コンテンツへスキップ

『そっとそっと その手の中に』筆もじと写真の表現展

 

フォトグラファー 八木橋スミコの写真に
筆もじスト 小林佳織のことばをのせた
表現展を開催します。

 

『そっとそっとその手の中に』展

日時:2018年7月5日(木)〜7月8日(日)

入場料:無料

場所:gallery kasutela
小田急線・京王線下北沢駅から徒歩約6分
東京都世田谷区北沢3-34-3

 

概要

八木橋スミコが撮るのは、日常の中にあるふとしたストーリー。

よくあるシーンのはずなのに、ぐっと心が動いた瞬間。
いつもと同じ景色なのに、なぜだか泣きそうになった瞬間。

そんな瞬(とき)を感じながら撮っています。

 

その写真に、小林佳織がインスピレーションで言葉を吹き込みます。

写真のストーリーを聞いて降りてきた言葉だったり、
写真に関する一切の情報を聞かず、舞い降りてきた言葉を
写真に書き落としています。

そうして出来上がった作品を、
堅苦しくなく、かつ、作品を手に取りながらご覧いただけるよう展示しております。

写真展などを見慣れていない方でも、もちろん、お子様にも
気負わず見ていただけるよう、会場を用意してお待ちしております。

私たち二人の紹介

 

小林佳織


photo by 町野健

ニックネーム:かおりん

お料理上手、3人のおかあちゃん
子供や教育のことを話し出すと止まらない、
元幼稚園教諭です。

とはいえ、the教育熱心なのではなく、
「子供が子供らしくのびのびと、かつ、自分らしく社会に順応していくためには?」
を考えていて、子供一人一人と完全に対等に接してくれています。

そんな温かいかおりんには、実は自己評価が低い別のかおりんも同居しています。

でもね、そんなことは私にとってはどうでもよくて、
写真を見て筆を持った瞬間に、
彼女の半径50cmの空気がシュッと音がして変わるんです。

考えて書いているというより、
降りてきたからかいている。

八木橋「まさかこの言葉とは〜!」
小林「え〜、だってこれ(写真や被写体)がそう言ってるように聞こえない?」

こんなやりとりをするたびに、
この人には、大人が感じるのをやめて閉ざしてしまったチャンネルが
ちゃんと開いてるんだなと思うのです。

だから、この社会では自己評価は低くなるのは
自然なことだし、高くなきゃいけないものではない
と気づかせてくれます。

 

私たちが彼女の言葉に「ハッ」とすることは
私たちの中のチャンネルを切り替えるきっかけになるのです。

 

text by 八木橋スミコ

 

八木橋スミコ


photo by 神取 知華子

 

 

 

 

寄付によるご協賛のお願い

ファウンディングアプリ polcaを使い
ご協賛いただける窓口も設けております。

polcaは、フレンドファウンディングアプリといい
スマートフォンからアクセス・決済ができる
ファウンディングシステムです。

ご協賛くださり、公開をご了承くださった方のお名前を
こちらに掲載させていただく予定です。

 

なお、polcaは2018年5月15日(月)に開始いたします。

どうぞ、ご支援のほどよろしくお願い致します。

 

小林佳織・八木橋スミコ

Translate »