

スタジオジドリでは、
スマホではなく、カメラを三脚にセットし
ご自身でシャッターを切っていただきます。

 

スマホでもできることなのに、
わざわざカメラでやるのには、
理由(ワケ)があります。

 

私が、カメラでの自撮りの面白さを
感じたのは、この写真がきっかけでした。

この写真はそこ後、筆もじストの小林佳織さんの書き下ろしで、
素敵なアートになりました。→こちらの記事

そういう意味でも、思い出深い写真ではありますが、
それだけではなく、

この写真で、自分の無意識を強烈に感じたのです。

それは・・・

 

15分で50枚近く撮ったのですが、
ほとんどの写真でつま先が上がっていたんです。

 

スマホの自撮りの場合は、
「変だな」と感じると、無意識に直してしまいます。
そう感じる部分は、写りの問題だと勘違いして・・・。

 

でも実は、その「変だな」と感じる事には、
無意識にやっている普段の癖が
たくさん含まれている可能性があるのです。

体の癖だけでなく、
考え方の癖も表情に表れています。

 

それってね、
自分の悪いところを見つけていく事ではありません。
自分の癖を、ニュートラルに戻すきっかけを教えてくれているのです。

これを繰り返す事で、
撮る事も、撮られる事も、
自分を知る事も、
どんどん面白くなっていきます。

 

 

さて、先ほどの私の写真の続きを。

写真を撮って、つま先が上がっている事に気づき、
つま先を下げる事を意識して
なんどもシャッターを切りました。

でもやっぱり、何度撮っても
つま先が上がりぎみだったんです。

 

以前から、
スネの筋肉が張りやすくて、
ふくらはぎの筋肉も大きなヒラメ・・・。

ひざ下の筋肉は、コンプレックスでもありました。

「バスケやってたからかな?」
「そういう体質だから仕方がないのか」
「骨が曲がってるのかな?」
「遺伝かな」
などと、「自分ではどうしようもない事なんだ」と諦めつつありました。

でも、写真を撮ったら何てことはない、
自分の癖が発端だったんですよね。

そしてその後、
呼吸の先生が、私のふくらはぎの謎解きをしてくださいました。

「日本の規格の椅子や机では、スミコさんの日本規格外の体は、どこかを縮める必要があります。椅子に座るときは膝より踵が後ろに入り、足首はくの字に曲がる。それが一番収まりの良い座り方だと、無意識に体が覚えていったのでしょう」

と。

これを聞いたときに、泣きそうになりました。

小学校を卒業するときには、身長が164cmあったので、
成長期にはいつも無意識に体を縮めるようにしていたんです。
その感覚が、体の感覚として思い出されました。

 

それからは、意識的にふくらはぎの力を緩め
足を組む事もなくなり、体はどんどん楽になっています。

 

呼吸のeiko先生、ありがとうございます。

 

 

私は、このジドリが面白いと思うのは、
撮るほどに自分の癖に、
自分で真正面から気づいていけるから。

癖というのは、
とっても無意識で、
自分で自分にかけた催眠でもあります。

それに、
一つずつ気づいて、
解いていく・・・

 

もうね、
毎朝私がやっている呼吸法とリンクし、
面白くて仕方がない♪

 

2018年10月17日(水)スタジオジドリ開催します!

【女性限定】朝のオンライン呼吸法

 

 

毎朝6時には起きて、6:30からオンラインで呼吸法をやっています。

tsunagaruie.com/archives/5459

 

2017年8月末から毎朝続けているのですが
寝坊した日も数日あります・・・ごめん!
開催時間を6:30からとするには、かなり勇気がいりました。
もともと夜型で寝坊助、毎朝二度寝していましたからね。

 

そんな私が、今では毎朝6時には起きています。

なので、たまに「毎朝早起きできるようになるコツは?」と聞かれることがあります。

私の答えはただ一つ。

 

毎朝起きること

寝るのが遅かろうと、深酒をした翌日も、ただただ毎朝起きる。

 

 

昔に自分に懺悔するつもりで、言っちゃいますね。

 

コツとかアイテムを見つけて、早起きしようとしているうちは、
早起きが習慣になることはないのでしょう。

何においても、コツやアイテムだけに頼るのは、
とっても受動的な生き方だなと思うんです。

何かのせいで、早起きができない、
と思うのも一緒。

 

自分が起きないから、早起きができていない。
ただそれだけ♪

 

流れに逆らわずに生きる=受動的な生き方
ではありません。

能動的に生きて、初めて流れを感じられるようになるのですから。

 

 

早起き(といっても6時ですが)するようになり、
「早起きは三文の得」
の得を実感しているかというと、以外とそうではないです。

でも、早く起きて、6時半から呼吸法をしたいから、
自然とやらなくなった事が、たくさんあります。
自然とやるようになった事も、たくさんあります。

それは、
何かをやったから、早起きできるようになったのでも、
何かをやめたから、早起きできるようになったのでもありません。

 

ただただ、
毎朝起きたから、
自然とそうなっていっただけ。

そうしたら、
二度寝するよりも、呼吸法をして朝を迎えたほうが
1日が気持ちよくスタートできるようになりました。

 

 

 

朝のオンライン呼吸法に継続的に参加されている方が
こんなことをおっしゃっていました。

「ちょうど朝の支度の時間にかぶるので、参加するのは難しいと思っていましたが、時間の使い方を変えて、朝のオンラインに参加するようにしたら、家族も理解してくれるし、結構短時間で支度もできるようになったんですよ。」

と。
早起きだけでなく、時間の使い方もダイナミックに変わるきっかけになっているようですね。

 

大前研一さんの人間が変わる3つの方法

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。 by 大前研一

 

 

これから日が短くなって、気温も下がって行くので、
朝起きるのが辛くなるはず。

ですが今年は、ピリピリと感じる朝の空気と
体の変化の定点観測が楽しみにしています。

 

↑最近早起きな娘です

女性の生理について、
実体験をもって感じていることを
書いておこうと思います。

 

生理中って匂うのが当たり前だと、長いこと思っていました。

生理のニオイについて、よく聞くのが・・・

  • ケミカルナプキンだと臭う
  • 布ナプキンだと臭いにくい
  • 時間が経過した経血は臭う
    →経血コントロールが有効
  • 臭いは加齢とともに強くなる
  • 生理の強いニオイには、病気が隠れていることもある

そうずっと信じてきたし、
間違っているとも思っていません。

 

でも最近、私自身の生理のニオイが気にならなくなりました。
ケミカルナプキンを使っていようと、
なかなかナプキンを変えられなくても、
匂いが気にならないのです。

いや、私の鼻がおかしくなったのかもしれませんが、
もしも、そうだったらごめんなさい!

 

1年半前、「経血が臭くなったなぁ」と感じていました。
ちょうど自治体の子宮がん検診を受診したので、
エコー検査をしてもらったところ、
「軽度の子宮内膜症」と診断されました。

経血のニオイもその症状の一つだったよう。

「あ〜、この匂いを伴う症状と、一生付き合っていかなくちゃいけないんだ〜」
と切なくなったのを覚えています。

ですが・・・
それから1年半、今はその症状がすっかりなくなりました。

何をしたかって、
私のことなので、呼吸法しかしていません。
ですが、呼吸法をしていた1年半前に診断されているので
ただただ呼吸法をしていて治るわけがありません。

なにをしたか、というと・・・
呼吸法の姿勢と意識を変えました。

 

私が今、呼吸法で大切にしていることは、
「姿勢」と「意識」

その姿勢を整える時に、
骨盤をどう起こすか、も大切にしてもらっています。

骨盤を起こすためには、
坐骨のポジションと
骨盤底筋から丹田への意識
がとっても重要になります。

 

これは、呼吸法をしている時だけでなく、
普段の姿勢にも影響してきます。

呼吸法を通して、骨盤の意識が変わってくると、
普段、立っている時の骨盤の意識も変わってきます。

 

私もまだまだ姿勢ができていませんが、
街で女性の姿勢を観察していると、
体の冷えや
便秘や肩こり・腰痛
など、女性=不調を表すキーワードが
見えてきます。

 

姿勢を変えるために、
呼吸を意識し骨盤を変えていきます。

すると、
その中にある子宮や腸も変わり始めます。

骨盤底筋を意識できるようになると、
経血コントロールもしやすくなっていきます。

 

さぁ、
そこからどんな循環が生まれるのか、
イメージしてみてください。

 

生理の匂いが気になるのであれば、
呼吸と姿勢を変えてみてください。

一朝一夕には変わりませんが、
結局は、外側の何かに頼るよりも、
自分の内側から変えていくのが、
一番の近道なんだとわかります。

 

10月17日(水)スタジオジドリ開催します!


↑初めての自撮り作

▼開催日時
2018年10月17日(水)
10:00〜11:00
11:30〜12:30
13:00〜14:00 ご予約済み

▼定員
各回1名
※お子様連れでも大丈夫です。

▼参加費
5,800円
※事前にお振込をお願いします。

▼場所
東急世田谷線沿線 八木橋自宅
※お申し込みいただいてから、ご案内いたします。

▼お申し込み
下記の申し込みフォームから、お申し込みください。
https://tsunagaruie.com/breathingpics

 

スタジオジドリは、八木橋スミコがご提供する自撮り撮影メニューです。

自撮りなので、ご自分でシャッターを切っていただきます。

スマホで自撮りをするときは、自分の姿を見ながらシャッターボタンを押すことが多いでしょう。でも、スタジオジドリでは、どんな風にカメラに写っているのかを想像しながら、ご自分でシャッターを切っていただきます。

なんのために、そんな自撮りをするのか?というと・・・

 

写真を撮られる時「いい具合に写っているつもり!」が、その写真を見てみたら「全然いい具合に写っていな!」なんて経験がある方もいるかと思います。


↑結婚前に夫が撮ってくれた、写真が大嫌いな頃の私

 

スタジオ自撮りでは、自撮りを繰り替えすことで、
「見えているはずの自分」=「実際に見えている自分」に近づくよう、チューニングをしていくことになるのです。

私は、写真を撮られるのが苦手で、自分が写った写真を見ながら「しょうがない、私は写真写りが悪いんだ」と諦めていました。

そんな私が、写真を撮るようになり、人のポートレートやプロフィール写真を撮らせていただくようになり、どうしたらその人の自然で素敵な表情を引き出せるんだろう?と模索してきました。

 

だから、いかに表情を引き出すかは、カメラマンの腕の見せ所だわかっています。

もっというと、人物写真にはカメラマンさんのお人柄が現れると、自戒と尊敬のを込めて感じていました。

 

でもね・・・
撮るほどに、そして私自身も撮られるほどに、本当にそれはカメラマン任せでいいんだろうか?と思うようになったのです。そして、スタジオジドリに篭り(こもり)、自分のシャッターチャンスを探し、自撮りを続けました。

 

スタジオジドリは、「自分を見せる術」をご自分で掴んでいただくための自撮り部屋です。


↑呼吸法する八木橋 これも自撮りです

写真の撮られ方を、体感しながら気づくことができるだけでなく、自分の体や心の動きの癖に気づくことで、写真を撮られる時だけでなく、日常のあなたの姿も、チューニングしていくきっかけになるはずです。

 


▼開催日時
2018年10月17日(水)
10:00〜11:00
11:30〜12:30
13:00〜14:00 ご予約済み

▼定員
各回1名
※お子様連れでも大丈夫です。

▼参加費
5,800円
※事前にお振込をお願いします。

▼場所
東急世田谷線沿線 八木橋自宅
※お申し込みいただいてから、ご案内いたします。

▼お申し込み
下記の申し込みフォームから、お申し込みください。
https://tsunagaruie.com/breathingpics

 

▼流れ

<<事前に・・・>>
お申し込みいただいたところから、始まっています。
メールやLINEであなたのことを教えてくください。
<<当日>>
・流れのご説明
・撮影のポイントを伝授
・メイクや衣装直し(ご自身でお願いします)
・撮影・データ確認を繰り返しながら、自撮り撮影
※白背景・バストアップの撮影がメインとなります
・八木橋撮影

▼撮影データのお渡し方法
以下のいずれかからお選び頂けます。
・オンラインアルバムにて、データ渡し
・USBメモリ、SDカードをお持ちいただければ、そのままのデータをお渡しします。

▼他にも・・・
・自撮りだけでなく、八木橋が数枚撮影させていただきます。
・必要に応じて、現像処理をしてデータでお渡しします。

 


初めての試みですが、自分に還れる経験を、お持ち帰りいただきたいと思い、全力でフォローしてまいります。

ぜひ、スタジオジドリのシンプルな世界を体感してみてください。

今朝は8時から「呼吸法の姿勢と意識を確認する会」を開催していました。

いいな〜、楽しかったなぁ。

 

今日も色んなお話ができて、お伝えしている私の中でも、点と点が繋がっていくのを感じます。

 

私は呼吸法をお伝えしています。
でも、呼吸法じゃなきゃいけないとは思っていません。
というか、呼吸法じゃなくてもいいと思っています。
どんな方法だったとしても、真剣にやれば本質は一緒だと気づくし、誰かにとってのフックが違うだけなんだと気づきます。

 

ヨガや瞑想、禅だけでなく、
食も音楽も絵画もスポーツも・・・。

本当に突き詰めている人同士だと、やり方が逆のことをしていても、共感出来るものが見つかるし、点と点が繋がっていくこともある。何かを続け、突き詰めているからこそ、頑なに「○○じゃないと意味がない」という鎧がポロポロと取れていくのかもしれません。

 

「呼吸法の姿勢と意識を確認する会」を終えリビングに戻ったら、夫が綺麗なたまごサンドを作ってくれていました。今日も美味しいね。

ちなみに・・・こんなことを書いておきながら、夫が私になにか相談するといつも「呼吸法やればいいじゃん」って言っては、ニヤッとされています。
次回は、9月14日(金)21:00〜22:30 に開催します♪

Translate »